WavesFactory『Spectre』ミキシング&マスタリングに使える革新的なサウンド向上ツール

Spectreは、グラフィカル・パラメトリックイコライザーとエンハンサーを組み合わせたサウンドシェーピングツール。とても評判の良い知る人ぞ知る通好みのプラグイン。

30%OFFのセールになっています。

Wavesfactory Spectreのセールページ   

*セールは6月1日(火曜日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

Spectre

Wavesfactory Spectre – First Look

Spectreは、革新的なグラフィカル・パラメトリックイコライザーとマルチバンドのエンハンサーの機能を組み合わせたサウンドシェーピングツールです。


8つの優れたサチュレーション・アルゴリズム。
ステレオ、左、右、ミッドチャンネルまたはサイドチェーンの処理も可能。

個々のトラック、サブミックス、ミックス全体で使用でき、マスタリングに最適化されています。MS処理ももちろん可能です。

使い方

Spectre – Spectral Enhancer – Overview

5つのバンドのいずれかを調整して、オーディオプロセスを1つまたは最大5つのバンドに追加します。

調整可能なQを使用すると、エフェクトを広範囲から鋭いシャープに変更できます。

Spectreは、個々のトラック、サブミックス、ミックス全体で使用でき、マスタリングに最適です。

解説動画

この2分間のビデオチュートリアルでは、Waves FactoryのSpectreで、オーディオ信号にハーモニックサチュレーション(高調波の彩度と歪み)を加えることで、非力なノートブックPCや携帯電話のスピーカーでも、サブベースを聞こえるようになることを示しています。

WavesFactory Spectreを使用し小型スピーカー用ベースのミキシング(5分):

TMT | Mixing Bass for Small Speakers with Harmonic Saturation Tutorial | WavesFactory Spectre

新着レビュー動画(16分):

Wavesfactory Spectre Review

Spectreはプリセットが豊富なので、プリセットを起点に調整を加えていくことで作業を完了させることができます。

Waves Factory Spectreについて

サウンドを彩るツール「Spectre」

Spectre は、エンハンサーの最高の機能とグラフィカルなパラメトリック EQ を組み合わせたサウンドシェイピングツールです。

EQ的に使用して周波数スペクトルの領域を特定することができるユニークなプラグインです。

また、周波数範囲を上げると、ハーモニックサチュレーションを追加してオーディオシグナルに(カラフルに)色づけすることもできます。

これは多くの場合においてに非常に便利です。

Spectreは、入力信号とEQ信号の差を処理し、クラシカルな録音ハードウェアに基づいたさまざまなサチュレーション・アルゴリズムから、スペクトルの一部だけにハーモニック成分を導入します。

個々のトラック、サブミックス、ミックス全体で使用でき、マスタリングにも最適です。そしてMS処理も可能。

マスタリング時、中音域をクリーンにしながら、低音や高音域を別で扱いたいことがよくあります。

Spectreはこのようなケースにも対応しています。

低音部分のみを絶妙にファットにさせることができます。

加えて、カラーの設定で、より音楽的な効果をもたらすことが出来ます。

Spectreの1つの部分で多くの処理を追加すると、他のパートがわずかにバランスを失うことがあるため、Spectreを従来のEQと組み合わせて使用​​すると有益な場合もあります。

たとえば、高音域と低音だけを強調する場合は、EQを使用してこれらのリージョンのレベルを少し下げるか、クリーンなミッドを強調する必要があります。

Spectreは個々のトラックでも使用可能ですが、包括的なミックスを心地よいものにするための非常に強力なプラグインでもあります。

マルチバンド・エンハンサー

Spectreは従来のEQとは異なります。

Spectreは、オリジナルの録音にはなかったハーニック・コンテンツを導入し、従来のEQでは不可能だったサウンドに色と生命力をもたらします。

このように、オーディオのスペクトル全体にわたってほとんどファントムコンテンツを提供することができるため、Spectreという名前が付けられました。

Spectreは、入力されたオーディオを5バンドのパラレルEQで処理し、この信号とドライ入力の差を抽出し、10種類のサチュレーションアルゴリズムのうちの1つで処理します。

その後、ドライ入力とのミックスを行います。その結果、大きくて温かみのある低域、キラキラと輝く高域、パワフルな中域を持つ、個性と色に満ちた信号が得られます。

冴えない録音を生き返らせたり、小さなスピーカーに適した低音トラックを作ったり、ミッド/サイド・マトリックスのおかげでハイエンド・ステレオ・ワイドナーとしても機能します。

Spectreを使えば、簡単で親しみやすいEQワークフローでトラックのサウンドを作り上げることができます。

10種類のサチュレーションアルゴリズム

Spectreは単純なエンハンサーよりも汎用性が高く、10種類のサチュレーション・アルゴリズムからバンドごとに異なる色を選択することができます。

Spectreは、バルブの暖かみのあるサウンドから、厳しいデジタル・クリッパー、クリーミーなテープ・サチュレーションからチップ・ビット・クラッシャーまで、様々なサウンドを作り出すことができます。

十種類のサチュレーションを搭載:

  • Tube
  • Warm Tube
  • Solid
  • Tape
  • Diode
  • Class B
  • Bit
  • Digital
  • Rectify
  • Half Rectify

Spectreには、便利な追加モードがあります。。

それは、Clean です。

このモードでは、差動信号を飽和させず、Spectre をパラレル EQ に変換し、まるで何の処理もしていないかのような極めて自然な結果をもたらします。

従来のEQプラグインのようなキツさは取り除かれ、パラレル・プロセッサーのような甘さがもたらされます。

サウンドを向上させる

オプションの4倍と16倍のオーバーサンプリング・モードは、アグレッシブな設定でもエイリアシングのない原始的なオーディオ・クオリティを提供します。

3つのサチュレーション・モード(微妙、中程度、攻撃的)を搭載しており、トラックを素早く暖めることができます。入力と出力のボリューム・パラメーターで高調波の量を調整することで、より正確なゲイン・コントロールが可能です。

「ディエンファシス」モードでは、ディストーション状態になった後の EQ ブーストを補正します。

実際には、ディストーションのスタイルや追い込み具合に応じて、EQブーストの効果が減少したり、完全に除去されたりすることを意味します。

既存のコンテンツのレベルを変更することなく、スペクトルの一部にハーモニクスを追加することができます。

Spectreはバンドごとに処理することができます。

  • モノラルとステレオの信号
  • 左または右チャンネルのみ
  • ミッド/サイドチャンネルのみ
  • 究極のエンハンサーと言っても、本当の意味でのエンハンサーです。

MusicLadarさんによるレビュー記事リンク:

https://www.musicradar.com/reviews/wavesfactory-spectre

ハーモニック・エンハンサーのコンセプトを独創的にアレンジしたもので、驚異的な効果を発揮し、サウンドが破綻することはありません。

長所:

  • 革新的なEQ/エンハンサー機能
  • 8つの優れたサチュレーション・アルゴリズム
  • ステレオ、左、右、中、サイドチャンネルの処理
  • 16倍のオーバーサンプリングはコストがかかりません

欠点:

  • モニタリングやI/Oの可視化はありません。

システム要件

Mac

  • 10.7以上(64ビットのみ)
  • VSTやAU、Pro ToolsをホストできるDAW
  • インテルプロセッサ

Windows

  • Windows 7、8または10(64ビットのみ)
  • VSTプラグインをホストできるDAW、またはPro Tools

重要な注意:このソフトウェアは64ビットのみで、32ビットシステムでは機能しません。

セール情報

通常価格:99ドル

セール特価:69ドル

主なセール価格の推移:

  • 20218年10月:119ドル→79ドル
  • 20218年11月:119ドル→57ドル
  • 20219年7月:119ドル→79ドル
  • 2019年11月:114ドル→54ドル
  • 2020年7月:99ドル→69ドル
  • 2020年11月:99ドル→49ドル

関連記事: