Black Friday 終了間近のセール一覧

Zynaptiq 『UNFILTER』魔法のリバーブ除去&ブーストツール

『Zynaptiqのブラックフライデーセールが来ました。

マジカルなプラグイン『UNFILTER』がセール対象です(58%OFFで最安タイ。)

UNFILTERは、音楽制作、映画制作、ゲームオーディオ、放送、サウンドデザイン、フォレンジック、エンジニアリングなど、時間のかかる作業や不可能な作業を助けてくれる魔法のツールです。

*11月27日(土曜日)19時頃までの短期セールです。

スポンサーリンク

Zynaptiq『UNFILTER』

UNFILTERとは?

Adaptive Tonal Contour Linearization(適応型色調線形化)

UNFILTERは、元のトラックに適用されているエフェクト(コームフィルタリング、レゾナンス、過剰なイコライゼーションなどのフィルタリング・エフェクト)を除去し、効果的にシグナルの周波数特性を自動的にリニアにするリアルタイム・プラグインです。

検出されたフィルター・レスポンスを別の信号に適用したり、インパルス・レスポンスとしてディスクにエクスポートしたり、マスタリング・グレードのアダプティブ、フリーフォーム、グラフィック・イコライゼーションを実行することもできます。

音楽制作、映画制作、ゲームオーディオ、放送、サウンドデザイン、フォレンジック、エンジニアリングなど、時間のかかる作業や不可能な作業を、UNFILTERは、簡単にします。

紹介動画

Zynaptiq社のUNFILTER。驚きのプラグインです。。これ、どんな仕組みになっているんだろう?

メーカによる紹介動画(日本語字幕付き・4:19):

このビデオでは、Unfilterの応用例をレクチャーしています。

UNFILTERは、コム・フィルター、レゾナンス、過度なイコライゼーションなどのフィルター効果を除去し、シグナルの周波数特性をリニア(直線状)にするリアルタイム・プラグイン。

検出したフィルター特性を別のシグナルに適用したり、インパルス・レスポンスとしてディスクに書き出したり、さらにはマスタリング・グレードで自由曲線のアダプティブ・グラフィック・イコライゼーションを実行することさえ可能です。

音楽制作、映画制作のポストプロダクション、MA、ゲーム、放送、サウンド・デザイン、科学捜査、エンジニアリングなど、UNFILTERなら使用対象となる分野に関係なく、多大な時間を要し不可能でさえあった修復タスクを、1つのコントロールを操るだけの簡単操作で実行できます。

Zynaptiq Unfilter:Unfilterの概要(日本語字幕版)

まさに魔法です。。

音楽制作における多様な場面で使える。活用方法は無限大。(ただしCPU付加は高めなので注意してください。)

(おわびと訂正:当記事にUnfilterとは無関係のunveilの動画が掲載されていました。すみませんでした💦。F様ご指摘ありがとうございます!大変助かります。感謝です。)

UNFILTERの詳細

UNFILTERの主な機能

  • 共振、イコライゼーション、ロールオフ、コームフィルタリングの影響を音楽、ロケーション、ダイアログ、監視録音から自動的に検出し、除去します。


  • 測定されたフィルター応答を他の信号に適用して、同じ「音響の世界」に配置します。


  • 測定したフィルター応答をリニアまたは最小位相のインパルス応答ファイル(WAV)にエクスポートしたり、インポートしたりすることができます。


  • マスタリング・グレードのアダプティブ、フリーフォーム、グラフィック・イコライゼーション。


  • 極めて急峻な96dB/オクターブのシェルビング・ハイパス・フィルター。


  • バッチ処理アプリケーションでの監視なしでの使用のための出力リミッター


  • 時間効率の高いワークフローとUI

(映像、音楽制作/マスタリング、サウンドデザイン、放送、フォレンジックなどのサウンドにおけるUNFILTERの使用例の概要については、UNFILTERのアプリケーションページをご覧ください。)

Set It Straight

UNFILTERは、共振やEQ、フィルター・エフェクトなど、元の信号に含まれない周波数特性の異常を自動的に検出します。

コントロールを1つ調整するだけでこれらを除去することができ、残りの信号はほぼそのままにしておくことができます。

その結果、これまで問題のあった録音や使えなかった録音を良い音に、良い録音を良い音にすることができます。リアルタイムで、最小限の労力で、Zynaptiqスタイルで。

Make It So

UNFILTERは、測定されたフィルターレスポンスをある録音から別の録音に適用することもできます。

また、測定されたフィルター応答をノイズに適用して、編集の隙間を埋めるためのルームトーンを作成することもできます。

もちろん、フィルター応答を、ライナーまたは最小のフェーズ・インパルス・レスポンス・ファイルとしてディスクに保存し、いつでも自由に使える「colors(色彩)」のライブラリを構築することもできます。

プロダクションダイアログにADRをブレンドさせたり、ギターの音を別の音の一部のように聴かせたり、新しいサウンドを作ったりする場合でも、UNFILTERがあれば、この作業を素早く簡単に行うことができます。

More Equal

UNFILTERはEQでもあります。

3つのマスタリンググレードのEQと優れたハイパスフィルターを搭載しています。

ひとつは、その(アン)フィルタリングエンジンです。オーディオの再生中に継続的に自身を調整する適応型プログラムイコライザーとして機能します。

これは、例えば放送アプリケーションでミックスされた音楽をストリーミングする場合など、時間の経過とともに変化するオーディオを扱う際に、バランスのとれたスペクトルを維持するのに役立ちます。

第二に、UNFILTERには、超緩やかなスロープから狭いノッチ、ブリックウォールのようなステップまで、様々なカーブ補間モードを備えたフリーフォームEQが搭載されています。

3つ目は、7バンドのグラフィックEQです。オクターブあたり96dBの超急峻なシェルビング・ハイパス・フィルターを搭載し、低域のランブルを効率的に除去することで、その下に何かがあったことを忘れさせることさえ可能です。

Rocket Science

UNFILTERはどのようにしてそれらを行うのでしょうか?

技術的には、リアルタイムのブラインドデコンボリューションを実行します。これは最先端の研究機関でもめったに見られない技術です。

この技術により、UNFILTERはオーディオをよく見て、その周波数特性に何が起こったかを推定し、そのプロセスを元に戻すフィルターを作成することができます。

この技術はロケットサイエンス的なものと言えるでしょう。

操作が難しくなりがちなテクノロジーですが、UNFILTERはそれを簡単に使用でき、優れたサウンドを作ることができます。

Lightspeed

UNFILTER UIは非常に高速で使いやすいツールです。

トラックボールのスライダーを1つ調整するだけでEQの補正を数秒で行うことができます。

また、高度なカスタマイズのために、すべての機能とコントロールは細部に至るまで細心の注意を払って設計されており、最適なワークフローと結果を得るために微調整が行われています。

どのコントロールを動かしても、適切な設定に簡単に到達することができますUNFILTERはライフセーバーなだけでなく、優れた時間の節約にもなります。是非お試しください。

UNFILTERのアプリケーション

UNFILTERは、幅広いアプリケーションを持った、非常に汎用性の高い周波数応答ツールです。

Sound For Picture、音楽制作とマスタリング、サウンドデザイン、放送とフォレンジックなど。

Sound For Picture

UNFILTERはオーディオポストの真の主力製品です。周波数応答の異常を自動的に認識してくれるので、プロダクションサウンドをクリーンアップしたり、特にダイアログの明瞭度を高めるのに非常に役立ちます。ここでは、いくつかのシナリオの例を紹介します。

  • 複数の「オープン」マイクを1つのisoトラックにミックスしたり、反射面に近接していることで発生するコムフィルタリングを除去します。


  • 部屋の形状や、軸外の反射面の近くでショットガンマイクを使用していることに起因する共振を除去します。


  • 録音パスのロールオフとラヴマイクの胸部の共振を取り除きました。


  • ダイアログと背景音のレベル分離を高めます。


  • ADRを本番のダイアログとより良くブレンドします。


  • ルームトーンを合成して編集のギャップを埋めたり、測定されたフィルターレスポンスをノイズに適用してADRとのレイヤリングを行います。


  • クラウドアトモス、ウォラ、または密集した雰囲気をダイアログとの衝突を少なくします。


  • ルームフィルタリング効果を強調することで、背景音の見かけ上の距離を操作できます。


  • “SFXやフォーリー録音を「世界化」します。


  • イコライゼーションやローカットフィルタリングのタスクを高速化


  • 再生システムの周波数特性に依存する共振を除去することで、テレビやPCのような標準化されていない再生環境へのミックス変換を改善。


  • 高価なミキシング・ステージの時間を節約します。

音楽制作・マスタリング

音楽制作やマスタリングでは、信号の周波数特性を微調整することが最も一般的な作業の一つです。

アコースティック楽器のレコーディングやライブパフォーマンスでは、不要なピークやノッチが見られることがよくあり、曲の中の楽器は通常同じキーで演奏されているため、関連する音程の基礎やハーモニクスがある周波数範囲に過度の蓄積が見られます。

また、クライアントが処理されたトラックを配信している場合、「ミックスの中で修正する」ためにできることが限られているかもしれません。

UNFILTERは周波数特性の異常を自動的に認識し、高精度のフィルタリングエンジンを搭載しているため、これらの問題に柔軟に対応することができます。

以下にUNFILTERでできることの一例をご紹介します。

  • アコースティック楽器やライブ演奏の録音から共振やその他の周波数特性の問題を取り除く。


  • ミックスダウンやマスタリングのために送られてきたトラックに印刷されたEQやフィルターを除去する。


  • ギターキャビネットの着色を除去したり、DIギターに適用できる。


  • あらゆるソースに修正EQを数秒以内に適用できる。


  • サウンドの色付けを誇張して、そのサウンドの周波数の「window(窓)」にしっかりと収まるようにします。


  • サブミックスやミックスからローミッドのビルドアップを除去し、サウンドの “ボディ “を失わないようにします。


  • 1曲または複数曲のスペクトルのバランスを調整


  • アウトボードEQや他のシグナルパスの周波数特性をキャプチャし、インパルス・レスポンス(WAV)として保存または適用。


  • アコースティック・ベースドラムの自然なローエンドを強調。


  • ベースやアコースティックギターなどのコーパスレゾナンスに起因するスペクトルピークを除去


  • 異なるレコーディング・セットアップで作成したオーバーダブに、トラックの測定されたフィルター・レスポンスを適用して、それらをより良くブレンド。


  • 広範囲ななサウンドデザインに使用できる。

サウンドをデザインための優れたツール

UNFILTERは信号のスペクトルコンターを完全に再構築したり、サウンドからフィルターレスポンスを抽出して別のファイルに適用したり、サウンドに含まれるノイズ成分をソロにしたりすることができます。

サウンドをデザインための優れたツールです。

ここでは、UNFILTERがどのようにしてユニークな新しいサウンドを作り出すのに役立つか、いくつかのアイデアをご紹介します。

  • サウンドからフィルターの応答曲線を抽出し、それを別のサウンドに適用する。


  • サウンドから自然なコーパスレゾナンスを取り除き、別のものを適用する。


  • シンセのローパスフィルターを後から開いたり閉じたりする。


  • 通常は他の特徴の陰に隠れている音の側面を引き出す。


  • サンプルサウンドからフィルターのレスポンスを抽出し、ノイズや他の広帯域の擬似/サイクロ静止音に適用することで、ドローン、ヒス、ランブルを合成。


  • NOISE MONITORを使用して、サウンドのノイズ成分を分離。


  • 1つのファイルから複数のオブジェクト・ステート・サウンドを生成して、ゲーム・オーディオ用に使用できます。


  • 静的なサウンドの周波数応答をアニメーション化して、より「生き生きとした」サウンドにします。


  • ゲーマーPCなどのコンシューマー向け再生システムへの翻訳を改善します。



  • 一般的に、これまでにない精度でサウンドの周波数特性を微調整します。

放送・ENG(電子的ニュース取材)にも対応

オーディオを放送する際には、一貫性のあるバランスのとれたオーディオスペクトラムを維持し、ダイナミクス処理、コーデック、再生装置を含むすべてのダウンストリームシステムの最適なパフォーマンスを確保することが重要になります。

そしてその中でも特に重要なことは、高品質で一貫性のある疲れないリスニング体験を視聴者に提供することです。

使用される映像の音響特性は、控えめに言っても大きく異なる可能性があるため、これは些細な作業ではありません。

Electronic News Gathering(ENG:現場での電子的ニュース取材)では、インフラ、政治、安全関連の問題から、小型で持ち運び可能な目立たない装置や、低帯域幅の伝送システムしか使用できないことがよくあります。

多くの場合、忠実度の低い映像、または全くない映像のどちらかです。

UNFILTERの適応処理は、最も困難な映像であっても使用可能にし、いつでも可能な限り最高のオーディオを配信するのに役立ちます。

以下にUNFILTERの機能の一部をご紹介します。

  • ミックスされた音楽のオーディオストリームなど、時間的に変化するオーディオコンテンツに適応的なイコライゼーションを適用します。


  • 共振や信号経路に関連するロールオフを除去することで、音声録音の明瞭度を向上させます。


  • 再生システムで発生する非線形性を除去することで、民生用再生機器への翻訳を改善します。


  • 電話、メガホン、インターホン、P.A.システムなどを介した伝送によって付与される色調を低減します。


  • 低忠実度の録音装置や密かに装着された録音装置を使用して録音された音声の明瞭度を向上させます。


  • 背景音からの音声の分離性を高めます。

法医学

UNFILTERは、録音物からの情報抽出を様々な方法でサポートします。

音声録音の明瞭度を大幅に向上させたり、マイクのオクルージョンによるフィルタリング効果を除去したり、他の音の下に埋もれている音をより聞き取りやすくしたりすることができます。

いくつかの使用例をご紹介します。

  • 低品質のオクルージョンや破損したオーディオ機器を使用して録音された音声の明瞭度を向上させる。


  • 他の音の下に埋もれている音を聞き取りやすくする。


  • 音声と背景音の分離を高める。


  • 電話通信によるフィルタリング・エフェクトを低減します。


  • 壁や窓などの中間媒体による共振やフィルタリング・エフェクトを除去します。

デモ&レビュー動画

デモ動画(オーディオ修復の実例・1:38):

デモ同語(4:14・自動翻訳の日本語字幕可能):

「Zynaptiq UNFILTERプラグインを使用してピンクノイズからルームトーンを作成する」

レビュー記事(22:18・自動翻訳の日本語字幕可能):

システム要件

Windows:

  • Windows 7以降
  • CPUは2コア以上、Intel CPU、i7以上を推奨します

Steinberg VST 2.4、VST 3、またはAvid RTAS/AAX対応のホストソフトウェア
AAX Native 32ビットの場合、Pro Toolsのバージョンは10.3.6以上必要です。

iLok.comアカウントでマシンまたはiLok 2ベースのアクティベーション(フルバージョンとデモバージョンの両方)を行う場合は、ILOKキーは必要ありません。

ソフトウェアアクティベーション時にインターネット接続が必要です。

Mac:

  • Mac コンピューター
  • OSX 10.8.x以降
  • Intel CPUは2コア以上、i7以上を推奨します。
  • Apple AU (AudioUnits)、Steinberg VST 2.4、VST 3、またはAvid RTAS/AAX対応のホストソフトウェア。

AAX Native 32ビットの場合、Pro Toolsのバージョンは10.3.6以上必要です。
iLok.comアカウントでマシンまたはiLok 2ベースのアクティベーション(フルバージョンとデモバージョンの両方)を行う場合は、ILOKキーは必要ありません。

ソフトウェアアクティベーション時にインターネット接続が必要です。

フォーマット

UNFILTERは様々なフォーマットに対応しています。

Mac OS X:

  • Apple AudioUnits (32/64bit)
  • AVID RTAS
  • AudioSuiteを含むAvid AAX Native (32/64bit)
  • Steinberg VST 2.4 (32/64bit)

Windows:

  • Avid RTAS
  • AudioSuiteを含むAvid AAX Native (32/64bit)
  • Steinberg VST 2.4 (32/64bit)

コピープロテクション

ADAPTIVERBは最新のPACEコピープロテクションを使用しており、ご自身のマシンまたはiLok 2*(付属していません)でアクティベーションを行うことができます。

デモをご覧になる場合でも、ソフトウェアを使用するには無料のiLok.comアカウントが必要ですが、インターネットに接続できるマシンであれば、必ずしもiLok 2ドングルは必要ありません(インターネットに接続されていないシステムのアクティベーションにはiLok 2デバイスが必要です)。

必要なソフトウェアはすべてプラグインと一緒にインストールされていますが、一般的にはiLok.comから直接最新版をダウンロードすることをお勧めします。

ご注意:旧型の第一世代(青色)のiLokはサポートされていません。

CPU負荷

高度に最適化されていますが、Zynaptiq社のプラグインは魔法のような複雑な性質を有しているため、多くのCPUを使用しています。

無料トライアルを利用して、お使いのシステムがソフトウェアを効果的に利用するのに十分なリソースを持っているかどうかを評価してみてください。

最適なパフォーマンスを得るためには、再生バッファサイズを512サンプル以上、理想的には1024サンプル以上に設定することをお勧めします。

Zynaptiqのプラグインは他のソフトウェアにはないユニークな機能を持っているので、それらを最大限に活用するためにマニュアルを読むことを強くお勧めします。

セール情報

通常価格:359ドル

Black Friday セール特価:149ドル(58%OFF)最安タイ

*主なセール価格の推移:

  • 2020年6月:359ドル→149ドル
  • 2021年10月:359ドル→149ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

Zynaptiq ブラックフライデー2021関連セール(*11/27夕方まで)

Zynaptiq『REPAIR Bundle』

REPAIR Bundle

『REPAIR Bundle』は上記の「UNFILTER」を含む3つの製品のお徳用バンドルです。

(オーディを修復系プラグイン3製品バンドル)

以下の3つの製品入り:

通常価格:759ドル

Black Friday セール特価:399ドル

*主なセール価格の推移:

  • 2020年11月:759→489ドル(ブラックフライデー2020)

『UNVEIL』マジカルなリバーブ除去&ブーストツール(久々の最安タイ)

『UNCHIRP』コンプレッションなどで発生したノイズや劣化を改善するオーディオ修復プラグイン