【5/31(金)まで】凄い魔法のプラグイン『Zynaptiq UNFILTER』50%OFF

 

セールは、2019年5月31日(金曜日)夕方ごろ終了予定です

⬇️
6月1日(土) 1:00 AM 追記:まだセール継続しています。
6月1日(土) 13:20 追記:セールは終了しました。

 

Zynaptiq社のUNFILTER。驚きのプラグインです。。これ、どんな仕組みになっているんだろう?

 

よかったら、この4分少々の動画をご覧になってみてください。(日本語字幕付きでわかりやすいです。)

⬇️

Zynaptiq Unfilter:Unfilterの概要(日本語字幕版)

 

まさに魔法です。。

  

  • UNFILTERは、極めて複雑な周波数特性の問題さえも改善可能。レゾナンスのあるバンドパスフィルタのかかったサウンドから、そのフィルタを除去することが可能。
  • UNFILTERは、素材の状況を自動で認識し、Intensity コントロールを調整するだけで、フィルターを簡単に除去することが可能。
  • マスタリング・グレードのフリーハンドEQで結果の微調整も、、詳細な表示のアナライザディスプレイで、倍音成分も確認可能。

  

  • ナレーションの聞き取りやすさの調整にも適しています。数秒でクリアに補正が可能。

 

  • UNFILTERは、ローパスフィルタがかかったサウンドからそのローパスフィルタをも除去できてしまいます。
  • コムフィルタリングによるピークやノッチも除去可能。

 

そして、特定のサウンドのフィルタ特性を、別のサウンドに適用することも可能。

UNFILTERが録音素材に含まれるレゾナンスを分析

⬇️

オリジナルのサウンドをピンクノイズと交換し分析結果を適用

⬇️

レプリカを作成でき、バックグラウンドや編集点の隙間を埋める為にも使用が可能

   

ギターアンプの録音素材(キャビネットによる色付けがはっきり分かる)

UNFILTERでは、キャビネット要素を録音素材から除去することが可能

⬇️

そのキャビネットサウンドを別のシンセのサウンドに適用することも可能になっています。

 

シンプルなシンセサウンドを入力信号に使用して、UNFILTERでキャビネットのカラーを適用することも可能。(先進的なサウンドデザインやサウンドの実験が捗る)

  

ローミッドが厚すぎて明瞭さに欠けるサウンドを、UNFILTERで周波数特性のバランスを整えれば、隠れていたディテールがあらわになります。

  

詳細解説:

Zynaptiq UNFILTER
UNFILTERは、コム・フィルター、レゾナンス、過度なイコライゼーションなどのフィルター効果を除去し、シグナルの周波数特性をリニア(直線状)にするリアルタイム・プラグイン。検出したフィルター特性を別のシグナルに適用したり、インパルス・レスポンスとしてディスクに書き出したり、さらにはマスタリング・グレードで自由曲線のア...
「ZYNAPTIQ Unfilter」製品レビュー:過剰な処理などによる音質変化をリニア特性へ補正するプラグイン | プラグイン・エフェクト
昨年3月号でレビューしたZYNAPTIQのリバーブ除去プラグイン、Unveilは素晴らしかったです。今回試すのは同社のUnfilter(Audio Units/VST/RTAS/AAX/AudioSuite対応)。リアルタイムで不自然な音を

 

   

凄過ぎる。。音楽制作における多様な場面で使える。活用方法は無限大。(個人的には買うしかなさそう。。)

   

PluginBoutiqueにて、半額セールになっています。

通常価格 :389ドル

セール特価:149ドル(半額)

*£5.92(813円)ポイント付き

  
 
Mr. Bill Plugin Review: Zynaptiq – Unfilter

 

コメント