3つのセクションで鮮やかな色合いを追加できるチャンネルストリップGoliathが半額セール

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tone Empireという聞きなれないメーカー。

実は、Beatskillzの開発者兼オーナーのGaurav Dayal氏が立ち上げた新興ブランドだそうです。

Beatskillzがよりカジュアルなラインで、こっちがハイエンド系のシグナルプロセッサを専門に扱うようにするとか。

で、そのTone Empireの製品2つが、今セールになってます。

 

Goliathっていうレトロ系チャンネルストリッププラグイン。

Loc-Nessというドラム用エフェクター。

 

新しいプラグインですが早くも50%オフになっています。

どちらも通常価格が79ドル。

それが半額の39ドル。

*セールは9月25日まで。

Goliath

Goliathはチャンネルストリップで、3つのセクションに別れていて、

  • 「Tone Colors」と呼ばれるサチュレーションセクション。
  • エンベロープのセクション。
  • EQセクション。

この3つのセクションを組み合わせて音作りをしていく。

特に「Tone Colors」が特徴的で、

シルバー:Solid State

ゴールド:Tube

チタニウム:Tape

の3種類の個別のサチュレーションを選ぶことが可能。

 

デベロッパーの説明だと、

「ゴールドとシルバーは、クリーンなスタイルのサチュレーション。チタニウムは、オーディオにテープ高調波とパンチの効いた彩度で味付け。

「ピークレベルを上昇させずに見かけ音量を大きくして、あなたの音がミックスでカットスルーさせる、または暖かい輝きを追加します。

これらの3つの非常に明確なフレーバーを加え、「入力/ドライブ」コントロールと「ルーフ(天井)」のコントロール、トーンコントロールを与えることができます。

あなたが望むスイートスポットと細部にダイヤルしやすいはずです。」

 

デモ版があるので、気になる方は試用できます。

試用版ダウンロード先(デモ版は、30秒ごとに一瞬無音になります。)

 

 

Loc-Ness

 Loc-Nessは、個々のドラムヒット、ルームサウンド、ドラムバス全体を処理するために設計された専用チャンネル。

 

Loc-Nessのデモ版ダウンロード先

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク