8/5夕方まで【29ドル】KV331 Audio 『Synthmaster One』63%OFF 〔Synthmaster One iOS版 は840円〕

 

 

4月にメジャーアップデートしたばかりのKV331 Audioのシンセプラグイン『Synthmaster One』。兄版の名器『Synthmaster』と比べて分かりやすいUIで習得しやすいシンセです。

 

 

iOS版とPC/Mac版もセール対象で、2400円が840円と、65%OFFになっています。

 

 

 

一方、PC/Mac版は、 通常価格:79ドルが、29ドル( 63%OFF)とこちらも安い。はっきりとしないのですが、もしかしたら最安なのかな?

 

KV331製品既存ユーザーへの優待価格もあり:

兄版のシンセ『Synthmaster』の所有者さんは、9ドルで購入できます。

廉価版シンセのSynthMaster Playerの所有者さんは、19ドルで購入できます。

 

KV331の本家サイトはペイパル決済だと5ドルの手数料がかかると思います。(Pluginboutiqueは決済手数料はかかりません。)あと、Pluginboutiqueのみわずかにポイントがつきます。

 

 

Synthmaster One iOS

 

Synthmaster One iOSは、スタンドアローンのアプリとして、またはAUv3拡張としてiPadで利用可能です。

 

  

SynthMaster One for iOS | Hands-On with Computer Music magazine

 

 

SynthMaster ONE – Playing Beautiful Ambient Sounds – iPad Demo

 

 

Introduction to SynthMaster One iOS

 

 

 

SynthMaster One iOSは、KV331Audio社製の『SynthMaster One』ソフトウェアシンセサイザー(PC/Mac版)のモバイル版です。

 

SynthMaster One iOSは、次の点を除いてデスクトップ版と機能的に同じです。

  • 16ボイスポリフォニー(デスクトップ版は32)
  • 500のプリセットが付属しています(デスクトップ版は800)

SynthMaster One iOSは、iPad用のKV331オーディオ初の本格的なシンセアプリです。

 

直感的なワークフローを備えた強力なwavetableシンセです。

SynthMaster One iOSを使って新しいサウンドをデザインするのは、そのシンプルなレイアウト、豊富なウェーブテーブル/ウェーブフォームのコンテンツ、そしてインスピレーションを得たファクトリープリセットライブラリーによって実現できます。

 

特徴

* 500のファクトリープリセット:SynthMaster One iOSには、ワールドクラスのサウンドデザイナーチームによるインスピレーションを得たファクトリープリセットが付属しています。 (Selcuk Ergen、The Machine、Vandalism Sound、Vorpalsound、Xenosサウンドワークス)

 

* AUv3:SynthMaster One iOSはAudioUnits V3をサポートし、GarageBand、Cubasis、Beat MakerなどのDAWアプリケーションをサポートしながら複数のインスタンスを実行することができます。

GarageBand内で実行している場合は、パラメータの自動化とフルスクリーンもサポートされます。

 

* AirDrop:AirDrop、Mail、その他のiOSアプリケーションでプリセットを簡単に共有できます。 SynthMaster One iOSプリセットはデスクトップ版と互換性があります。

 

 

* セミモジュラーアーキテクチャ:

各SynthMaster Oneインスタンスに対して、2つのサブオシレーターを持つ2つのオシレーター、2つのフィルター、4つのADSRエンベロープ、3つのLFO、強力な16ステップアルペジエーター/シーケンサー、そして6つにインサート可能な11の異なるエフェクトFXインサートスロットサブオシレータは5つの異なるモードでオシレータに接続できます。

また、通常のサブオシレータとして使用したり、リングモジュレーション、アンプリチュード(振幅)モジュレーション、フェーズモジュレーション、フリークエンシー(周波数)モジュレーションなどの複雑なモジュレーションを行うことができます。

 

   

* 16 Step Arpeggiator / Sequencer:

SynthMaster Oneのアルペジエーターは、Up、Down、UpDown、DownUp、UpDown2、DownUp2、AsPlayed、Sequence、Chord、Arpeggiateなどの古典的なアルペジエーターモードを備えています。

アルペジエーターの16ステップのそれぞれに、独自のベロシティ、ノートナンバー、ノートレングス、スライド、ホールドの各パラメーターがあります。

 

 

* Wavetable Synthesis:

SynthMaster Oneは、サウンドデザインの新たな可能性を切り開く真のWavetableシンセシスを実装しています。

SynthMaster Oneには豊富なwavetableライブラリが付属しており、Files Appを使ってwavetableファイルをドラッグアンドドロップすることでそれを拡張できます(iOS 11以降が必要です)。

 

 

* 最大16ボイスのユニゾンのステレオオシレータ:

SynthMaster Oneの2つのオシレータのそれぞれはステレオ出力を持ち、最大16ボイスの “ユニゾン”を持つことができます。

「voices」、「voices mix」、「detune curve」、「detune spread」、「pan stread」、「tone spread」および「phase spread」パラメータを使用して、各オシレータは豊かな「スーパーソー」タイプのサウンドを生成できます。

 

 

* ゼロレイテンシー・フィードバックフィルタ:

SynthMaster Oneの4つのフィルタカテゴリはすべてゼロレイテンシー・フィードバックフィルタ技術を使用して開発されています。

入力ゲイン、ドライブ、アシッド、フィルターの非線形性、最大4倍のオーバーサンプリングなどの高度なフィルターパラメーターを使用すると、フィルターからその「アナログ」サウンドを得ることができます。

 

 

* 豊富なエフェクトのセット:

SynthMaster Oneは11種類の効果タイプを備えています:ディストーション、LoFi、アンサンブル、フェイザー、6バンドEQ、コンプレッサー、ボコーダー、ディレイ、コーラス、トレモロ、リバーブ。

 

 

* Microtuning:

SynthMaster OneはScalaのチューニングをサポートしているので、チューニングはプリセットごとに設定することも、Scalaのチューニングファイルから読み込むことでグローバルに設定することもできます。

 

 

*プリセットブラウザ:

SynthMaster Oneは、楽器の種類、プリセット属性、音楽スタイル、プリセット作者などの検索基準を個別に備えた包括的なプリセットブラウザを備えています。

 

サポート

  • すべての64ビットiPadデバイス
  •  AUv3オーディオユニット拡張
  • チャンネル別ノートMIDIコントローラー(MPE)
  •  Abletonリンク
  •  Interapp AudioとAudioBus
  • *Bluetooth LE MIDIコントローラ
  • *AirDrop、Mail、その他のiOSアプリケーションでプリセットを共有

 

 

 

 

 

 

Synthmaster One PC/Mac版

 

 
Synthmaster Oneは、多彩な機能で幅広い用途をカバーする兄機のSynthmasterを、よりシンプルに使いやすくをモットーに開発されたシンセです。出音は結構違います。
 
2オシレーターで、殆どの操作が一画面で完結しているので扱いやすい作りになっています。兄機のSynthmasterほど複雑なことをするのには向きませんが(兄機の多機能ゆえの)複雑さを捨ててシンプルに徹した別物の良シンセです。
   
KV331 SynthMaster One – First Look

 

 

SynthMaster One」は最近V1.2にメジャーアップデートされたばかり(新しいスキンとサウンドプリセット、ワークフローの改善など)。

今回のアップデートでは、SynthMaster Oneに次の新機能が追加されています。

 

  • ワークフローの改善(スキンのサイズ変更):プラグインウィンドウの右下端にあるサイズ変更アイコンをクリックして上下にドラッグするだけで、スキンのサイズを変更できるようになりました。
  • 新しいスキン:iPadとiPad Pro用のスキンが、デスクトップ版のSynthmaster Oneでも利用可能になりました。サイズは80%から200%まで可変可能。
  • ブルースキンの更新:Satyatunesによるデフォルトのブルースキンも更新され、80%から200%までのさまざまなサイズに可変可能に。
  • 新しいファクトリープリセット:新バージョンの「SynthMaster One V1.2」では、Mirko Rutaが製作した200種類のの新しいファクトリープリセット「Electronisounds、Fragment Audio / Venus Theory」が新たに収録されています。

 

        

新しいファクトリープリセット「Electronisounds、Fragment Audio / Venus Theory」

 

 

  

Synthmaster One PC/Mac版のページ

コメント