Soundtoys『Little AlterBoy』定番&簡単ピッチシフター(ケロケロボイス/ロボット・ボイス/ボコーダー用FX)

人気のボーカル処理ツール『Little AlterBoy』が2日間のみの超短期施策で 70%OFFの超特価セールになっています。

*セールは2021年7月9日(金)18時頃までの予定です。

スポンサーリンク

Little AlterBoy Vocal Processor:ケロケロボイスやロボット・ボイス/ボコーダー用FX(ピッチシフター)

Little Alterboyは、ケロケロボイスやロボット・ボイス/ボコーダー効果をこれまでにないほど簡単にクリエイトすることのできるピッチシフト・プラグインです。

ざっと見見動画(2分):

Modern Vocal Effects: Formant Shifting with Little AlterBoy

Little AlterBoyの要点

  • Little AlterBoyは、ボーカルを変身させることができる簡単操作のプラグインです。


  • ボーカルのピッチとフォルマント(性別)をリアルタイムに変化させることが可能です。


  • ミックスコントロールを使ってボーカルのハーモニーを瞬時に作成します。


  • ボーカルのピッチをロックして、ロボットエフェクトをかけることができます。


  • MIDIコントロールでボコーダーのような効果を出すことができます。


  • ヒップホップやポップスのヒット曲に見られるような「ハードチューン」効果を得ることができます。

デモ&解説動画

【日本語】Daw Lessonさまによる解説動画(6分43秒):

Soundtoys / Little AlterBoy 基本の使い方とレビュー

SoundtoysのLittle Alterboyを使って、ボーカルを加工する方法:

Amazing Vocal Processing Tool – Little AlterBoy by SoundToys

このプラグインは最高のピッチシフティング・プラグインだと思います。

もしあなたが素晴らしいボーカル・プロセッシング・ツールを探しているなら、SoundtoysのLittle AlterBoyをチェックすることを強くお勧めします。

使い方動画(5分):

https://youtu.be/6RVnprLs9YI?t=76

ミックスのヒント:ギターでSoundtoys Little Alter Boyを使用する2つの方法(4分):

https://youtu.be/OYTcd0lOyEg?t=17

Little Alter Boyでボーカルシンセを作る方法(28分):

Making a Vocal Synth Using Little Alter Boy | Walkthrough

Soundtoysの「Little AlterBoy」プラグインを使ったボーカルシンセの作り方。

私は、Bon Iver、James Blake、Kanye West、BANKSなどのボーカル制作スタイルをいつも追いかけています。

上記の動画の方法で、かなり近づけることができました。

Little AlterBoyのインスタンスを4つ使い、Abletonのオーディオ・エフェクト・ラックを最大限に活用すれば、他のプラグインや方法ではまだ実現できない、リッチでフルなボーカル・シンセサウンドを作ることができます。

Little AlterBoyの詳細

Little AlterBoyは、Soundtoysが開発した、ドラマチックな声の変換ツールです。

1つのシンプルなプラグインで、さまざまなボーカル変換が可能です。

声のピッチを変えたり、フォルマント・シフトで歌手の性別を変えたり。

単一のピッチにロックして、ロボットのようなサウンドにすることもできます。

ボーカルのメロディをMIDIでコントロールして、ボコーダーのようなクリエイティブなエフェクトをかけることもできます。

Little AlterBoyの主な機能

この小さな巨人には、以下の4つの機能があります。

  • ボーカルのフォルマントとピッチシフト

  • ハードチューンFX

  • ロボット/ボコーダーモード

  • チューブドライブ

評価の高いピッチ・クオンタイズされたハード・チューン・エフェクト

Little AlterBoyには、評価の高いピッチ・クオンタイズされたハード・チューン・エフェクトが搭載されています。

そして更に、ボーカルに温かみとエッジを加えてくれる「Decapitator」のクラシックなチューブ・サチュレーション・モデルも含まれています。

作ったものをコントロールする

完璧なボーカル・エフェクト・シグネチャーができあがったら、DAWでMIDIを使ってピッチをコントロールし、ドラマチックなボコーダーやハーモニー・エフェクトを作ることができます。

これは、新しい方向性を見出し、新しいアイデアを推進するための非常に強力な方法です。その方法を以下のデモ動画でご覧ください。

デモ動画(1分43秒):

Little AlterBoy: MIDI Control (hidden feature)

リメイクの歴史

Soundtoys社のルーツはピッチ・シフトにあります。

当社の創業者は、史上最も象徴的なピッチ・シフターのひとつである「Eventide H3000」を開発したチームの一員でした。

彼らはその後、Wave Mechanics社(後にSoundtoys社となる)を設立し、初のリアルタイム・ピッチ&フォルマント・シフターを開発しました。

それが「PurePitch TDM」です。

ProToolsのTDM時代には、SoundToys社は、評判の高いPitchDoctorやSoundBlenderなど、高品質なピッチベースのエフェクトも製造していました。

Little AlterBoyでは、これらの知識をすべて抽出して、強力な小さなボーカル・ツールを作りました。

私たちは、今最も人気のあるボーカル・エフェクトを幅広く提供すると同時に、自分のシグネチャー・サウンドを自由に作れるようにしたいと考えました。

システム要件

プラグインの形式(64ビットのみ)

  • AAX Native
  • AAX AudioSuite
  • VST
  • Audio Units (AU)

対応するサンプルレート

  • 最小:44.1kHz
  • 最大:192kHz 192 kHz

最小要件

  • Mac OS X 10.10~macOS 11 Big Sur(Intelのみ、Apple Silicon M1への正式対応は進行中
  • Windows 7 / 8 / 10

  • アクティベーション時にインターネット接続が必要です
  • ilok.comの無料アカウントが必要です(物理的なUSB iLokは必要ありません)。

公式サポートのホストアプリケーション

バージョン5のSoundtoys製品は、すべて64ビットのVST、AU、AAXのNativeプラグイン形式に対応しています。現在サポートしているすべてのDAW(デジタルオーディオワークステーション)のリストは以下の通りです。

  • Pro Tools 11 – 2019.12 (Mac & PC: AAX Native and AudioSuite)
  • Logic Pro X – 10.6* (Mac: AudioUnits)
  • GarageBand 10 (Mac: AudioUnits)
  • Ableton Live 9.2.2 – 10.1 (Mac: AudioUnits & VST, Windows: VST)
  • Digital Performer 9 – 10 (Mac: AudioUnits & VST; Windows: VST)
  • Studio One 4.5+ (Mac: AudioUnits & VST; Windows: VST)
  • Cubase 9.5 – 10.5 (Mac & PC: VST)
  • Nuendo 8 – 10 (Mac & PC: VST)

重要な注意事項

Soundtoysのソフトウェアの購入版を登録・使用するには、ilok.comの無料アカウントが必要です。
このソフトウェアは64ビット専用で、32ビットシステムとは互換性がありません。

セール情報

通常価格:99ドル

セール特価:29ドル!(70%OFF)久々の最安タイ

*上記の製品を購入時に、iZotopeのリバーブ製品(99ドル)が無料でプレゼントされます(7月いっぱい有効):

*主なセール価格の推移:

  • 2021年5月:99ドル → 49ドル
  • 2021年1月:99ドル → 39ドル(ニューイヤーセール)
  • 2020年11月:99ドル → 39ドル(ブラックフライデーセール)
  • 2020年4月:129ドル→ 49ドル(春のセール)
  • 2019年6月:129ドル→ 29ドル