【75%OFF】Ugritone『TRVE Cab』ヘビーロック&メタルギタリスト向けインパルスレスポンスローダー(5ドル)

Ugritoneが自社のIRローダー『TRVE Cab』75%OFFのセールを開催しています。

20ドル → 5ドル

TRVE Cabは、ヘビーロック&メタルギタリストのために設計されたインパルス・レスポンス・ローダーです。シンプルなワークフローで無限の可能性を秘めています。

TRVE CabはVST/AU/AAXフォーマットに対応しており、スタジオとライブの両方で使用できます。(Ugritoneの無料のIRパックも付属します。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ugritone『TRVE Cab』

How to Install TRVE Cab & Import Presets

TRVE Cab – 8チャンネルインパルスレスポンス・ローダーの概要

TRVE Cabは、あらゆるジャンルのヘビーロック&メタルギタリストのために設計されたインパルス・レスポンス・ローダーです。シンプルなワークフローで無限の可能性を秘めています。

TRVE Cab Loaderでは、最大8つのIRファイルを同時にロードすることができ、好きなようにトーンをシェイプアップすることができます。複数のIRファイルを使用することで、トーンが不毛でドライな音にならず、ゲインボタンに手を伸ばす必要もありません。

マイクの位置を調整するのではなく、キャビネットを正面、背面、そして上から捉えました。部屋でアンプにプラグインした時のようなサウンドを作り出すことができます。

フェーズの問題についてはどうでしょうか?

物理法則を壊すことができるのがシミュレーションの素晴らしいところです。

通常であれば恐ろしいほどピントの合っていないトーンになってしまうものが、TRVE Cabではピントの合った大きなトーンのように聞こえます。マイクの数を増やして、位相を味方につけてみてください。

  • 8つの独立したスロットを介して最大8つのIRを同時にロードできます。
  • 使用中のマイクを識別するためのキャビネットグラフィックス
  • 低CPU使用率、低レイテンシ
  • 各チャンネルのボリューム、パン、ハイパス、ローパス、ソロ、ミュート・コントロール
  • 独自のIRの読み込み
  • Ugritone Freebie IRパック付属

TRVE CabはVST/AU/AAXフォーマットで、スタジオとライブの両方のアプリケーションで使用できます。

インストール方法がわからない場合は、こちらをご覧ください。

TRVE Cabの特徴

How to Use TRVE Cab + Freebie Cab IR pack demo

巨大なギターサウンドを数クリックで実現

  • 8つの独立したスロットを介して同時に8つのIRをロードすることができます。
  • 使用中のマイクを識別するためのキャビネットグラフィックス
  • 低CPU使用率、低レイテンシ
  • 各チャンネルのボリューム、パン、ハイパス、ローパス、ソロ、ミュート・コントロール
  • 独自のIRの読み込み
  • Ugritone Freebie IRパック付属

ギター・キャブをシンプルに

TRVE Cabを使えば、要点をストレートに伝えることができます。7つのプレフィックスが付いたポジションは、無数の異なるマイクをフリックしたり、マイクを移動させたりしても全くトーンが向上しないということはありません。コーン上の1つのマイクに頼っている場合でも、ギターキャビネットに8つのマイクを設置したい場合でも、すぐにトーンを確認することができます。

インターフェースとミキシング機能

各IRスロットにはボリューム、パン、ハイパス、ローパス、フェイズフリップ、ソロ、ミュートの各コントロールが搭載されているので、各チャンネルに集中して集中的に操作することができます。泥や余分なヒスを取り除き、トーンをクリーンアップします。それとも完全に全滅させるかは、あなた次第です。

TRVEのキャブポジション

センター

モダンなヘヴィ・ギター・トーンのバックボーン。コーンから約2~3インチのシングル57は、過去40年の多くのロック/メタル/ハードコア/パンクのアルバムでよく使われています。古典的なチョイス。

サイド

サイドマイクは57をコーンに55度の角度で向けたものです。これを “コーン “の位置と組み合わせることで、キリッとしたトーンとダークなトーンが完璧にミックスされ、一つの重厚なトーンになります。1970年代以降、ハードロック・エンジニアの間でよく使われているトリックです。

エッジ

スピーカーのエッジは、よりダークで深みのあるトーンを生み出します。コーンやサイドとブレンドすることで、耳障りな周波数をフィルタリングし、サウンドに重みを加えることができます。

リア

オープンバックのギターキャビネットの良さは、スピーカーのマグネットから4インチほど離れたキャビネットの後ろにマイクを置くことで、このように生々しいトーンを得ることができ、あなたのトーンにボールを加えることができるということです。このポジションと最初の3つのポジションを組み合わせれば、80年代のクロスオーバー/スラッシュ・メタルの域に達します。

Far

グリルから約12インチの位置にあるSM58は、ライブ感を感じるには十分なアンビエンスを持ちながらも、中高域の美味しさを失わないように十分なフォーカスを持った素晴らしいフルサウンドを生み出します。この1台を支配するか、他のチャンネルとブレンドしてください。

Room

無響室ではギターの音は良く聞こえません。キャビネットからスピーカーを外して、信号の大きさを確認してください。ヒント: 全然うるさくありません。Roomチャンネルを使うと、ギターをよりライブ感のあるものにするために必要な雰囲気を加えることができます。

Tubesizzle

これは変わったものです。クランクアップされたチューブヘッドが部屋で演奏されていて、キャブが別の部屋にあるのを聞いたことがありますか?そう、チューブがシズルシズルと音を出しているのです。これは “ガラス “や “シマー “と呼ばれることもあります。これを他のチャンネルの上に追加すると、それらのチューブがシズルシズルと音を立てるのを聞くことができます。

以下の無料のIRキャブパックが付属しています

Mimick ’74(Vintage 30)

このトーンは、デチューンされたレクティファイアーのトーンに命を吹き込むために作られました。C-Aまでチューンダウンして、大地の震えを感じてください。フルトーン、低音のレスポンス、サイズ、重さ、すべてが揃っています。

HeadKrush(Vintage 30)

現代の怒りに満ちたブリティッシュ・スラッシュ・メタルのトーン。お気に入りのブリティッシュ・ハイゲイン・アンプと組み合わせてください。

PlagueBearer(Texas Heat)

これは危険な一品。ミッド・ドミナントでハーモニクスがキツイ。ハードコア/メタルコア向け。
推奨チューニングレンジ(ドロップチューニング)。

PuritanikMisantrophia(Mod 30)

大きなスクープされたトーン。お気に入りのドイツ製Hi-Gainアンプと組み合わせれば、重厚で少しスクープされたトーンが得られます。

推奨チューニング・レンジ。(E-C)

ScarSheppard(クラシック・リード80)

少し変わったボイシングのモダンなスラッシュ・トーン。ブリティッシュなHi-Gain、または噛み応えのあるHi-Gainとの組み合わせがおすすめです。

推奨チューニング範囲。(E-D)

手持ちのIRもロードできます

すでに気に入った音色をお持ちですか?気に入ったトーンがあれば、それをロードしてお出かけしましょう。

自分のお気に入りのトーンをTRVEのキャブ・エレメントと組み合わせることができます。

オリジナルのIRにもっとスペースが必要ですか?

問題ありません。

セカンドマイクが必要ですか?問題ありません。

スタッキングしてトーンを拡大してみてはいかがでしょうか?

TrveCabは.wav, .aiff, .flacファイルに加え、独自の.ugricab IR Packファイルにも対応しています。

ブラウザが選択したフォルダを記憶しているので、C:\や~/から毎回IRファイルを探す必要がありません。

プリセットの保存と読み込み

プリセットを保存をクリックして名前を付ければ、どこでも好きな場所で使うことができます。

プリセットリストには、設定で設定できるパスの中に、あなたが所有しているかもしれないすべてのウグリカブファイルも含まれているので、作業がとても速くなります。

セール情報

通常価格:20ドル

セール特価:5ドル(75%OFF)