KV331『SynthMaster One』SynthMaster Playerからのクロスグレードが39ドル(多彩な機能を搭載したシンセプラグイン)

2020年7月1日:

KV331の総合セールが始まっています。以下のセール価格が下がっています。

後ほど加筆致します。

SynthMaster Oneの「SynthMaster Playerからのクロスグレード版」がセールになっています(59ドル → 39ドル)。

クロスグレーの対象は、無料版のSynthMaster Player FREEではダメで、有料版のSynthMaster Playerからのみが対象です。

現在、有料版のSynthMaster Playerは5ドルのセール中です。

SynthMaster Oneは、直感的なワークフローを備えた使いやすいウェーブテーブル・シンセサイザーです。

シンプルなレイアウト、豊富なウェーブテーブル/波形コンテンツ、刺激的なファクトリー・プリセット・ライブラリーを備えています。サウンドをデザインが楽しくなるシンセです。

SynthMasterと同じエンジンを共有していますが、SynthMaster Oneにはウェーブテーブル・シンセシスのような新機能が搭載されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SynthMaster Oneについて

KV331 SynthMaster One – First Look

Synthmaster Oneは、多彩な機能で幅広い用途をカバーする兄機のSynthmasterを、よりシンプルに使いやすくをモットーに開発されたシンセです。

出音は結構違います。

2オシレーターで、殆どの操作が一画面で完結しているので扱いやすい作りになっています。兄機のSynthmasterほど複雑なことをするのには向きませんが(兄機の多機能ゆえの)複雑さを捨ててシンプルに徹した別物の良シンセです。

ちなみに、Synthmaster Onehは、Zedd、Martin Garrix、Armin van BuurenなどのEDMの大御所も愛用しているシンセです。

Synthmaster Oneのレビューとデモ:

Synthmaster One Review & Demo

Synthmaster Oneのサウンドデモ 1:

SYNTHMASTER ONE by KV331 Audio 🎹 Just A Great Sounding Synth

Synthmaster Oneのサウンドデモ 2:

KV331Audio Synthmaster One Synthesizer Sound Demo | SYNTH ANATOMY

SynthMaster Oneの特徴

  • クロスプラットフォームのVST & AU:


    SynthMaster Oneは、WindowsおよびMac OSXの両方でVSTインストゥルメントとして、またMac OSXでAudio Unitインストゥルメントとして実行されます。 Windowsでは、スタンドアロンアプリケーションとしても実行されます。
  • 500種類のファクトリープリセット:


    SynthMaster Oneには、Arksun、Aiyn Zahev、Bulent Biyikoglu、Gercek Dorman、Nori Ubukata、Rob Lee、Ufuk Kevser、Vorpal Sound、Xenos Soundworksの世界クラスのサウンドデザイナーによる500のインスピレーションあふれるファクトリープリセットが付属しています。
  • セミモジュラーアーキテクチャ:


    各SynthMaster Oneインスタンスには、2つのサブオシレーターを持つ2つのオシレーター、2つのフィルター、4つのADSRエンベロープ、2つのLFO、強力な16ステップアルペジエーター/シーケンサー、および6 FXに挿入できる11種類のエフェクトが搭載されています。


    サブオシレーターは5つの異なるモードでオシレーターに接続でき、通常のサブオシレーターとして使用したり、リング変調(モジュレーション)、振幅変調、位相変調、周波数変調などの複雑な変調を行うことができます
  • 16ステップアルペジエーター/シーケンサー:


    SynthMaster Oneのアルペジエーターは、Up、Down、UpDown、DownUp、UpDown2、DownUp2、AsPlayed、Sequence、Chord、Arpeggiateモードなどのクラシックアルペジエーターモードを備えています。

    アルペジエーターの16のステップにはそれぞれ、ベロシティ、ノート番号、ノートの長さ、スライド、ホールドのパラメーターがあります
  • ウェーブテーブル・シンセシス:

    SynthMaster Oneは、サウンドデザインの新たな可能性を開く真のウェーブテーブル合成を実装しています。


    最大16個の波形をシーケンスしてウェーブテーブルを作成できるSynthMasterとは異なり、ウェーブテーブルを含むウェーブファイルをSynthMaster Oneにインポートしてプロジェクトで使用できます。


    SynthMaster Oneには豊富なウェーブテーブルライブラリが付属しており、SynthMaster OneのWaveformsフォルダーの下にウェーブテーブルを配置することで拡張できます。
  • 最大16ボイスのステレオオシレーターUnison:

    SynthMaster Oneの2つのオシレーターはそれぞれステレオ出力を備えており、最大16ボイスの「ユニゾン」が可能です。

    「voices」、「voices mix」、「detune curve」、「detune spread」、「pan spread」、「tone spread」、「phase spread」パラメータを使用して、各オシレーターは豊かな「スーパーソー」タイプのサウンドを生成できます。
  • ゼロディレイフィードバックフィルター:

    SynthMaster Oneの4つのフィルターカテゴリはすべて、ゼロディレイフィードバックフィルターテクノロジーを使用して開発されています。

    入力ゲイン、ドライブ、酸などの高度なフィルターパラメーターを使用すると、フィルターからその「アナログ」サウンドを取得できます。
  • 豊富なエフェクトセット:

    SynthMaster Oneには、ディストーション、LoFi、アンサンブル、フェイザー、6バンドEQ、コンプレッサー、ボコーダー、ディレイ、コーラス、トレモロ、リバーブの11種類のエフェクトが備わっています。
  • マイクロチューニング:

    SynthMaster OneはScalaチューニングをサポートしているため、チューニングは各プリセットに対して、またはScalaチューニングファイルからロードすることでグローバルに設定できます。
  • プリセットブラウザー:

    SynthMaster Oneは、楽器の種類、プリセットの属性、音楽スタイル、またはプリセットの作成者を個別に検索するための包括的なプリセットブラウザーを備えています。
  • MIDIパターンをアルペジエーターシーケンスとしてインポート:

    モノフォニックまたはポリフォニック(コード)MIDIパターンは、プラグインウィンドウのアルペジエータービューにMIDIファイルをドラッグアンドドロップするだけでSynthMaster Oneのアルペジエーターにインポートできます。
  • 新しいファクトリープリセット:

    SynthMaster One v1.1には、セルチュクエルゲンとヴァンダリズムサウンドによる100の新しいファクトリープリセットが付属しています。

システム要件

Mac:

  • CPU:2.0 GHz、Intel SSE3命令セット
  • RAM:2 GB
  • VST(32ビットおよび64ビット)
  • オーディオユニット(AU)

Windows:

  • Windows 7以降
  • CPU:2.0 GHz、Intel SSE3命令セット
  • RAM:2 GB
  • VST(32ビットおよび64ビット)
  • スタンドアロンアプリケーション機能

セール情報

今回のセールは、SynthMaster Player(有料版)からのみのクロスグレード版です。

SynthMaster Player(有料版)は現在29ドル→5ドルのセール中です。

KV331 SynthMaster Playerのセールページ

SynthMaster One Crossgrade from Playerのセール

通常価格:59ドル

セール特価:39ドル