【37%OFF】ZPLANE『Retune』リアルタイムマルチピッチシフトFX(和音のキーやスケールを自由に変換できるプラグイン)

ZPLANEのリアルタイムマルチピッチ修正ツール『Retune』。

和音のキーとスケール変換を行うことができるエフェクトプラグインです。

2022年9月23日:

「ZPLANEサマーセール 2022」で、37%OFFのセールになっています。

*セールは日本時間の10/16(日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

「Retune」リアルタイムマルチピッチ修正ソフトウェア

Retuneは、ピッチ補正技術のパイオニアzplane社のリアルタイムマルチピッチシフト・ツールです。

reTuneを使用すると、オーディオサンプルのピッチの内容にフルアクセスでき、各入力ピッチをクロマスケールの他のピッチにマッピングできます。これらはすべてリアルタイムで行えます。

この機能により、オーディオを任意のターゲットキー(DメジャーからC#マイナーなど)に再調整したり、ピッチの内容を好きなように変更するためのクリエイティブなツールとして使用したりできます。

入力オーディオのキーがわからない場合は、reTuneにキーを推定させることができます。

さらに、reTuneはピッチを最も近い半音にクオンタイズするピッチ補正ツールとしても機能します。

追加のコントロールには、ピッチ補正の感度、トランジェントの処理、ピッチ輪郭の平滑化などの各機能が搭載されています。

言葉より動画の動画分かりやすいと思います。

ZPLANE『Retune』の解説動画(日本語)

ZPLANE『Retune』の特徴

  • リアルタイム処理

  • zplaneのTONART V2を使った自動入力キー検出を搭載

  • 完全に設定可能な入出力ピッチマッピング

  • メジャー/マイナースケール、教会モード、ジプシーおよびクロマスケールのプリセット

  • ピッチ検出感度、トランジェントレベル、ピッチコンタースムージングのコントロール

  • 最も近い半音への自動ピッチ補正

システム要件

Windows

  • Windows 10 – 11
    VST2、VST3、および AAX 形式
    最小 CPU – 2GHz

Mac

  • macOS 10.15 Catalina – macOS12 Monterey (Intel & M1 Apple Silicon 対応)
  • VST2、VST3、AU、AAX フォーマット
  • 最小 CPU – 2GHz

追加要件

  • オーディオ フォーマット – 1 ~ 2 チャンネル (I/O)、44.1 ~ 192kHz のサンプル レート
  • プラグイン・レイテンシー – 140ms

musicradarのレビュー記事リンク

(高品質で簡単に使えるピッチ調整プラグインでは唯一のもの。 楽しい使用感。)

長所:素晴らしいリピッチング(再ピッチング)とキーチェンジング(キー交換)機能。

ポリフォニック素材を処理できます。 使いやすい。 汎用性が高い。 たくさんのクリエイティブなツール。

短所:リアルタイムMIDIコントロールなし。フォルマント調整なし。

日本語紹介ページ:リットーミュージック様

デモ&レビュー動画

セール情報

通常価格:165ドル

セール特価:109ドル(37%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

主なセール価格の推移:

  • 2019年8月:165ドル→119ドル
  • 2019年11月:165ドル→115ドル(ブラックフライデーセール)
  • 2020年8月:165ドル→115.5ドル(zplane十周年記念セール)
  • 2020年9月:165ドル→89ドル
  • 2020年10月:165ドル→115ドル
  • 2021年5月:165ドル→95ドル
  • 2022年6月:165ドル→89ドル