MeldaProduction アップデートでV13.4に

 

MeldaProductionの全製品のバージョンアップデートが実施されています。今回のアップデートでV13.04になりました。

様々な改良が入っていますが、特に、MPowerSynth、MDrummerなどが集中的に改良されています。

 

また、無料で使用可能なプラグイン『MTuner』も改善されています。

【無料】新しくなったMelda Production『MTuner』(便利なポリフォニックチューナープラグイン)
  MTunerは、主にギターやその他の楽器のチューニング用に設計された強力な周波数アナライザーです。 クラシックモノフォニックチューナーと、ギターとベースのチューニングを非常に高速化する高...

 

 

*MeladaProductionの製品が全てライフタイムフリーアップデートです(アップデート永久無料)。

 

 

スポンサーリンク

V13.04の変更点

 

MPowerSynth(シンセ)

 

Most powerfull synth: Mpowersynth

 

 

  • 可変数の入力を備えたRatioの拡張であるRatioMultiモジュールを追加しました。
  • AutoLevelモジュールを追加しました。これは、入力レベルを最大から自動的に下げて、要求されたレベルに一致させます。
  • Orderサブモジュールに計測パラメーターが追加されました。
  • OrderモジュールGUIの改善。
  • モジュラー名が変更されたアイテムの新しい名前は、モジュラーエディター内に表示されるようになりました。
  • 「パーセント付きのバンク名による」マルチパラメータ値モードが追加されました。
  • ノブの視覚的品質の改善
  • ModularExは32個のマルチパラメーターを提供するようになりました。
  • すべてのマルチパラメータをリセットするアクションの確認を追加しました。
  • マルチパラメーターの並べ替えで、MIDIコントローラーが適切に再関連付けされるようになりました。
  • Flangerから最適化を削除しました。(Depthを0%から他の値に変更するときにクリックが発生していたため。)
  • パラメーターの選択(mod、mpなど)が改善され、ルートアイテムには常に最後にモジュレーターやMIDIなどのグローバルサブシステムが含まれるようになりました。
  • アナライザーは、入力とサイドチェーンおよび出力とサイドチェーンのオプションも提供するようになりました(該当する場合)。
  • 修正:TurboReverbは、モジュレーションを伴う極端な場合にサウンドの生成を停止することがありました。
  • 修正:ダイレクトモードでのTurboReverb ERモジュレーションにより、ジッパーノイズが発生しました。
  • 修正:特定の状況下でボリュームを変更すると、ChannelVolumeモジュールがアーティファクトを生成していました。
  • 修正:FollowerFilterモジュールは、サイドチェーンが有効になっているときにGUIを更新しませんでした。
  • 修正:キャビネットストレージが誤動作し、プロファイルにディップが発生する可能性がありました。
  • 修正:ChannelMatrixは、理由がなくてもGUIのサイズを変更していました。
  • 修正:DAWによってサンプリングレートが複数回変更された場合、FreeformEqualizerは一部のホストで正しく機能しませんでした。
  • 修正:ConvolutionBankは、0dBFSを超えるレベルのIRを好まなかった。
  • 修正:まれな状況で、AUプラグインがクラッシュすることがありました。
  • 修正:ノブはわずかに不正確にレンダリングされていました。

 

Sound Sequencing and morphing using MPowersynth

 

 

 

 

 

MSoundFactory(シンセ)

 

Melda MSoundFactory: A Beginner's Perspective

 

 

