Re-ComposeがSpexxマルチエフェクトプラグイン(ベータ版)を発売。30%OFFで予約注文開始。

よろしければシェアお願いします

 

スポンサーリンク

Spexxで独自のサウンドエフェクトを作成

SPEXX: Interactive spectral manipulation of sound in real-time

 

Re-Composeは「7つの個別エフェクト」と「2つの処理段階」を1つのツールにまとめあげた「Spexxというマルチエフェクトプラグインのベータ版を発表しました

 

シンセなどを使ったサウンドデザイナー、EDMプロデューサー、一般的なミュージシャンも含めた層を対象に開発しているエフェクトプラグインのようです。

  

今回はプレセールと言うことで、ベータ版からの購入者に限り、30%オフで購入することが出来るようです。まだ誰も使っていないエフェクトプラグインです。

  

Spexxは、独特の「サウンドスケープ」を作成することができます。

美しく際だったサウンドのリバーブから、実験的なスペクトルの歪みまで、シンプルで使いやすいユーザーインターフェイスにパッケージ化されています。

  

 

Spexxは、オーディオ信号のインタラクティブなスペクトル操作に2つの処理段階と7つの個別エフェクトを備えた強力なオーディオエフェクトプラグインです。

オーディオと深く関わるように設計されています。

 

ディストーションだけでなく、あらゆる種類の実験的な効果を生み出すことができます。

 

Spexxは、

サウンドデザイナー

ミュージシャン

EDMプロデューサー

などのための非常に汎用性のあるツールになります。

 

素晴らしいサウンドのリバーブを作ってみたくはないですか?

奇妙なスペクトル・ディストーションをデザインしてみませんか?

世界がまだ聞いたことがないユニークなサウンドはどうですか?

Spexxに含まれている素材を使って、シンプルに遊びながら可能性を探ってくか、定義済みのオプションを使って、深い理解を得てください。

  

すべてのエフェクトはシンプルに、しかも自由に組み合わせることができるように設計されています。

各エフェクトは、非常にスムーズなサウンド操作、最高のトーンシェーピング能力、使いやすさを犠牲にすることなく最適なパフォーマンスを実現するように設計されています。

 

マルチコアサポートにより、要求の厳しいプロジェクトでもグリッチのないリアルタイム性能が保証されます。

ゲイン補正とIN / OUTトリムコントロールは、信号のクリッピングがないことを保証します。

 

数多くのアーティストのプリセットがあなたのお手伝いをします。

それらのアーティストとのパートナーシップは、数多くのジャンルやテクニックを網羅する広範な資料のライブラリを提供します。

 

ヘッダー内のいずれかのモジュールをクリックして、それらを「アクティブ」または「非アクティブ」にします。エフェクトを処理ステージ内の別の位置にドラッグしてシーケンスを変更します。

操作された信号をバイパスするには、「オン/オフ」ボタンを使用します。

 

エフェクトが選択されると、そのコントロールは浮動的な対話式ディスプレイに表示されます。

これらのコントロールのいずれかを上または下にドラッグして設定を変更します。

 

処理チェーンの左右にある “VOL”ボタンを使用して入出力ゲインを設定します。「リセット」ボタンをクリックしてアキュムレータをリセットし、ウィンドウ上部のコントロールを使用してスペクトル分解能を調整します。

 

 

(https://www.re-compose.com/spexx-audio-effects-plugin.html)

 

Spexxの機能

最大のインタラクティブ性を実現するように設計されたシンプルで直感的なユーザーインターフェイス。

最高の音質を実現するユニークな数学的アルゴリズム。

生成された出力信号を表示するための大きなウィンドウ。

2つの処理段階(フリーズ、アウトプット)と7つの個別エフェクト(フォーカス、フィーゼ、ディケイ、ダンピング、ミラー、ピッチ、スロープ)。

エフェクトは、モジュラー形式で自由に組み合わせることができます(処理チェーン内のドラッグアンドドロップを使用)。

フリーズステージをバイパスして、出力エフェクトを入力サウンドに直接適用します。

選択したプリセットのコントロールを含むフローティングインタラクティブパネル。

入力と出力のゲインコントロール。

アキュムレーターを再起動するためのリセットボタン。

スペクトル分解能の定義のためのさまざまなパラメータ。

VST、VST 3およびAU標準(32ビットおよび64ビット互換)をサポートしています。

グリッチのないリアルタイムパフォーマンスをサポートするマルチコア

 

使用可能なインターフェイスタイプ

  • VST、VST 3、AU

互換性

  • Ableton Live 9(およびそれ以降)
  • Bitwig Studio 2
  • Cubase 9.5
  • FL Studio 12
  • Logic Pro X(Macのみ)
  • Studio One 3(およびそれ以降)
  • Machine2(およびそれ以降)
  • Reason

互換性がない:

  • Pro Tools(AAXは現在サポートされていません)

Spexxのセール価格 

今回のプレセールの場合、Spexxを30%オフで購入することができます。

価格は49ドル(通常価格:79ドル)です。

 

購入後、ライセンスコードが発行され、まずは、現在リリースされているベータ版ソフトウェアがダウンロードできます。

 

*このセールは2018年12月5日に失効します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク