Zynaptiq『MORPH 2』シンプルな操作と最先端の高解像度アルゴリズムで奇抜な音を作り出せるストラクチュアル・ルモーフィングFX

Zynaptiqのリアルタイム・ルモーフィングFX『MORPH 2』が40%OFFのセールになっています。

ブラックフライデー時に他の製品とのバンドルでセールになって以来。単体ではとても珍しいセールです。

*6月7日(月曜日)夕方までの短期セールです。

(評価の高い優れた製品ですがCPU負荷は高めです。)

スポンサーリンク

MORPH 2:ストラクチュアル・ルモーフィングFX

【日本語字幕付き】紹介動画(3分):

Zynaptiq Morph 2製品概要(日本語字幕版)

MORPH 2は、ストラクチュアル・オーディオ・モーフィング用のリアルタイム・プラグインであり、モーフィング効果の様に様々な音の姿を別の姿へと変化させます。

5種類のモーフィング・アルゴリズム、驚くほどクリーンなフォルマント・シフター、人気の高いビンテージ・ハードウェア・ボックスをイメージさせるリバーブを搭載したMORPH 2は、全く新しいサウンド・デザインの可能性を広げます。

シームレスなモーフィング・トランジション、既存のサウンドの様々な要素を組み合わせた新しいハイブリッド・サウンド、物理的には実現不可能なインストゥルメント音、奇妙なクリーチャー・ボイスやロボット・ボイス、トークボックスの様なエフェクト、その他珍しいユニークなサウンドをデザイン可能。

映画やゲームのサウンド・デザイナーや、既存のレコーディング素材から新しいサウンドを生成したい音楽プロデューサーやリミックス・アーティストにMORPHは理想的です。

紹介動画(3分11秒・日本語字幕可能):

Real-Time Structural Audio With Zynaptiq MORPH 2

MORPH 2.0は、サウンド開発の可能性を広げてくれる、構造的なオーディオモーフィングのためのリアルタイムプラグインです。

レビュー動画(5分22秒・日本語字幕可能):

Review – MORPH 2 By Zynaptiq

このビデオレビューでは、Pro Tools Expertチームのダン・クーパーが、Zynaptiq社のMORPH 2を紹介します。

Morphとは?一言で言えば、Morphは2つのオーディオソースをリアルタイムに組み合わせることができるプラグインです。

Zynaptiq社はこのプロセスを、引用して次のように説明しています。

『ある物体がゆっくりとその形を変えて別の物体になっていくのと同じような音です。』

このビデオの例で、MORPHがどのように動作するかを聞いてみましょう。

MORPHは非常にユニークなプラグインで、私は型破りのユニークなツールが好きです。このような製品を他に比較することができないので、どの機能にも欠点は見当たりません。

ミュージシャンである私にとっての結論は、Morphがパフォーマンスツールであると感じることです。また、サウンドデザイナーやライブDJも同様に多くのものを得ることができるでしょう。

デモ&解説動画(7分28秒・日本語字幕可能):

MORPH 2 Real-Time Audio Morphing Plugin By Zynaptiq – Show & Reveal

Zynaptiq『MORPH 2』について

リアルタイム・ストラクチュラル・オーディオ・モーフィング

MORPH 2は、構造的なオーディオモーフィングを行うためのリアルタイムプラグインです。

5つの異なるモーフィングアルゴリズム、驚くほどクリーンなフォルマントシフターを搭載しています。

また、音楽家なら尊敬の念を集めるビンテージハードウェア・ボックスのようにサウンドを拡張する豊かなリバーブも搭載しています。

このMORPH 2は、まったく新しいサウンドの世界を開拓します。

シームレスなモーフィング・トランジション、既存のサウンドの要素を組み合わせた新しいハイブリッド・サウンド、物理的に不可能な楽器の音、究極のクリーチャーやロボットのボイス、トークボックスのようなエフェクトなど、並外れた独自性のある新しいサウンドを生み出すことができます。

映画やゲームのサウンドデザイナーが特徴的なサウンドを求めている場合でも、音楽プロデューサーやリミックスアーティストが既存の録音から新しいコンテンツを作りたい場合でも、MORPHはあなたのためにあります。

主な機能

  • 5つのユニークな機能を意識した構造的オーディオモーフィングアルゴリズム。

  • 2つの入力チャンネル間、または入力とサイドチェーン間でモーフィング。

  • クロスフェードオプション付きデュアルモーフィング回路。

  • 高品質なフォルマントシフター

  • 最先端の信号変換技術を採用し、優れた忠実性と明瞭性を実現。

  • 両方の入力を出力にミックスしたり、ソロに切り替えることができます。

  • ビルトイン・ホール・リバーブ。

  • 完全にリアルタイムなので、すぐに効果が得られます。

  • MORPH 2 X/Y モーフィング・コントロール
シェイプシフター

MORPHは、AとBの2つの入力信号を受けて、円がだんだん四角になっていくように、両方の特徴を持った新しいサウンドやトランジションを作り出します。

歌うギター、しゃべる犬、主電源のハムで作られたシンバルなど、選択肢は無限です。

MORPHは、AとBの2つのモーフィングトランジションを同時に計算します。1つはAから始まってBになるようにシェーピングし、もう1つはBから始まってAになるようにシェーピングします。

さらに、2つのトランジションをクロスフェードさせることで、サウンドの選択肢がさらに広がります。プラグインを挿入し、ルーティングを設定すれば、すべてがリアルタイムで実行されます。

3種類のモーフィング・アルゴリズムで全く新しいサウンドの世界を実現

MORPH 2.0には、3種類のモーフィング・アルゴリズムが搭載されています。

そのうちの2種類には、独自のサウンド・キャラクターを持つ低レイテンシー・バージョンが追加されています。これにより、合計5種類のサウンド・ハイブリッドが楽しめます(A-to-BとB-to-Aのサウンドが異なることを考えると、実質的には10種類にもなります)。

さらに、新たに追加された「Amplitude Sensitivity」、「Complexity」、「Formant Shift」などのパラメーターを加えれば、ユニークなサウンドを生み出すことができます。

強力なフォルマント・シフター

MORPH 2のフォルマント・シフターは驚くほど優れたものです。

ボイス、ドラム、楽器、フィールドで撮影したSFXなど、どのように使用しても、常に自然でフォーカスされたサウンドを得ることができます。

そして、サウンドのディテールをすべて保持し、従来のフォルマント・シフティングのアプローチに見られるグラニュラーや「スペクトル・ブラー」のようなアーティファクトは一切発生しません。

これをお読みになっている方は、オーディオに造詣の深い方だと思いますが、MORPH 2のフォルマントシフターを一度お聴きになれば、きっとその魅力に取り付かれることでしょう。

複雑な数学的作業を簡単に

MORPHの使用方法、ほぼワンコントロール。とても簡単です。

とはいえ、そのプラグインの背後では、非常に深い数学的作業が行われています。

「オーディオ・モーフィング」という言葉は広く使われていますが、一般的にはパラメータ値やスペクトルデータを単純に補間することを指します。

MORPHは、数学的には非常に複雑でありながら、まったくユニークな結果をもたらす、まったく異なるアプローチをとっています。

例えるならば、2つの入力に対してリアルタイムにワイヤーフレームモデルを作成し、一方のモデルをもう一方のモデルになるように成形することで、一方の音をもう一方の音に構造的に変換するのです。

サウンドの変換パワーを、あなたの指先で実現するために。

このプラグインでできること

では、このプラグインは何のためにあるのでしょうか?

一言で言えば、従来のクロスフェードとは一線を画した、今までにない新しいサウンドやスムーズで心地よいトランジションを生み出すことです。

スピーチと他のサウンドを組み合わせてクリーチャーボイスを作成したり、ドラムループの特徴をサスティーンパッドに適用したり、アンビエンスやSFXをシュールな中間ステージでトランジションさせたり、ハイブリッドなリズムやインストゥルメントを作成したり様々な制作を行うことができます。

MORPH 2.0のアップデートにより多くの新機能が追加

  • MORPHはZynaptiqブランドの製品になりました – zynaptifiedされています。


  • Mac OS X & Windowsで、AAX Native(ASを含む)、RTAS、VST、AUの各フォーマットに対応しました。


  • 新しいINTERWEAVE、TIGHT、CLASSIC (Low-Latency)、INTERWEAVE (Low-Latency)モーフィングアルゴリズム。


  • オリジナルのCLASSIC Morph 1.xアルゴリズムの解像度が向上しました。


  • 新しい高品質なFormant-Shifter。


  • 振幅感度と複雑さのパラメーターを追加し、モーフィングのプロセスをより詳細にコントロール


  • リバーブパラメーターをシームレスにコントロールできるようになりました。


  • リバーブセクションのダンピングパラメーターを追加


  • ミキサー部のシグナルフローを再設計


  • 新しいプリセットマネージャー


  • 洗練された新しいユーザーインターフェース


  • 機械またはiLok 2ベースの認証にPACE EDENコピープロテクションを採用


  • 基本的にすべてが新しくなりました。

レビュー記事リンク

Musicradarによるレビュー

簡単に言うと、キャリア信号の特性をモジュレータ信号に適用して、スムーズなトランジションを行い、ハイブリッドな “in between “サウンドを作り出すプラグインです。

