〔半額セール〕「ToneSpot Acoustic Pro」発売記念セール(弦楽器の複雑なミキシングを一台で実現)

よろしければシェアお願いします

弦楽器の用のチャンネルストリッププラグイン「ToneSpot Acoustic Pro」

「ToneSpot Acoustic Pro」は、アコースティックギター、ピアノ、バイオリン、チェロなどの弦楽器の音色をこれ一台のみで向上、完成させる(オールインワン)ツールです。

 

リリースセールで、50%OFFになっています。

Audified ToneSpot Bass Pro Complete Tutorial

 

AudifiedのToneSpot Acoustic Proは、アコースティックギター、ピアノ、バイオリン、チェロ、バンジョー、マンドリンなどの弦楽器のトーンを向上させるプラグインです。

現代的な音楽ジャンルからよりクラシカルなジャンルまで様々場面で使用できるように設計されています。

 

特徴

すべてのトーンハンターのためのスイスアーミーナイフ的ソリューション。

 

  • 弦楽器のアコースティック楽器処理に最適なミキシングトリックとクリエイティブなエフェクト
  • 強力な処理能力と柔軟性
  • ミュージックラベル付きコントロール
  • 何千ものワールドクラスのレコードの分析に基づく設定
  • 時間の節約に効く:これさえあれば、多くのアンプシムを使用する必要はありません
  • インテリジェントゲインステージング

音楽製作におけるエンジニアリングについて

プロのオーディオエンジニアがスタジオでその素晴らしいトーンを作り上げる場合、ハイクオリティなサウンドを実現させるためには、沢山の重い作業を通して行われるのが常です。

 

大量のフィルタリング、大量のコンプ、複数のリアンプチェーンのブレンド、イコライゼーション、サチュレーション、あるいはいくつかのマルチバンド処理、そしておそらく他の様々なクレイジーなものなど。。

   
エンジニアとアーティストの両方が結果に100%満足するまで、トップエンジニアがチェーンを2回または3回と連続してシグナルを送ることはよくあります。

したがって、完璧なトーンを作るときにやるべきことはたくさんあるのです。

音響楽器の後処理用に特化したオールインワンの製品はほとんどありませんが、今日のほとんどのエンジニアは複数の作業を通して、非常によく似たワークフローを使用しています。

     

標準アコースティック楽器リグ

今日のレコードで私たちが聞いているスタンダードなサウンドを得るためには、プリアンプやDIボックスにアコースティック楽器を通すだけでは十分ではありません。

 
大量のプラグイン、大量のエフェクト、CPUパワーのかなりの部分を消費するシミュレーション用プラグインが必要になってきます。

   

ToneSpotのソリューション

しかし、もっと簡単な解決策があります。

ToneSpotは、1つのプロセッサでエンジニアが行う複雑なすべてを処理を行うことが出来ます。。

すべての弦楽器に必要なトリック、豊富なノウハウをToneSpotに詰め込んでいるからです。

      

Audified ToneSpot Bass Pro Tutorial Part 01- Introduction

    

弦楽器系のサウンド向上に重きを置いた「エンジニアレシピを具現化した」製品だそうです。

 

セール情報

通常価格:99ドル → セール特価:49ドル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク