W.A Production『Absolute Vocal Bundle』(五つのプラグインバンドル)

  

 

W.A Productionが、五つのプラグインバンド『Absolute Vocal Bundle』をリリースしました。

イントロセールで90%OFF(185ドル → 15ドル)です。

15ドルで5つのプラグインが手に入ります。

     

『Absolute Vocal Bundle』は、ボーカルトラックに5つの側面から簡単操作のトリートメントを行うことができるプラグインバンドル。

もちろんボーカルトラック以外のミキシングにも使用できるプラグイン群です。

     

(このセールもブラックフライデーをまたいで行われるので、実質的にブラックフライデー施策の一環と思われます。)

 

  

スポンサーリンク

Absolute Vocal Bundle:ボーカルトラックに5つトリートメント

   

Absolute Vocal Bundleは、

ボーカルテイクがエッジの周りで少し荒いことが気になる。

曲の残りの部分に比べて薄く、少しドライに聞こえる。

モノラルサウンドをステレオにステップアップしたい。

など様々なボーカルトラックの問題解決に効果を発揮する製品です。

 

https://www.pluginboutique.com/product/2-Effects/39-FX-Bundle/5901-Absolute-Vocal-Bundle

 

このバンドルには以下のプラグイン含まれます。

  • Mutant Delay
  • Mutant Reverb
  • Outlaw
  • Screamo
  • Vocal Splitter

 

 

 

Mutant Delay(ディレイプラグイン)

 

 

 

 

Mutant Delay

 

Mutant Delayは、ダッカーを内蔵したホスト同期ディレイプラグインです。

ボーカル処理やその他の多くのアプリケーションに最適です。

スタジオでは、ボーカルラインのダッキングディレイを実現するために、複雑なサイドチェーンとコンプレッションルーティングをセットアップする必要がありますが、Mutant Delayを使用すると、その複雑さはすべて過去のものになります。

この人気のミキシングテクニックを1回のプラグインと数回のクリックで簡単に複製できるため、元の信号の明瞭さを維持しながら、極端なディレイ効果を作り出すことができます。

作業をよりシンプルに保ちたい場合は、ボーカルトラックにMutant Delayをロードし、プリセットを選択してください。

さらに深くするコントロールしたい場合のために、ディレイとダッキングパラメータを好みに合わせて調整し、明確な視覚的フィードバックをリアルタイムで提供します。

 

 

    

  

  

Mutant Reverb(リバーブプラグイン)

   

   

 

「Mutant Reverb」は,組み込みのダッカーを搭載した(モノからステレオの)リバーブプラグインです。

ボーカル、パーカッション、シンセなど、リバーブテールの正確なコントロールが必要な音楽制作に最適です。

 

Mutant Reverb

 

 

あなたのサウンドに、この「Mutant Reverb」を追加すると、暖かさが与えられ、キャラクターとサウンドを現実世界の空間に配置します。

 

リバーブテールが元の信号の明瞭さをマスクするときに大きな問題が発生し、濁った未定義のサウンドになることがあります。

ミュータントリバーブがそれを解決します。

 

数回クリックするだけで、複雑なサイドチェーンや圧縮ルーティングを行わずに、元のオーディオの邪魔にならないようにリバーブ処理をダッキングできます。

ただ、プラグアンドプレイするだけです。

   


   

Mutant Reverbは、モノソースをステレオリバーブ信号に変えることができるLushなリバーブアルゴリズムを備えたステレオスプリット処理を提供します。

 

リバーブエフェクトのルームとテールのキャラクターを調整するためのいくつかのコントロールも搭載されています。

 

「Internal Ducker」セクションでは、ミックスにスペースを作成するための一般的なしきい値、比率、アタック、ホールド、リリースのコントロールを提供します。

元の信号をミュートして、ダッキングされたリバーブエフェクトを正確に聞き取るか、エフェクトバスでプラグインを使用することもできます。

 

インターフェイスの上部にある視覚的なフィードバックセクションは、ドライシグナルとウェットシグナルが2つの異なる色で相互作用していることを示し、リバーブとダッキングを簡単に識別できるようにします。

 

ボーカル、シンセ、またはパーカッショントラックを作成する場合でも、Mutant Reverbを背後に入れて、ミックスのスペースと明瞭さを作成することができます。

 

Mutant Reverbの概要

 

 

Power

Mutant Reverbロゴはプラグイン全体のバイパスコントロールとして機能し、

妨害されないA / Bテストのために、クリックとポップが発生しないようにスムーズ化されています。

 

 

Visual Feedback

インターフェイスの最上部にある波形グラフには、ドライソースとウェットリバーブ信号が異なる色で表示されます。リバーブ・テールとダッキングの様子をはっきりと見ることができます。

 

 

Mix Control

ミックスダイヤルを使用して、ウェットリバーブレベルを設定することができます。

Internal Duckerセクション内のThresholdおよびRatioダイヤルと組み合わせて使用すると、このパラメーターはリバーブテールのパフォーマンスを正確に制御できます。

ソロモードでダッキングされたリバーブエフェクトを聴く(またはプラグインをエフェクト送信として使用する)場合は、ミュートボタンをアクティブにしてソース信号をミュートします。

 

 

Time & Pre-Delay

タイムダイヤルを使用すると、リバーブテールの長さを無限に設定して、無限の雰囲気を演出できます。

追加ドットコントロールを使用して、リバーブのプリディレイタイムを最大100ミリ秒に調整します。

 

 

Size & Diffusion

Sizeダイヤルでリバーブのシミュレートされた部屋のサイズを設定し、追加のドットコントロールでリバーブの拡散を調整して、シミュレートされたルームの音を滑らかにします。

 

 

Frequency(周波数) shaping(形成)& Dampening(減衰)

一般的なリバーブ技術。リバーブテールの周波数をシェーピングすると、ハイエンドおよびローエンドのクラッターが減少します。

Mutant ReverbのHigh&Low passフィルターノードを使用して、選択した上限と下限にアンビエンスの出力をフィルターできます。

フィルターに取り付けられたドットコントロールにより、減衰を調整し、より自然なサウンド空間をシミュレートできます。

 

 

 

Internal Ducker Section

インターフェイスのダッキングセクションは、標準のコンプレッサーと同様に機能し、しきい値(スレッショルド)とレシオダイヤルは、ダッキングされた信号の処理方法を形成するための主要なコントロールです。

しきい値は、コンプレッサーが動作を開始する強度レベルを設定し、比率ダイヤルはゲインリダクションが適用される量を指示します。

 

 

 

Advanced Controls(先進のコントロール): Attack / Hold / Release(アタック、ホールド、リリース)

アタック、ホールド、リリースダイヤルを使用して、ダッキング効果の動作を微調整できます。

アタックにより、元の信号の過渡現象(トランジェント)を無視できます。

ホールドすると、生成されたゲインリダクションが安定します。

リリースは、ゲインリダクションのフェードアウト時間を設定します。

これらのパラメーターを調整することは、オーダーメイドのリバーブ効果を形成するための鍵です。

 

 

 

プリセット

「Mutant Reverb」には、(すぐに使用できるように設計されている)幅広い種類のファクトリープリセットが備わっています。

 

特別に調整された設定には、プレートやルームのエミュレーションから特別なFXまで、多くの種類のリバーブが搭載されています。

これらはすべてプラグインメニューから簡単にアクセスできます。

(もちろん、ユーザープリセットとして独自の設定を保存することもできます。)

 

このオールインワンの周波数形成されたダッキングリバーブは、ボーカル、パーカッション、シンセなどのリバーブテールを正確にコントロールできます。

 

Mutant Reverbは、複雑なルーティングやサイドチェーンなしで、雰囲気と空間の感覚を完全にコントロールし、元のシグナルの明瞭さを維持します。

  

Mutant Reverbの特徴
  • クリーンなサウンドのアルゴリズムリバーブ
  • コンプレッサースタイルのコントロールを備えた内蔵ダッカー
  • 広範囲のリバーブパラメーター用の多くのプリセット
  • クリックを発生させないバイパスコントロール
  • 時間、サイズ、周波数フィルターダイヤル
  • プリディレイ、拡散、グ減衰の高度なコントロール
  • リアルタイム波形表示
  • フルPDFマニュアルおよびチュートリアルビデオ

 

 

 

Outlaw(音量調整プラグイン)

 

 

Outlawは、ライブサウンドのミキシング、ボーカルのスムージング、ソロ楽器のバランスなどの音量調整プラグインです。

オーディオを聞き取り、音量の変化を補正し、実際のオーディオエンジニアのミキシングデスクフェーダーの動きを模倣します。

複雑なボリュームオートメーションを描画するのを忘れて、スムーズなゲインレベリングと豊富な機能を備えたOutlawに一生懸命働きかけてもらいましょう。

 

   

   

   

   

 

creamo(ディストーションプラグイン)

 

Screamoは、2つのレゾナンスシェルフフィルターが特徴のディストーションプロセッサー。

   

     

  

    

Screamoの各機能

 

Smear

2つのレゾナントシェルフフィルターは、拘束状態で使用するとトークボックスのような効果を発揮し、強く押すとフルオンのスクリーマーを使用します。

3種類のスミア効果を切り替えることができます。上向き、下向き、または双方向の周波数モジュレーションです。

 

Drive

Driveコントロールを使って、パーカッションループをクラックしたりシンセをカットしたりすることができます。

微妙なサチュレーションから極端なオーバードライブまでクリエイトできます。

ソフト、ミディアム、ハードスタイルのディストーションモードを有効にすることができます。

同期機能

Smear、Drive、Makeupの各コントロールはすべて同期されているため、通常のプラグインルーティングでは非常に複雑なテンポ同期のスクリームエフェクトを作成できます。

下段のShape、Speed、Smoothの各ダイヤルを使って波形をデザインし、上段の3つのパラメーターをコントロールします。

ゆっくり進化するトークボックス効果、またはクレイジーなバタバタしたオーバードライブを作成できます。

 

オールインワン

25種類のファクトリープリセットは、繊細なサチュレーションからワイルドなオーバードライブのリズムまで変化させる設定を備えています。それらを、すばやく起動して実行できるように設計されています。

これらはすべて、プラグインメニューから簡単にアクセスできます。もちろん、ユーザープリセットとして自分の設定を保存することもできます。

正確なA / BingがScreamoの処理能力の結果をチェックするためには、リアルタイムのレベルモニターとゲインコントロールが不可欠です。

 

  

特徴
  • ワンクリック変換用の25種類ののクリエイティブプリセット
  • 3つのスミアモード
  • 3つのディストーションタイプ
  • 5つの調整可能な開始点を持つ同期モジュレーション波形
  • ストレート、トリプレット、ドットリズムによる同期スピードコントロール
  • リアルタイム出力レベル表示とゲイン
  • フルPDFマニュアルとチュートリアルビデオ

 

  

 

 

 

Vocal Splitter(ボーカル処理ツール)

 

クリア&ワイドなサウンド

何十年もの間、オーディオエンジニアは、ボーカルに特定の処理トリックを使用して、ステレオスピーカーからの「活気がないモノボーカル」を飛躍させてきました。

この『Vocal Splitter』は、非常にシンプル方法でその秘密のテクニックを再現できます。

 

Vocal Splitterは、モノボーカルを、太くてモダンなステレオサウンドに変える便利なプラグインです。

 

   
Vocal Splitterでは、エンジニアのシークレットレシピから更に一歩進めて「ボーカルパフォーマンスを群衆から際立たせるための周波数」と「ドライブパラメーター」など備えています。

もちろん、ボーカル以外のオーディオでもこのプラグインを使用できます。

 

  

『Vocal Splitter』のプラグインの内部で行われていること 

   

 

必要に応じてこの部分をスキップしてもかまいませんが、プラグインの下で行われていることは次のとおりです。

Vocal Splitterは、フェーズオフセット・ビブラート・エフェクト(チャンネルを非対称的に離調することで左右のチャンネルを分割する)と非対称整流の組み合わせを使用します。

 

左右信号の(より明確なステレオ画像の作成)。これら2つのエフェクトを1つのプラグインに組み合わせると、最小限の位相(フェーズ)で定義済みのステレオスプリットボーカル信号を作成するのに特に効果的な方法です。

  

ミックス

中央のミックスダイヤルは、元のソース信号と追加されたステレオ信号のドライ/ウェット比を設定します。

追加したステレオ信号をソロモードで聴いたり、エフェクトバスでプラグインを使用したい場合は、Mute Sourceボタンを押してソース信号をミュートし、Vocal Splitterの処理されたオーディオのみが聞こえるようにします。

 

速度と深さ

これらのダイヤルは連動して、左右のチャンネルを分割する位相オフセットビブラート効果の動作を制御します。チャンネルは非対称にデチューンされており、これらのダイヤルはその効果を調整するため、微妙な太りから完全な倍加まで、あらゆる処理の強度を実現できます。

   

ドライブ 

ドライブ機能を使用すると、左右の信号の非対称整流の強度を制御して、より明確なステレオ画像を作成できます。それが複雑な技術的な事柄と感じるかもしれませんが心配しないでください。

ただ知っておく必要があるのは、強くプッシュすると サチュレーションのような効果が得られ、ステレオ画像が中心に向かって戻ることです。

   

フィルター 

ハイパスフィルターとローパスフィルターを使用すると、追加したステレオ信号をフィルタリングできます。特定の周波数範囲にのみエフェクトを適用し、ローエンドでの不要なフェージングを回避する場合は特に重要です。

Vocal Splitterのロゴは、プラグイン全体のバイパスコントロールとして機能し、スムーズなクリックとポップが妨げられないA / Bテストのためにスムーズになります。

    

特徴
  • モノソースから幅広くモダンなボーカルを作成
  • ワンクリック変換のプリセット
  • 速度と深度が効果の力を設定します
  • ダイアルを駆動してグリットを追加し、鮮明度を高めます
  • エフェクトをセンドとして使用するためのミュートソースボタン
  • クリックフリーバイパス
  • 最小限のフェーズ調整
  • フルPDFマニュアルおよびチュートリアルビデオ

 

 

 

Absolute Vocal Bundle:システム要求

  • Windows 7以降(32/64ビット)
  • Mac OSX 10.7以降(32/64ビット)
  • AAX-ProTools 11以降

 

 

 

 

 

Absolute Vocal Bundleのセール情報

 

通常価格:185ドル(20,168円)

セール特価:14.9ドル(1,624円)