WavesFactory『Spectre』(ミキシングにもマスタリングにも使える通好みのサウンドシェーピングツール)

Spectreは、グラフィカル・パラメトリックイコライザーとエンハンサーを組み合わせたサウンドシェーピングツール。知る人ぞ知る通好みの良プラグイン。

通常価格:109ドル → セール特価:57ドル

Wavesfactory Spectreのセールページ   

(ブラックフライデー時の最安値54ドルにはわずかに届かず。しかし良いセール。)

スポンサーリンク

Spectre

(再掲)

Wavesfactory Spectre – First Look

Spectreは、革新的なグラフィカル・パラメトリックイコライザーとマルチバンドのエンハンサーの機能を組み合わせたサウンドシェーピングツールです。


8つの優れたサチュレーション・アルゴリズム。
ステレオ、左、右、ミッドチャンネルまたはサイドチェーンの処理も可能。

個々のトラック、サブミックス、ミックス全体で使用でき、マスタリングに最適化されています。MS処理ももちろん可能です。

使い方

Spectre – Spectral Enhancer – Overview

5つのバンドのいずれかを調整して、オーディオプロセスを1つまたは最大5つのバンドに追加します。

調整可能なQを使用すると、エフェクトを広範囲から鋭いシャープに変更できます。

Spectreは、個々のトラック、サブミックス、ミックス全体で使用でき、マスタリングに最適です。

解説動画

この2分間のビデオチュートリアルでは、Waves FactoryのSpectreで、オーディオ信号にハーモニックサチュレーション(高調波の彩度と歪み)を加えることで、非力なノートブックPCや携帯電話のスピーカーでも、サブベースを聞こえるようになることを示しています。

TMT | Mixing Bass for Small Speakers with Harmonic Saturation Tutorial | WavesFactory Spectre

Spectreはプリセットが豊富なので、プリセットを起点に調整を加えていくことで作業を完了させることができます。

Waves Factory Spectre

Spectreは、EQフィルタを使用して周波数スペクトルの領域を特定するユニークなプラグインです。

また、周波数範囲を上げると、ハーモニックサチュレーションを追加してオーディオシグナルに(カラフルに)色づけをします。

これは多くの場合においてに非常に便利です。

Spectreは、グラフィカルパラメトリックイコライザーとエンハンサの機能を組み合わせた最高のサウンドシェーピングツールです。

Spectreは、入力信号とEQ信号の差を処理し、古典的な録音ハードウェアに基づいたさまざまなサチュレーション・アルゴリズムから、スペクトルの一部だけにハーモニック成分を導入します。

Spectreは、個々のトラック、サブミックス、ミックス全体で使用でき、マスタリングにも最適です。

MS処理も可能。

マスタリング時、中音域をクリーンにしながら、低音や高音域を別で扱いたいことがよくあります。

Spectreはこのような仕組みに対応しています。

低音部分のみを絶妙にファットにさせることができます。

加えて、カラーの設定で、より音楽的な効果をもたらすことが出来ます。

Spectreの1つの部分で多くの処理を追加すると、他のパートがわずかにバランスを失うことがあるため、Spectreを従来のEQと組み合わせて使用​​すると有益な場合もあります。

たとえば、高音域と低音だけを強調する場合は、EQを使用してこれらのリージョンのレベルを少し下げるか、クリーンなミッドを強調する必要があります。

Spectreは個々のトラックでも使用可能ですが、包括的なミックスを心地よいものにするための非常に強力なプラグインでもあります。

セール情報

通常価格109ドル

ブセール特価:57ドル

コメント