【 5ドルセール】Ugritone 『Get RIOT DRUMS』ハードコア系ドラムキット(通常価格49ドル )

   

Ugritoneが同社のドラムキット『RIOT DRUMS』を5ドルで売り出しています。(通常価格は49ドル。 )

メアド登録で、5ドルで購入できます。

    

以下のリンクに飛びます。

⬇️

https://ugritone.com/

⬇️

少しスクロールするとこの画面になります。メアドを登録します。

⬇️

メアド登録するとこの画面に飛びます。[Click This to get the discount]をクリックで、下の画面になります。

⬇️  

この画面になれば5ドルで購入が可能。

   

    

RIOT DRUMS

 

 

   

  

Riot Drumsは、クラシックな90年代のHardcoreアルバムにインスパイアされた、完全にサンプリングされたドラムキットです。

  

古いカセットテープとビニールを掘り出し、レコーディングスペースをレンタルし、キックドラムキットを入手して、すべてをサンプリングしました。

私たちは90年代のハードコアが大好きで、ラウンドハウスキックを顎に届けるナチュラルでありながらパンチのあるキットを届けたかったのです。これにより、ピザメーカーとゴリラストンプが曲に追加されます。

  • 互換性のあるVST / AU / AAX
  • ドラムエンジニア:Toni Kauko
  • 合計ファイルサイズ280MB

  

特徴
  • 2700以上の個別ヒット。ドラム/シンバルあたり4つのベロシティエリアあたり8〜12のラウンドロビン
  • ドラム:キック1回、スネア1回、タム3回、シンバル全体(ハイハット、ライド、クラッシュ2回、チャイナ、スプラッシュ2回)。
  • 各ドラムには多くの調整可能なマイクがあります:クローズ、ルームクローズ、ルームファー、オーバーヘッド、バスドラム&スネアにはクローズリアマイクも含まれます。
  • 各ドラムにはパンとゲインのノブがあります。
  • 各マイクには独自のゲインノブがあります。
  • 各マイクは、16のステレオ出力のいずれかにルーティングすることもできます。
  • デフォルトではシンプルな1ステレオ出力モード。
  • 各ドラムヒットのmidinoteは自由に調整可能です。
  • プレミックス中に外部ミディクリップを必要とせずにドラムを調整するためのサウンドチェックモード。

VST / VST3 / AU / AAXプラグイン形式が利用可能。64ビットシステムが必要。

 

    

加えて、Ugritoneでは11月8日から11月11日ごろまで、セールをやるようです。

欲しい製品がある方は、しばし待機を。。

https://ugritone.com/

  

(Ugritoneは、オールドスクールメタル/ロック/ハードコアのドラムサンプル、バーチャルインストゥルメント、プラグインが主な製品ラインナップです。)