Loopcloud:年間費用が半額になるクーポンを配布中

よろしければシェアお願いします

    

   

英国のサンプルライブラリ販売大手のLoopmastersが開発運営しているサービス『Loopcloud』。

先月アップデートされてバージョン5になり、大きくユーザビリティーが向上しています。

Getting Started – Loopcloud 5 Tutorial

  

世界中の音楽制作者の環境を根底からひっくり返す底力を感じさせるソフトウェア&サービスです。

   

参考記事:

【フリーでも使える】究極のチート系ソフト『Loopcloud 5.0』リリース

Loopmasters社が開発している音楽制作補助ソフトウェア『Loopcloud』。 『Loop...

(無料のバージョンも用意されていて、そちらも結構使えますよ。)

  

   

一方、本気の音楽制作者に向けた有料版もあります。

こちらは月会員と年会員があります。(年会員の方がもちろん月の料金は安くなります。)

 

現在、有料版も『30日間の無料トライアル』をやっているので、とりあえずタダで試してみることができます。

有料会員は以下の独占的なサービスにアクセスできます。

  • 350万種類のサンプル
  • 8トラックのエディター機能
  • エフェクト機能
  • クラウドストレージサービス(これがかなり使える
  • 2つのVST
  • レーベルとアーティストからの独占コンテンツ
  • 毎月サウンドで使用する300の無料ポイント(300サンプル)

    

  

そして現在、その有料会員プランが、一年間半額になるクーポンが配布されています。

年間サブスクリプション:50%OFF

  

無料トライアルが終了後、最初の1年の料金が半額になるクーポンです。

一年経って、いらなくなれば解約すればOK。

お住まいの地域と『有料会員のコース』によって個々にクーポンが発行されています。

精算時に、以下のリストから、自分のコースと居住地に合致するクーポンを使用してください。

 

ちなみに、LoopCloudには、一番安いエントリー版の『Artistバージョン』と通常版の『Studioバージョン』、プロフェッショナルに完全対応の『Professionalバージョン』があります。

    

Loopcloudの各プラン(有料版と無料版があります)

*詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

クリック拡大した画像が別タブで開きます(詳細)。

 

新しいLoopcloudには、無料版と有料版が存在します。

 

Loopcloudの4つのプラン

(全て一ヶ月の料金)

  • Free(0ドル)
  • Artist(7.99ドル)
  • Studio(11.99ドル)
  • Professional(21.99ドル)

 

(ちなみに、私はStudio版を契約しています。)

金額的にややお得になるのは、十ヶ月分をまとめて支払うとことで十二ヶ月分になるプラン(Annual plan)ですが、まずは、一ヶ月使ってみてから考える方が安全かと思います。

  

  

現在配布されている『一年間 半額になるクーポン』は、  通常版の『Studioバージョン』、プロフェッショナルに完全対応の『Professionalバージョン』の2つのバージョンで有効です。

 

『Studio バージョン』を半額にするクーポン

日本居住者:LC50JPY 

英国居住者:LC50GBP

欧州居住者:LC50EURO

その他の地域:LC50USD

『Professional バージョン』を半額にするクーポン

日本居住者:LCPRO50JPY

英国居住者:LCPRO50GBP

欧州居住者:LCPRO50EURO

その他の地域:LCPRO50USD

   

  

LoopCloudに関する詳細については、以下の記事を参考にしてください。

Loopmasters社が開発している音楽制作補助ソフトウェア『Loopcloud』。 『Loop...

  

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. keyman2 より:

    半額だというのでProをポチりました。狙いは一日50の無料サンプルです。あと毎月加算されるポイント。ちょっと様子を見てみます、一年間。気に入ったら延長もありです。取りあえず8トラックのアプリ上でのマルチがとても気に入りました。あとはプラグインインストルメントも、結構使える感じがします。Loopcloudは自分の音楽制作に大きな影響を与えたもので元は無料だったので、ここらで感謝の気持ちも表そうというのもありますね。