  • 可変数の入力を備えたRatioの拡張であるRatioMultiモジュールを追加しました。
  • AutoLevelモジュールを追加しました。これは、入力レベルを最大から自動的に下げて、要求されたレベルに一致させます。
  • Orderサブモジュールに計測パラメーターが追加されました。
  • 改善されたOrderモジュールGUI。
  • 「パーセント付きのバンク名による」マルチパラメータ値モードが追加されました。
  • 多くのファクトリーウェーブテーブルを追加しました。
  • ウェーブテーブルのWaveTableプリセットを変更すると、それに応じてウェーブの数が変更されるようになりました。
  • モジュラー名が変更されたアイテムの新しい名前は、モジュラーエディター内に表示されるようになりました。
  • ノブの視覚的品質の改善
  • FreeformEqualizer解析と自動イコライザーをマルチパラメーターに接続できるようになりました。
  • ModularExは32個のマルチパラメーターを提供するようになりました。
  • すべてのマルチパラメータをリセットするアクションの確認を追加しました。
  • マルチパラメーターの並べ替えで、MIDIコントローラーが適切に再関連付けされるようになりました。
  • 深さを0%から他の値に変更するときにクリックが発生するFlangerの最適化を削除しました。
  • 改善されたMFreeformEqualizer自動EQカーブは、レベル差を最小化します。
  • OrderMPエディターでは、色を指定できます。
  • アナライザーは、入力とサイドチェーンおよび出力とサイドチェーンのオプションも提供するようになりました(該当する場合)。
  • パラメーターの選択(mod、mpなど)が改善され、ルートアイテムには常に最後にモジュレーターやMIDIなどのグローバルサブシステムが含まれるようになりました。
  • 修正:TurboReverbは、モジュレーションを伴う極端な場合にサウンドの生成を停止することがありました。
  • 修正:ダイレクトモードでのTurboReverb ERモジュレーションにより、ジッパーノイズが発生しました。
  • 修正:特定の状況下でボリュームを変更すると、ChannelVolumeモジュールがアーティファクトを生成していました。
  • 修正:FollowerFilterモジュールは、サイドチェーンが有効になっているときにGUIを更新しませんでした。
  • 修正:Timeが2xに設定されていると、エンベロープモジュレーションソースが機能しませんでした。
  • 修正:キャビネットストレージが誤動作し、プロファイルにディップが生じる可能性がありました。
  • 修正:最後のマルチパラメーターが使用された場合、空のマルチパラメーターの挿入が失敗した可能性があります。
  • 修正:ChannelMatrixは、理由がなくてもGUIのサイズを変更していました。
  • 修正:DAWによってサンプリングレートが複数回変更された場合、FreeformEqualizerは一部のホストで正しく機能しませんでした。
  • 修正:モジュールの追加時にGeneratorの順序がクラッシュする可能性がありました。
  • 修正:デバイスをエクスポートすると、次のエクスポート用に新しい名前が保持されず、誤って上書きされる可能性がありました。
  • 修正:変更またはプリセットの切り替え後、マップが正しく更新されませんでした。
  • 修正:ConvolutionBankは、0dBFSを超えるレベルのIRを好まなかった。
  • 修正:まれな状況で、AUプラグインがクラッシュすることがありました。
  • 修正:簡単な画面のOrderエディターは、上記の不要なスペースを作成していました。
  • 修正:ノブはわずかに不正確にレンダリングされていました。

 

Physical Modeling in MSoundfactory Pt 1

  

 

Sound Sequencing and morphing using MPowersynth

  

 

  

 

 

MDrummer(総合ドラムツール)

 

MDrummer #1 – Introduction

 

 

  • ノブの視覚的品質の改善。
  • Flangerから最適化を削除しました。(Depthを0%から他の値に変更するときにクリックが発生していたため。)
  • 修正:TurboReverbは、モジュレーションを伴う極端な場合にサウンドの生成を停止することがありました。
  • 修正:ダイレクトモードでのTurboReverb ERモジュレーションにより、ジッパーノイズが発生しました。
  • 修正:マスターエフェクトの読み込みがフリーズした可能性があります。
  • 修正:まれな状況で、AUプラグインがクラッシュすることがありました。
  • 修正:ノブはわずかに不正確にレンダリングされていました。

 

MDrummer basic walk through – part 1

 

 

 

 

  

 

 

MTotalFXBundle

(MeldaProduction社製 FX系プラグイン全部入りバンドル。)

 

  • MTunerには、強力なポリフォニックチューナーが搭載。
  • モジュール名が変更されたアイテムの新しい名前が、MXXXのモジュールエディター内に表示されるようになりました。
  • MXXXにRatioMultiモジュールを追加しました。これは、可変数の入力を持つRatioの拡張です。
  • MXXXにAutoLevelモジュールが追加されました。これは、入力レベルを最大から自動的に下げて、要求されたレベルに一致させます。
  • MXXXのOrderサブモジュールに計測パラメーターを追加しました。
  • MXXXのOrderモジュールGUIの改善。
  • 「パーセント付きの銀行名による」マルチパラメータ値モードが追加されました。
  • MCabinet Export IRに拡張が含まれるようになりました。
  • 改善されたノブの視覚的品質。
  • FreeformEqualizer解析と自動イコライザーをMXXXのマルチパラメーターにアタッチできるようになりました。
  • MAutoDynamicEq、MFreeformEqualizer、およびMAutoEqualizer(MXXXを含む)では、サイドチェーンをソースとして分析できるようになりました。
  • ModularExは、MXXXで32個のマルチパラメーターを提供するようになりました。
  • すべてのマルチパラメータをリセットするアクションの確認を追加しました。
  • マルチパラメーターの並べ替えで、MIDIコントローラーが適切に再関連付けされるようになりました。
  • Flangerから最適化を削除しました。(Depthを0%から他の値に変更するときにクリックが発生していたため。)
  • 改善されたMFreeformEqualizer自動EQカーブは、レベル差を最小化します。
  • Order MPエディターでは、色を指定できます。
  • アナライザーは、入力とサイドチェーンおよび出力とサイドチェーンのオプションも提供するようになりました(該当する場合)。
  • 一部のDAWはレイテンシー自体を補正するため、MDrumLeveler MIDI出力レイテンシー補正はオプションになりました。
  • パラメーターの選択(mod、mpなど)が改善され、ルートアイテムには常に最後にモジュレーターやMIDIなどのグローバルサブシステムが含まれるようになりました。
  • MXXXフィードバックチャネルの数が16に増加しました。
  • MMultiAnalyzerは、DAWからインポートされた色の明るさを128に調整して、適切に表示されるようにしました。
  • MTunerに検出された音符と検出されたセント自動化パラメーターを追加し、検出されたチューニングを何らかの方法で使用するために使用できます。 最適化のためにMIDI出力も有効になっている場合にのみ有効になります。
  • 修正:MTurboReverbは、モジュレーションを伴ういくつかの極端なケースでサウンドの生成を停止することがありました。
  • 修正:ダイレクトモードでのMTurboReverb ERモジュレーションにより、ジッパーノイズが発生しました。
  • 修正:MXXXで特定の状況下でボリュームを変更すると、ChannelVolumeモジュールがアーティファクトを生成していました。
  • 修正:MXXXでサイドチェーンが有効になっている場合、FollowerFilterモジュールはGUIを更新しませんでした。
  • 修正:プラグインツールバーのWAVボタンを介したバッチ処理では、複数のファイルを選択できませんでした。
  • 修正:MCabinetストレージが誤動作し、プロファイルにディップが作成される可能性があります。
  • 修正:最後のマルチパラメーターが使用された場合、空のマルチパラメーターの挿入が失敗した可能性があります。
  • 修正:ChannelMatrixは、MXXXに理由がなくてもGUIのサイズを変更していました。
  • 修正:サンプリングレートがDAWによって複数回変更された場合、MFreeformEqualizerが一部のホストで正しく機能しませんでした。
  • 修正:MXXXでデバイスをエクスポートすると、次回のエクスポートで新しい名前が保持されず、誤って上書きされる可能性がありました。
  • 修正:変更またはプリセットの切り替え後、マップが正しく更新されませんでした。
  • 修正:ReaperでEnterキーを押してプラグインを開くと、一部のプラグインでアップサンプリング設定が表示されることがありました。
  • 修正:MXXXのConvolutionBankは、レベルが0dBFSを超えるIRを好まなかった。
  • 修正:まれな状況で、AUプラグインがクラッシュすることがありました。
  • 修正:簡単な画面のオーダーエディターは、上記の不要なスペースを作成していました。
  • 修正:ノブはわずかに不正確にレンダリングされていました。