アンビエンス・サンプルとそこそこのシンセ・パッドをブレンドして、ペアからゴージャスなテクスチャーを引き出すことができます。

ボコーダーに似ていますが、最先端の高解像度アルゴリズムを使用して、他に類を見ない詳細なレベルでミューテーションを生成することができます。

典型的なボコーダースタイルのトーキングシンセができないというわけではなく、むしろそれ以上のことができるのです。

このプラグインは、あなたのシステムに負担をかけるかもしれませんが、パワフルで美しく、ユニークなサウンドです。懐に余裕があれば、ぜひ手に入れてください。

一風変わったサウンドを愛する人にとってはマストアイテムとなるでしょう。

長所:

  • フォルマントシフト機能。非常にシンプルな操作性。
  • モーフを詳細にコントロールできます。
  • 優れたボコーダーになる。

欠点:

  • CPU使用率が高い。
  • すべての素材に対応しているわけではない。
  • VST3バージョンがない

soundonsoundによるレビュー

メロディーや持続する和音のソースには、クラシックが最も豊かで充実したサウンドを提供します。

一方の入力にボーカルトラックを、もう一方の入力にざわついたソロシンセを選び、X-Yスコープを右中央に振ると、ボーカルは突然シンセのピッチや抑揚(コードを演奏すればハーモニーも)に適合し、しかも明瞭度は失われません。

他にも、ピアノとギター、パッドとアンビエント・フィールド・レコーディング、ドラムとアルペジオ・シンセサイザーなど、様々な組み合わせが考えられます。

刺激的であり、さらに重要なのは、それらすべてからコントロール可能な結果が得られるということです。

私自身、Morphを使ってみて、あごが外れそうになったり、「すごい!」と思わず声が出てしまったりすることがよくあります。

参考ページリンク:

https://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?t=502757

システム要件

Windows

  • Windows 7以降のOS
  • 2コア以上のCPU(インテル製CPUを推奨、i7以上を推奨)
  • Steinberg VST 2.4、VST 3またはAvid RTAS/AAX互換のホストソフトウェア
  • AAX Native 32-bitの場合、Pro Toolsのバージョンは10.3.6以上となります。
  • マシンまたはiLok 2ベースのアクティベーションのためのiLok.comアカウント(製品版および体験版) ILOKキーは必要ありません。
  • ソフトウェア・アクティベーションのためのインターネット接続(ただし、オーディオに使用するコンピューターでなくても構いません

Mac

  • Apple Macコンピュータ
  • OSX 10.8.x以降のバージョン
  • 2コア以上のIntel CPU、i7以上を推奨。
  • Apple AU(Audio Units)、Steinberg VST 2.4、VST 3またはAvid RTAS/AAX互換のホストソフトウェア
  • AAX Native 32bitの場合、Pro Toolsのバージョンは10.3.6以上となります。
  • マシンまたはiLok 2ベースのアクティベーションのためのiLok.comアカウント(製品版および体験版) ILOKキーは必要ありません。
  • ソフトウェア・アクティベーションのためのインターネット接続(ただし、オーディオに使用するコンピューターでなくても構いません

フォーマット

(MORPHは様々なフォーマットに対応しています)

Mac OS X

  • Apple AudioUnits (32/64bit)
  • Avid RTAS
  • Avid AAX Native(AudioSuiteを含む)(32/64bit)
  • Steinberg VST 2.4(32/64bit)

Windows

  • Avid RTAS
  • AudioSuiteを含むAvid AAX Native (32/64bit)
  • スタインバーグVST 2.4(32/64bit)
  • Zynaptiq MORPH 2 プラグインのスクリーンショット

チャンネルレイアウト

MORPH 2は、各プラグインフォーマットの特性に対応するため、MORPHとMORPH SC(サイドチェーン)の2つのバイナリが用意されています。

  • AU:デュアルモノ(MORPH)、ステレオ+ステレオサイドチェイン(MORPH SC)
  • RTAS:デュアルモノ(MORPH)、ステレオ with モノラルサイドチェイン(MORPH SC)、クアッドトゥステレオ(MORPH)
  • AAX Native:デュアルモノ(MORPH)、ステレオウィズモノシーチェーン(MORPH SC)、クアッドトゥーステレオ(MORPH)
  • VST:デュアルモノ(MORPH)、クアッドトゥステレオ(MORPH)

コピープロテクション

MORPH』は最新のPACEコピープロテクションを採用しており、アクティベーションをお使いのマシンやiLok 2*(別売)に配置することができます。

デモを含むソフトウェアを使用するには、iLok.comの無料アカウントが必要ですが、インターネットにアクセスできるマシンであれば、iLok 2のドングルは必ずしも必要ではありません。

必要なソフトウェアはすべてプラグインと一緒にインストールされますが、通常はiLok.comから直接最新版をダウンロードすることをお勧めします。

注意:古い第一世代(青)のiLokはサポートされていません。

セール情報

通常価格:169ドル

セール特価:99ドル(40%OFF)