MStereoProcessorが半額フラッシュセール(4バンドのステレオフィールドを個別にコントロール)

 

*セール復活中。2019年5月27日まで。

 

MStereoProcessorは、高品質なマルチバンドステレオアナライザー兼エンハンサーです。

各社から出ているステレオマニュピレーション系のプラグインの中でも抜きん出て多機能な製品です。 

  

ロー、ローミッド、ハイ、ハイミッドと4つのバンドを個別にコントロールする機能があり、より複雑なステレオ・デザインが可能。
MS、AGC(オートゲインコントロール)、リミッター機能も付いています。

 

 

サウンドのステレオウィズス(ステレオ幅)をMONOにしたり、大幅に(200%などに)広げたり自由にいじくり回しサウンドデザインすることができます。

好評のMelda社製エキサイターも搭載されています。

 

MeldaProduction MStereoSpread teaser

 

 現代のリスナーは非常にタイトでパンチの効いたサウンドを切望しています。

MStereoSpreadは、聴覚心理学を使用して、トラックを現代的なリスナーの欲望に近づけ、物理的に可能な限り幅広くタイトにします。

しかしその一方で、自然で美しいサウンドに仕上げることができます。

 

  

Chandler Guitar氏のより詳しい解説動画

MStereoProcessor walk through

 

特徴:

グローバルなパノラマ、音の広がり

パノラマとシグナル自体の広がりを変更できます。このアルゴリズムは完全に透明でモノラル互換です。ブロードバンドエキサイターを適用して、各バンドの明瞭度を向上させることができます。

 

4つのバンドのサウンドを個別にに広げてより刺激的に

高音とは対照的にベースのステレオフィールドを最小限に抑えることが望ましい場合があります。

そんな時でもMStereoProcessorではすべてのバンドを別々に処理できます。

ステレオフィールドをモノラルから200%に変更したり、ディレイ・ステレオエンハンスメントを実行することもできます。

どちらのアルゴリズムも完全に透明でモノラル互換です。各バンドの明瞭さを向上させるためにエキサイターを適用することができます。

 

2Dステレオフィールドアナライザーおよびチャンネルピークメーター

内蔵アナライザーは、出力ステレオプロファイルを正確に表示します。これを使用して、録音が正確に広く、方向が正しいことを確認できます。

 

モノラル/ステレオフィールドチェック

あなたのレコーディングがモノラル互換性があるかどうか、そしてステレオコンテンツが実際に何であるかを簡単にチェックすることができます。

 

各バンドのミュートとソロ

あなたはいつでも各バンドを聴いて、録音の各スペクトル部分が完璧であることを確認することができます。

 

高度で使いやすいユーザーインターフェース

テキスト編集を使用して、すべての値を簡単に変更して最高の精度を得ることができます。

エイリアシングを最小限に抑え、より鮮明なサウンドを得るための調整可能な1倍〜4倍のアップサンプリング機能付き

   

グローバルプリセット管理

タイトルボタンを使って設定を保存できます。これはコンピュータ上で共有されているので、他の曲で簡単にアクセスできます。

 

フルオートメーション対応

  

 

 

通常価格:99.00ドル

セール特価:49.50ドル(50%OFF)