Soundtoys『Radiator』ヴィンテージアナログのマジカルな味わいを作り出す優れたサチュレーター

Soundtoysのスプリングセールが開催されています。優れたサチュレーション『Radiator』の最安価格も復活しています。

77%OFF(129ドル → 29ドル)です!

Radiatorは、サウンドに自然で心地よい暖かさを簡単に追加することができます。数あるサチュレーターの中でも非常に優れた、味のあるプラグインです。

スポンサーリンク

Soundtoys『Radiator』

【日本語】Daw Lesson様による解説動画(8分):

UDi Audioさまによるレビュー動画(3分50秒・日本語字幕可能):

Radiatorの概要

ミックスのためのチューブの暖かさ

Radiatorは、ベースやドラムを野獣のように変化させる特別なツールです。

1960年代のクラシックな「Altec 1567A チューブミキサー」をベースにしています。

デュアルドライブチューブ入力チャンネルとEQを搭載しヴィンテージのヴァイヴ、ドライブ、そして「1567a チューブミキサー」が持つの魔法のようなトーンを再現します。

オリジナルのAltec 1567Aハードウェアは、ラックマウントの5入力チューブミキサーです。取り外し可能なトランス、シンプルな2ノブEQ、紛れもない緑色のフェイスプレート、97 dBのゲインを備えていました。

そのサウンドは、今日の基準でも、カラフルで歯ごたえがあり、古き良き時代のハードウェアノイズをたっぷりと含んでいます。

当時、多くの初期のMotownヒット曲に使用され、アメリカ中の数え切れないほどの教会や学校の講堂のPAラックに使用されていました。

オリジナルのAltec 1567A(プリアンプ)ハードウェア:

歴史の一端

緑の顔をした紛れもないアルテックのギア、特に1566Aと1567Aは、1961年から1964年にかけてのモータウンの初期の “サウンド “を形成する上で大きな役割を果たしました。

フォー・トップス、マーブレット、スプリームスなどの偉大なアーティストの曲は、1567Aミキサーから巨大な3トラック・レコーダーへと運ばれ音楽が作られていったのです。(ああ、それは、今よりもずっと人生がシンプルだった時代です。。)

これらのマイクプリアンプとミキサーは、非常に色のついた暖かみのあるサウンドで、非常に大きな音を出します。

EQ は、低音用と高音用のノブが 1 つずつというシンプルなものです。

Motown時代の後(そして多くの機材が行き交うようになった後)、アナログ好きの頑固者たちは、本物の真空管サウンドを安価に入手できるソースとして1566Aと1567Aを探し始めました。

Motown Recordsのチーフエンジニア、Russ Terranaは1567Aを多用し、独特のMotownサウンドの一部となりました。プロデューサーのマット・ウォレスは大ファンでした。ブッチ・ヴィグやビリー・ブッシュもファンです。

Soundtoys Radiator

Radiatorは、デスクトップ・レコーディング・リグにクラシックなアルテック・チューブ・サウンドをもたらし、オリジナル・ハードウェアの特徴的な暖かさとパンチを再現しています。

それは、オリジナル・ユニットのモデル化された低音と高音のトーン・コントロール、パラレル・プロセッシングを容易にするミックス・コントロール、オリジナル・ハードウェアの入出力アンプのサチュレーションとハーモニック・エフェクトを特徴としています。

これらの異なる回路要素はすべて相互作用し、わずか数個のシンプルなノブで幅広いトーンを作り出すことができます。さらに、オリジナルのノイズをオンにするかオフにするかを決めることができます。

ここ数年、Altecミキサーは、コンピュータベースのデジタルレコーディングにアナログの色と個性をもたらす安価な方法として、レコーディングスタジオに採用されてきました。

初期のMaroon 5のMatt Wallaceのようなプロデューサーが初期のヒット曲に1567Aを使用していたことや、Black Keysのようなバンド(Altec 1567Aでカスタムコンソールを製作していた)は、これらのファンキーで小さなカラーボックスの需要と価格を急上昇させました。

コンピュータ・レコーディストの皆様は、難解なアナログ・ギアとの接続の煩わしさがなく、低価格で、すべての入力チャンネルでAltecチューブ・サウンドを得ることができます。

Little Radiatorも付属しています

Radiatorには、Altec 1567Aの弟分であるAltec 1566Aハードウェアをベースにしたシンプルなシングルステージ真空管プリアンプモデル、Little Radiatorも含まれています。

特徴

  • EQを搭載したアナログモデルのチューブミキサー

  • 独立した入力と出力の増幅ステージは、それぞれ独自の特性を追加します。

  • Motown時代のクラシックサウンドをあなたのDAWへ

  • Mic/Lineスイッチで2種類のトランスを搭載し、異なるサウンドを実現

デモ動画

開発元のSoundtoys社による紹介動画(9分・日本語字幕可能):

RadiatorとLittle Radiatorの解説(7分・日本語字幕可能):

レビュー動画(10分・日本語字幕可能):

レビュー記事リンク

soundonsoundさんのよるレビュー記事リンク:

https://www.soundonsound.com/reviews/sound-toys-radiator

長所:

  • ほとんどすべてのソースで「スイートスポット」が広く、使い勝手が良い。
  • 繊細なものから明らかなものまで、様々なエフェクトを提供しています。

欠点:

  • 64ビット版やAAXのサポートはまだありません。(*1)
  • CPU負荷が高い。

(*1)管理人メモ:すでに64ビット版とAAXはサポートされています。

システム要件

プラグイン形式(64ビットのみ)

AAX Native、AAX AudioSuite、VST、Audio Units (AU)

サポートされているサンプルレート

最小:44.1kHz 44.1 kHz、最大 192 kHz

最小要件

オペレーティングシステム Mac OS X 10.8以降、Windows 7以降
アクティベーション時にインターネット接続が必要です。
ilok.comの無料アカウントが必要です(物理的なUSB iLokは必要ありません)。

公式にサポートされているホストアプリケーション

すべてのバージョン5のSoundtoys製品は、64ビットのVST、AU、AAXネイティブプラグインフォーマットを搭載しています。現在サポートしているDAW(デジタルオーディオワークステーション)の一覧です。

  • Pro Tools 10.3.5~2018(Mac&PC:AAX NativeとAudioSuite
  • Logic Pro 9 & X (Mac: AudioUnits)
  • Ableton Live 9.2.2.2 – 10.1 (Mac: AudioUnits & VST、Windows: VST)
  • Digital Performer 8 – 10 (Mac: AudioUnits & VST、Windows: VST)
  • Studio One 4.5 (Mac: AudioUnits & VST、Windows: VST)
  • Cubase 7 – 10 (Mac & PC: VST)
  • Nuendo 6 – 10 (Mac & PC: VST)

注意事項

Soundtoysソフトウェアの購入版を登録して使用するには、ilok.comの無料アカウントが必要です。
このソフトウェアは64ビットのみで、32ビットシステムには対応していません。

セール情報

通常価格:129ドル

セール特価:29ドル(77%OFF)

主なセール価格の推移:

  • 2021年1月:129ドル → 39ドル(ニューイヤーセール)
  • 2020年11月:129ドル→ 39ドル(ブラックフライデーセール)
  • 2020年4月:129ドル→ 29ドル(春のセール)

関連記事: