Soundtoys『PrimalTap』80年代テイストなレトロ感を簡単に作成できるデジタル・デュアルディレイ

Soundtoysのデジタル・デュアルディレイ『PrimalTap』が、80%OFFで最安タイになっています。

PrimalTapは、80年代のレトロなテイストを現代的な音楽制作に加味することができるエフェクターです。

通常価格:149ドル → セール特価:29ドル(80%OFF)

*9月17日 (金曜日)17時59分頃までの超短期セールです。

スポンサーリンク

PrimalTap:レトロなデジタル・デュアルディレイ

PrimalTapは、フリーズ機能を備えたレトロなディレイ・ローファイピッチワープループおよびディレイのためのフリーズによるモデル化されたレトロデュアルディレイです。

Lexicon(レキシコン)の同名ディレイをフィーチャーしたプラグインです。

PrimalTapには、よりシンプルで単一のディレイモデルのLittle PrimalTapも付属します。

ざっと見デモ動画(30秒):

Daw Lessonさまによる解説動画(9分20秒・日本語):

開発元のSoundtoysによる紹介動画(3分40秒・日本語字幕可能):

PrimalTapについて

80年代のキャラクターでいっぱいのスタジオディレイを探しているならPrimalTapがぴったりです。

軽くノブをいじっただけで心を揺さぶるサウンドが得られるパフォーマンスツールを探していならPrimalTapを使ってみてください。

PrimalTapは、Soundtoysの製品らしく、オリジナル・ハードウェアのユニークな機能を進化させ、さらにクリエイティブな可能性を追求した極上のプラグイン・エフェクトです。

パワフルなパフォーマンスとサウンドデザイン機能を備えたクラシックなデジタル・ディレイ、Prime Timeディレイのユニークなサウンドと機能をエミュレーションし、ディレイを再構築しています。

オリジナルのハードウェアと同様に、デジタルとアナログのハイブリッドサウンドで、デジタルディレイとしては驚くほどの力強さとヴァイブ、そしてキャラクターを備えています。

Soundtoys PrimalTapの特徴

  • Prime Timeエコーにインスパイアされたビンテージ・デジタル・ディレイ・サウンド。


  • 2つの独立したディレイ・タップで、複雑なディレイ・エフェクトとモジュレーションを生成。


  • Multiplyノブを使って、非常に大きなピッチジャンプを作り出すことができます。


  • VCOセクションでは、豊かなコーラスからSF的なワーブルまで、あらゆるサウンドを作り出すことができます。


  • ユニークなFreezeコントロールを使って、入力されたオーディオをサンプリング、ループ、ワープすることができます。


  • 拡張されたメモリと独創的な新機能により、オリジナルのハードウェアを超えることができます。
マルチプレイ

PrimalTapのMultiplyコントロールは、ロータリースイッチを回すごとに、ディレイタイムを2倍、サンプルレートを半分にします。

これは古いPrime Timeユニットのエミュレーションです。80年代初頭、ディレイ回路に必要なメモリは非常に高価だったため、設計者は巧妙にオーディオ品質を犠牲にして長いディレイタイムを選択できるようにしました。

しかし、この制限が、このエフェクトの最大の特徴の一つとなっています。

ローファイで硬質なエコーや、もっと型破りなものを探しているのであれば、オーディオ再生中にノブを回したり、オートマティックにしたりすると、非常に珍しいピッチジャンプを作り出すことができます。

PrimalTapのVCOモジュレーションと組み合わせることで、非常にワイルドなサウンドを作り出すことができます。

モジュレーション

オリジナルのハードウェアと同様、PrimalTapにもVCO(電圧制御オシレーター)セクションが搭載されています。

これにより、エコーにバリエーションとモーションを加えることができます。

このモジュレーション・セクションを使って、豊かなコーラス・エフェクト、テープのようなフランジング、ピッチが緩やかに変化するエコーなどを作り出すことができます。

80年代のギターサウンドを再現したり、よりワイルドで不安定なモジュレーションを作るのにも最適です。

オリジナルとは異なり、PrimalTapのRateコントロールでは、VCOをオーディオ周波数帯まで上げることができるので、ロボットのようなリング・モジュレーション・エフェクトを作ることもできます。

また、Adjustノブを使えば、VCOセクションを手動でスイープすることができ、ディレイ信号をスムーズかつグリッチフリーで歪ませることができます。

RateとAdjustのコントロールを調整すれば、すぐにSFのようなワーブリング・サウンドを作り出すことができるでしょう。もちろん、お気に入りのDAWで録音したりオートメーションを描いたりして、これらの奇妙なモジュレーション効果を捉え、微調整することもできます。

オートメーション化することで、PrimalTapは本当に生き生きとしてきます。

フリーズ機能

さらに奇妙な領域に踏み込む準備はできていますか?

「フリーズ」ボタンをタップすると、入力されたオーディオの一部を切り取ることができます。

最も基本的なFreeze機能では、オーディオをテンポに同期させたり、任意の長さでループさせたりすることができます。

しかし、タイム、フリーズ、VCOの設定を調整し始めると、本当の意味での狂気が始まります。オーディオの断片を素早く歪ませたり、変調したりして、奇妙で美しいサウンドスケープを作り出すことができるのです。

タイム・ノブを回してジパング・スウィープを作る。

VCOコントロールを調整すれば、光線銃の連射も可能です。Multiplyノブで低いオクターブにダイブボムすることもできます。

Freezeは、PrimalTapの他のコントロールを試してみると、本当に別世界のようなサウンドを生み出すことができます。

Prime Timeの歴史

1978年に発売された初代Prime Timeは、ダニエル・ラノワ(現在もPrime Timeを愛用)、ブライアン・イーノ、デビッド・バーン、パット・メセニー、ピーター・ガブリエルなど、創造性豊かなサウンドの先駆者たちに愛されました。

また、ライブ・オーディオを処理しながらノブやボタンを操作し、楽器として使用するクリエイターもいました。

珍しいローファイやピッチグリッチのエフェクトは、当時としては文字通り唯一無二のものでした。

標準で128ミリ秒のディレイが搭載されており、オプションで256ミリ秒にアップグレードすることができました(かなりの料金がかかります)。

多くのクラシックオーディオ機器がそうであるように、時間が経つにつれ、限界や不完全さが人々に愛されるキャラクターを生み出すことがあります。

Prime Timeの場合、RAMは高価だったので、最小限のものから最大限のものを得ようと、エンジニアは音質を犠牲にしてディレイタイムを増加させる乗算機能を思いついたのです。

その限界を利用したのがPrimalTapであり、その音こそがPrimalTapを生み出す原動力となったのです。

新しい方向

PrimalTapはオリジナルのPrime Timeを忠実に再現していますが、この名機を21世紀に蘇らせるためには、新しい機能や改良を加えずにはいられませんでした。

入力ドライブ

あなたにこのディレイエフェクトを「悪用」する方法を与えないなんてことは、Soundtoysとしては考えられないでしょう。

ですから、古いハードウェアを強くプッシュしすぎるようなサウンドになるように、「IN」の量も追加しました。

それは実際には非常に独特な分割のサチュレーションで、サウンドにもう少し、またははるかにBiteし(噛みつき)、態度を与えるために使用できます。どちらも素晴らしいです。

ホストに同期

DAWのテンポにロックすることで、獣を飼い慣らすことができます。

または、必要に応じて、単に実行してみましょう。両方のディレイラインは、独立して音価に同期させるか、最大の柔軟性を得るためにミリ秒の値に設定することができます。

ホストオートメーション

お気に入りのDAWを使って自動化することで、PrimalTapノブの微調整されたサウンドの心を変える音をキャプチャします。

あなたがあなたの狂ったノブの動きを記録しているか、あなたのホストに直接描くかにかかわらず、オートメーションは本当にこの効果の創造的な可能性をアンロックします!

アップグレードされたメモリ

オリジナルは128ミリ秒のディレイ時間(または非常に高価なアップグレードでは256時間)に制限されていましたが、PrimalTapは比較的大きな2500ミリ秒で最大になります。 余分な長いエコーを作成するか、フリーズ機能を使用して最大2.5秒のオーディオをサンプリングしてループします。

拡張VCO

オリジナルはただ一つのモジュレーションVCO形状を持っていました。

PrimalTapには4つの異なるオプションがあります。

また、VCOレートをオリジナルのレベルをはるかに超えてプッシュさせることもできます。

リングモジュレーション効果を得るためには、VCOレートをオーディオ範囲内に移動させることもできます。

2つのディレイタップのそれぞれに対してVCOの深さを個別にコントロールし、それぞれの位相を反転させてモジュレーションを2つの異なる方向に移動させることもできます。

新しいフィードバックアルゴリズム

PrimalTapのフィードバックセクションはオリジナルでは見られない4つの新しいフィードバックタイプを提供します:パラレルとシリーズモード、創造的なステレオ効果のためのピンポンモード、そして豊かなエコー洗浄に優れた特別なリバーブモード。

Little PrimalTapも付属します

PrimalTapには、よりシンプルで単一のディレイモデルであるLittle PrimalTapも付属します。

Little PrimalTap

通常価格:149ドル(セール価格:29ドル)

デモ動画

Prime Timeを用いたスタッターループの解説動画(7分40秒・日本語字幕可能):

システム要件

プラグイン形式(32ビットと64ビットの両方):

  • AAX Native、AAX AudioSuite、VST、およびAudio Units(AU)

サポートされているサンプルレート:

  • 最小:44.1 kHz、最大:192 kHz

最小要件:

  • オペレーティングシステム:  Mac OS X 10.8以降。Windows 7以降
  • アクティベーション時にはインターネット接続が必要です。
  • ilok.comの無料アカウントが必要です(物理USB iLokは必要ありません

サポートされているホスト:

  • Pro Tools(10.3.5以降)、Live、Cubase、Nuendo、Sonar、Logic、Digital Performerなど

注: Soundtoysソフトウェアの試用版と購入版を使用するには、ilok.comのアカウントが必要です

セール情報

通常価格:149ドル

セール特価: 29ドル (80%OFF)最安タイ

*上記の製品を購入時に、Native InstrumentsのFXプラグイン『 FREAK』(29ドル)が無料でプレゼントされます(9月いっぱい有効):

主なセール価格の推移:

  • 2021年5月:149ドル→ 29ドル(スプリングセール)
  • 2021年1月:149ドル→ 39ドル(ニューイヤーセール)
  • 2020年11月:149ドル→ 39ドル(ブラックフライデーセール)
  • 2020年4月:149ドル→ 29ドル(春のセール)