UJAM『ROWDY 2』ロック&メタル系エレクトリック・ベース・プラグイン(インテリジェントな自動演奏機能を搭載)

ROWDY 2は、2つの異なる使い方ができる二刀流の最新のベースプラグインです。

プラグインに自動で演奏させることができるインテリジェントな「プレイヤーモード」と従来型のサンプラーのように使用できる「インストゥルメントモード」を搭載しています。

エネルギーに溢れたベーシストが、自動でベースの演奏を行ってくれる優れたバーチャルインストゥルメントです。

*ROWDY 2はプラグイン(VST、AU 2、AAX)形式で提供されているので、Kontaktなどの外部サンプラー(プレーヤー)は必要ありません。

2023年10月23日:

UJAM Studio to Stage Sale』で恐らく過去最安値を更新しています。

UJAM ROWDY 2

通常価格:129ドル

セール特価:19ドル(85%OFF!!)

*セールは日本時間の11/1(水)19時頃までの予定です。

*本ページには広告が含まれています。

*記事中の「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

 

『ROWDY 2』大胆でエネルギッシュなピック付きエレクトリックベース

Ujam「ROWDY 2」は、ピッキングされたオーバードライブのエレクトリックベースサウンドをほぼ自動的で作り出すことができるバーチャルインストゥルメント(プラグイン)です。

パワフルなパンクからロック、モダンメタルまで、様々なスタイルのトラックに適したサウンドを作り出すことができます。

プリセットデモ(1分):

Vstbuzzによる簡単な紹介動画(3:11・自動翻訳の日本語字幕可能):

*製品説明の後、00:53〜デモが始まります。

『ROWDY 2』について

ROWDYの各機能

Virtual Bassist ROWDYには2つのモードがあります。

それぞれに特徴があります。

プレーヤーモード

「Player Mode」は、ほぼ自動でプラグインに演奏させることができるモードです。

60種類のスタイルと1380種類のフレーズをMIDIコントローラーで素早く選択し、演奏中のキーやコードにシームレスに追従し、インテリジェントに音楽を奏でることができます。

インストゥルメントモード

「Instrument Mode」はキーボードを使い慣れた方のためのモードです。

ROWDYの指板全体を開放して、デッドノート、フルストップ、スライドなど、従来のサンプラーのように演奏することができます。

トーン・スカルプティング・コントロール

ROWDYのパワフルでシンプルなサウンド・シェイピング・コントロールで、あなたのパフォーマンスとサウンドを完璧なものにします。

DIシグナルと、オーバードライブとファズ用のノブを備えた3つのセパレートされたアンプから選択できます。

Characterコントロールでは、オクターブコントロールとシンプルなEQとダイナミクスセクションの前に、多くの便利なサウンドに瞬時にアクセスすることができます。

V2の新機能
  • 20の新しいスタイル

  • 30の新しいプリセット

  • 15種類の「Finisher マルチエフェクト」モード

  • MIDI ドラッグ&ドロップ

  • V1との互換性
主な特徴
  • 60のスタイルと1380のフレーズを搭載

  • 余分なバイトのための調節可能なファズ

  • パワフルでシンプルなサウンドシェーピングオプション

  • 人工知能によるアーティキュレーションモデリング

  • パワフル&エネルギッシュ

ROWDY 2のページ@UJAM本家サイト

デモ動画

紹介動画(5分・自動翻訳の日本語字幕可能):

ジョシュア・キャスパー氏による解説動画(8:55・自動翻訳の日本語字幕可能)

プリセットサウンドのデモ(6:32):

Bassistの「Key Switch & Chord Track」ワークフローの解説(9:45):

UJAMのVirtual Bassistはバージョン2.1から、Studio One 5との連携がこれまで以上に強力になりました。

PreSonusソフトウェアスペシャリストのGregor Beyerle氏が、上記の動画で新しいキースイッチとコードトラックの実装により、素晴らしいベースラインを瞬時に作成する全く新しいワークフローを紹介します。

『ROWDY』の詳細

簡単に使える高品質ベース・プラグイン『ROWDY』の特徴

ROWDYのラウドマウスで反逆的なサウンドと怒りに満ちたプレイスタイルは、ベテランのベーシストでさえも、素晴らしいサウンドのアイデアを素早く得ることができる能力持っています。

多くの機能がほぼ自動で使用できるので、実質的に学習曲線はゼロと言えます。

パワフルでエネルギッシュなベース

ROWDYは、パワフルなパンクから赤熱したロックやモダン・メタルまで、様々なスタイルに適したオーバードライブのエレクトリック・ベース・サウンドを自信を持って提供します。

多彩なサウンドと多くの機能

鳴くだけでなく、唸るように作られています。

厳選された特別仕様のヴィンテージベースギター、ホットアンプ、ファズボックス、そしてオクターバーまで搭載しています。

フラストレーション・フリー・デザイン

UJAMのフラストレーション・フリー・フィロソフィーに基づき設計されたROWDYのGUIとコントロールは、あなたの音楽制作のレベルに関係なく、素晴らしいサウンドと攻撃的なベースラインをすぐに実現することを可能にしてくれます。

プレイヤー・モードを搭載

60種類のスタイルと1380種類のフレーズをMIDIコントローラーで素早く選択できるプレイヤー・モードでは、演奏中のキーやコードにシームレスに追従し、インテリジェントに音楽を奏でることができます。

インストゥルメント・モード

インストゥルメント・モードでは、ROWDYの指板をすべて開き、デッドノート、フルストップ、スライドなど、従来のサンプラーのように演奏することができます。

トーン・スカルプティング・コントロール

Virtual Bassist ROWDYのパワフルかつシンプルなトーン・スカルプティング・コントロールで、あなたのパフォーマンスとサウンドを完成させましょう。

DI信号と3つのアンプを選択でき、オーバードライブとファジー・ルードネスを個別にダイヤル・イン・コントロールできます。

キャラクター・ノブは、オクターバーとシンプルなEQとダイナミクス・セクションを追加する前に、多くの有用なスカジーなサウンド・フレーバーに即座にアクセスすることが可能です。

PreSonus:コード&キー・トラック

Virtual Bassist 2.1のアップデートにより、UJAMはバージョン4.6.2以降のStudio OneユーザーにPreSonusのコードとキートラックの独占機能を提供します。

ピアノロール上にスタイルとフレーズの説明が表示されるので、トラックに合ったスタイルとフレーズをより早く、簡単に見つけることができます。

Studio Oneの新しいコードトラック機能は、自動的にコードを追いかけ、MIDIノートを自動的に変更します。

ROWDYで詳細なパフォーマンスコントロールで自分だけのプレイスタイルを見つける

ROWDYはUJAMのフラストレーション・フリー・デザイン・フィロソフィーに基づき、音楽制作の経験値に関係なく、誰でも簡単に、より速く、より良い音楽を作ることができる製品です。

メニューバー

Virtual Bassist ROWDYのインターフェース上部のバーでは、プリセットの読み込みと保存が可能です。また、試用状況の確認やサポートへの問い合わせなど、重要な管理機能も備えています。

プリセット・ブラウザー

Virtual Bassist ROWDYのプリセットとは、スタイル選択とすべてのコントロール値を含むプラグイン全体の設定です。

ここでは、プリセットの切り替え方法について説明します。

  • PRESET名の左右にある矢印のいずれかをクリックして次のプリセットに進みます。



  • PRESETメニューの現在のプリセット名をクリックすると、プリセット・ブラウザが開きます(上の画像を参照)。
プレイヤー&インストゥルメントモード

Virtual Bassist ROWDYは、ベースプレイヤーとしての演奏とベースインストゥルメントとしての演奏が可能で、この2つはいつでも切り替えることができます。

  • PLAYERモード

    PLAYERモードは、コードや音符の演奏、フレーズの選択など、内蔵ベース奏者の演奏をコントロールすることができます。
    自分で音を出してプレイヤーのグルーブ感やフレーズだけで演奏することもできますし、コードを出してそのコードに合わせたメロディックなリフやフィーリングを演奏させることもできます(Melodic Mode)。




  • INSTRUMENT モード

    INSTRUMENT モードでは、Virtual Bassist ROWDYが超リアルなエレキベースをエミュレートし、MIDIキーボードで演奏することができます。





  • インタラクティブ・キーボード

    インタラクティブキーボードは、受信したMIDIノートのディスプレイであると同時に、実際に機能する画面上のキーボードでもあります。ただし、インタラクティブキーボードで演奏したノートはDAWに記録されません。
タイミングパラメータ

プレイヤーモード時のみ、ユーザーインターフェースの右上にメニューアイコンが表示されます。

これをクリックすると、Virtual Bassist ROWDYのパフォーマンスを曲に合わせて調整するためのタイミング・パラメーターが表示されます。

  • Speed

    Speed スイッチは、曲のテンポに対して Virtual Bassist ROWDY のテンポを半分(0.5x)または2倍(2x) にすることができます。


  • Swing

    この機能は、しばしば “Shuffle “とも呼ばれ、オフビートを遅らせることができます。Virtual Bassist ROWDYは、選択したStyleに応じて、Swingの分解能を自動的に8分音符または16分音符に切り替えます。


  • Feel

    このコントロールで、ベースプレイヤーの演奏のフィーリングをリラックスさせたり、急がせたりすることができます。


  • Timing

    Virtual Bassist ROWDYのセッション・プレイヤーは、本物の人間のように、クオンツ化されたノート・グリッドの周囲をわずかに演奏します。これらのフレーズをどの程度「人間らしく」演奏させたいかを変えることができます。
ラッチ

Latchを有効にすると、Chordレンジのキーを押すと、Stopキーを押すまでVirtual Bassist ROWDYは演奏を継続します。

オプションのSustain Pedalを一時的にLatchとして使用することができます。サスティンペダルを持ち上げると、LatchスイッチがONのままでも、保持しなくなった音符のラッチが解除されます。

スタイル

鍵盤の「スタイルフレーズ」で選択できるフレーズの「スタイル」を選びます。

コモンフレーズ

MIDIキーボードの左下(C♯0~B1)は、いわゆるコモンフレーズのコレクション用に確保されています。

これらのフレーズは「ハードワイヤード」であり、STYLEの選択によって変化することはありません。コモンフレーズは、より一般的で複数の文脈に適用できるパターンによって、スタイルフレーズを補完します。

スタイルフレーズ

C2~Bb2の鍵盤で、現在選択されているスタイルのフレーズを演奏します。

白鍵は通常の循環フレーズ、黒鍵はイントロ(C#、D#)、フィル(F#、G#、A#)を演奏します。

ミックスの微調整を簡単に行える『ROWDYのエフェクター』
ベースセットアップ

このエリアでは、ベースギターの全体的なサウンドキャラクターとダイナミックレスポンスを微調整します。

  • Fuzz

    Virtual Bassist ROWDYは、ディストーションステージにFuzzを搭載しています。アンプ・セットアップのプリアンプに入る前のベース・サウンドに、重要なハーモニクスとキャラクターを追加します。

    アンプのDriveコントロールと組み合わせてFuzzを微妙に使用することで、さらにファットで存在感のあるサウンドを追加することができます。

    Direct出力を使用する場合、AMPセクションのDriveコントロールは無効となりますが、FUZZはAMPの選択とは無関係に常に機能します!
キャラクター

4つの基本特性から1つを選択するチキンヘッドスイッチです。これらは、ダイナミックなレスポンスと同様に、全体的なサウンドキャラクターを定義します。

  • サウンドキャラクターは、ローエンド、ミッドエンド、ハイエンドをコントロールする各種オーディオプロセッサーを搭載したベースチャンネルによって実現されています。



  • ダイナミック・レスポンスの減衰は、ベースの「スペクトル」レンジを制限し、Virtual Bassist ROWDYに送られた同じベロシティ・レベルが、全体のボリューム・レスポンスに大きな影響を与えることなく、異なるサウンド・キャラクターを生み出すようにします。
ドロップ D

このスイッチをオンにすると、E弦のチューニングを1音下げ、ピッチをDに落とします(この名前が由来です)。Dまでの音域が広がりますが、E弦で弾く音域の響きも違ってきます。

オクターバー

オクターバーは、典型的なミキサー・チャンネルのコンポーネントというよりも、ベース・エフェクトの典型的なものです。

オリジナルのベース信号の1オクターブ上の複製を追加します。ノブは、エフェクト信号の音量を調節します。

AMP セットアップ

ベース信号を3種類のベースアンプセットアップのいずれかに送るか、外部アンプ(プラグイン)を使用する場合にダイレクト信号を選択するスイッチです。

アンプ・モデルは、トップ・アンプ、キャビネット、マイクを含み、Virtual Bassist ROWDYの様々な用途に対応するよう完成されたものです。

ドライブ

ベースアンプのオーバードライブレベルを調整し、少し歪んだサウンドを作りだすコントロールです。選択したAMPの設定により、効果は大きく異なります。

図に示すように、AMPコントロールでDirectを選択した場合、DRIVEコントロールは影響を与えません。

ベース・チャンネル・セットアップ

バーチャルベーシストROWDYは、ベースチャンネルにコンプレッサー、イコライザー、オクターバーの3つのベースサウンド専用オーディオプロセッサーを搭載しています。

コンプレッサー

Virtual Bassist ROWDYのCompressorコントロールを上げると、全体の音量がわずかに上がり、低いダイナミックレンジの音が大きくなり、最大にすると低音がより攻撃的になる(つまりトランジェントがそれに応じてシェイプされる)ことに気がつくでしょう。

イコライザー

イコライザーは、CHARACTER コントロールを補完するもので、この2つを組み合わせることで、様々なベースサウンドを作り出すことができます。

マスターボリューム

Volumeノブは、Virtual Bassist ROWDYのマスター出力の音量を調整するものです。

非常にダイナミックなインストゥルメントであり、フォース、コンプレッサー、アンプなど多くの機能が全体の音量に影響を与えるため、このコントロールでROWDYのゲインを調整してから後続のオーディオプロセッサーやエフェクターに送り込んでください。

MIDIラーン機能

MIDIラーンを使用すると、Virtual Bassist ROWDYのコントロールをMIDIキーボードや他のコントローラーのハードウェア・コントロールに割り当てることができます。

コントロールを割り当てるには、通常、Virtual Bassist ROWDYのコントロールを右クリックまたはCtrlキーを押しながらクリックして、DAWのMIDI Learnコンテキスト・メニューを表示します。

オートメーション

Virtual Bassist ROWDYのすべてのコントロールはオートメーション化することができます。フレーズ選択キーと組み合わせることで、よりダイナミックな演奏を実現するための非常に強力な方法となります。

例えば、POSITIONとDRIVEをフェーダーでオートメーションしてダイナミックなトランジションを作ったり、AMPやDoublingをスイッチオートメーションして曲のパート間のサウンドを大きく変化させたりすることが可能です。

詳しくは、こちらのユーザーマニュアルをご覧ください。

ROWDY 2のメーカーページリンク

システム要件

オペレーティングシステム

  • Windows 8以降 (64ビットのみ)
  • macOS 10.12 – macOS 12  (M1 Apple Silicon 対応) (64 ビットのみ)
  • 以前のバージョンでも実行できますが、UJAM はサポートしていません。

最低限の必要条件

  • 4 GB の RAM
  • 7GBのディスク容量
  • スプレイ解像度:1280 x 768ディ
  • ダウンロードと認証にはインターネット接続が必要です。

プラグインのフォーマット

  • VST、AU 2、AAX
  • AU 2版はLogic Pro X以降にのみ対応しています。

対応規格

MIDI

追加情報

ダウンロード可能なインストーラーファイルが付属しています。
プラグイン内のujam.comのメールアドレスとパスワードで認証します。
.blobファイルを外付けのドライブに移動したい場合は、ドロップアウトを防ぐためにSSDの使用をお勧めします。

セール情報

UJAM ROWDY 2

2023年10月23日:

UJAM Studio to Stage Sale』で恐らく過去最安値を更新しています。

通常価格:129ドル

セール特価:19ドル(85%OFF!!)

*セールは日本時間の11/1(水)19時頃までの予定です。

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」0.78英国ポンド分が進呈されます。

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2020年10月:129ドル→49ドル
  • 2020年11月:129ドル→65ドル(Black Friday2020)
  • 2021年7月:129ドル→65ドル
  • 2021年11月:129ドル→64.5ドル(Black Friday2021)
  • 2022年1月:129ユーロ→39ユーロ(Vstbuzz
  • 2022年2月:99ドル→64.5ドル
  • 2022年7月:129ドル→64.5ドル
  • 2022年11月:129ドル→64.5ドル