【7ドルセール】Make Me Scream(4つディストーションと4つの音色モードを備えた2ステージ・サチュレーション)

W.A Productionの新製品は玉石混交な感じなのでスルーすることが多いのですが、このMake Me Screamは評判が良いようなので製品情報をメモしておきます。

現在セールもやっていますので。。(49ドル → 7ドル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Make Me Scream

紹介動画(9分30秒):

Make Me Scream – Two Stage Distortion / Saturation Plugin (VST / AU / AAX)

2段のサチュレーション「Make Me Scream」

ディストーションやサチュレーションには多くのオプションがありますが、本当にスラムの効いたエフェクトが必要な場合、どこに頼ればいいのでしょうか?

W.A. Productionは、「Make Me Scream」でサチュレーションを解決します。

Make Me Screamは、4つの異なるディストーションタイプと4つのオルタネート音色モードを備えた2ステージのエフェクトを搭載したクレイジーなサウンドのプラグインです。

あなたのオーディオの音楽性は、あなたのトラックのトランジェントに合わせてディストーションエンベロープをシェイプするスマートなシグナルフォロワーによって維持されます。

ディストーションの効果を最大限に引き出すためには、最初に少し飽和した信号をモジュールに供給するのが良いでしょう。

この2ステージ・エフェクトにより、通常のディストーションよりもはるかにドラマチックなサウンドが得られます。

もちろん、W.A. Productionには、プリセットも豊富に用意されています。

ボーカル、ドラム、ベース、フルミックス、ギターアンプのシミュレーションなどの設定が含まれています。あなたの好みに合わせてオーディオを微調整するためのジャンプオフポイントとして使用してください。

Make Me Screamの各機能

4種類のディストーション

Make Me Screamは、様々なタイプのディストーションを搭載しており、微妙なサチュレーションやエキサイトメントからドアを叩くようなディストーションまで、様々なタスクをこなすことができます。

4つのモードは、アナログ管サチュレーション、ソフトクリッピングサチュレーション、レギュラーディストーション、フォールドサイナスディストーションです。

これら4種類の処理はそれぞれ異なる個性を生み出し、現在どのモードを使用しているかは、便利なインターフェース・グラフィックスで簡単に確認することができます。

4つのティンブレ・モード

どのディストーションタイプとモードを使用するかによって、オーディオは様々な方法で歪んで聞こえます。

4つのモードボタンでは、それぞれが信号の周波数にそれぞれの方法で影響を与える様々なスタイルの処理にアクセスすることができます。

これらのモードは、Fuzz、Wall、Cliff、Make Me Scream(もちろん)と名付けられています。

Fuzzはバランスのとれたモードで、Wallは低音に集中したミュートなトーンを作り、Cliffは中域の周波数を強調し、Make Me Screamは高音域を引き出すモードです。

プリアンプチューブ&ブースト

シグナルがディストーションモジュールに入る前に、プリアンプチューブのスライダーでアナログチューブのサチュレーションを追加することができます。

その後、ブーストダイヤルを使って、信号のレベルを慎重に、あるいは無謀にもディストーションユニットに送り込みます。これにより、入力される信号のゲインが最大+40db増加します。

フィルタリング、エンファシス、エンベロープフォロワー

スマートなフィルター・コントロールにより、バニラのディストーション・プラグインよりもはるかに音楽的にディストーションをシェイプすることができます。

フィルターをハイ、ロー、バンドパスモードに設定し、フィルターカットオフをお好みに合わせて設定します。

例えば、トラック全体の最高音域だけを強調したい場合や、唸るようなベースラインのために最低音域だけを強調したい場合などが考えられます。

Emphasis ダイヤルは、周波数ブーストのレベルを設定し、選択したカットオフ周波数付近でより顕著な効果を得ることができます。

Envelope Followerダイヤルは、信号のトランジェントにプラグインが反応し、リズム感と音楽的なオートワウのような感覚を生み出します。

オーバーサンプリング、出力とレシオ

内部オーバーサンプリングの量をデフォルトの x1 から x16 まで設定することで、十分な CPU パワーを持つユーザーが処理されたオーディオの不要な「non harmonic」(非高調波)のアーチファクトを制限することができます。

Output スライダを使用して、ディストーションユニットによるゲインのブーストやリダクションを補正することで、A/Bing時に非常に正確な比較が可能になります。

ドライ/ウェットの比率コントロールを使用して、必要なだけ(または少ない)ディストーションをダイヤルで調整します。

トップエンドの微妙な輝きを出したい場合は保守的な比率を使用し、低音のビンを破壊したい場合はダイヤルをさらに押してください。

ビジュアル・フィードバック

インターフェースの右上にあるライブビジュアルメーターは、リアルタイムで処理されている信号に何が起こっているかを正確に表示します。

これにより、パラメータを変更するたびに正確なモニタリングが可能になります。

メーターの上部と下部にある境界線は、出力信号が0dbを超えたときに表示されるので、Make Me Screamの特徴的なディストーションと、プラグインが限界を超えて駆動されているときのデジタル・ピーキングの違いを簡単に見分けることができます。

プリセット

多くのプリセットが含まれているので、ディストーションとサチュレーションの世界への旅の出発点として最適なものを簡単に見つけることができます。

特定の楽器、ジャンル、エフェクトに合わせて調整されたファクトリーオプションは、多くのタイプのオーディオで使用することができます。

プリセットには、微妙なサチュレーションから、完全に絞られて潰されたような処理まで、あらゆるものが含まれています。

特徴

  • 2ステージのスクリーミング・ディストーション&サチュレーション

  • 4種類のディストーション&4つの音色モード

  • 追加のチューブプリアンプモジュール

  • ミュージカルサウンドのトランジェントフォロワー

  • 周波数フィルタリング

  • 視覚的なフィードバック

  • レスポンシブ&CPUフレンドリー

  • ファクトリー・プリセット

  • フルPDFマニュアル&チュートリアルビデオ

システム要件

  • Windows 7以上(64ビット)VST
  • Mac OSX 10.7以上(64ビット)VST & AU
  • 注:このプラグインのAAXフォーマットには、ProTools 11以上が必要です。

セール情報

通常価格:49ドル

セール特価:7ドル(85%OFF)