*本日 3/1(金)18時頃までに終了する主要セールが多くなっています。
記事内に広告が含まれる場合があります

zynaptiq『WORMHOLE』あらゆるソースを簡単に楽しく変化させるマルチFX(広範囲な音楽制作、サウンドデザイン、ポストプロダクションをカバー)

Zynaptiq社のマルチエフェクト・プラグイン『WORMHOLE』。

多様で高品質なSFサウンドやクリーチャーボイスなど、通常は時間のかかるワークフローを素早く、簡単に、楽しくするエフェクターです。

性能、人気が共に高い製品ですが、通常価格だとそこそこ高くて手を出しにくい製品。セールを狙っていた方はチェックしてみると良いでしょう。

2023年11月21日:黒金で最安タイが来ました。

Zynaptiq Black Friday セール

*セール終了予定日:

  • 日本時間:12/2(土)19時頃までの予定です。
  • 英国時間:12/2(土)10時頃までの予定です。

2023年12月2日 追記:

セール期間が以下の日時まで延長しています。

*セール終了予定日:

  • 日本時間:12/4(月)17〜19時頃までの予定です。
  • 英国時間:12/4(月)8〜10時頃までの予定です。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

『WORMHOLE』異次元のマルチエフェクト

Zynaptiq『WORMHOLE』は、サウンド・デザイナー、音楽プロデューサー、映画音楽・ゲーム作曲家に向けて開発された新しいマルチエフェクトプラグインです。

(超クリーンなピッチ/周波数シフト、エキセントリックなスペクトル・ワープ、二重の豊かなリバーブ、独自のドライ/ウェット・モーフィングを組み合わせたマルチFXです。)

美しく揺らめくデチューンされたギターの広がりやガラスのようなアンビエント・オクターブ・シフト・テールから、シュールなアンビエンス、宇宙船のドローン、エイリアン、モンスター、ロボットの声まであらゆるサウンドを形作ることができます。

パラレルワールドから来たのではないかと疑うほどの不気味なサウンドをユーザーに提供します。

デモ動画

【日本語】Zynaptiq『WORMHOLE』 ざっと見紹介動画(2:29):

別次元のオーディオ・エフェクト、それがWORMHOLE(ワームホール)。

美しく揺らめくデチューンされたギターの広がりやオクターブ単位でシフトするガラスのようなテイルから、シュールなアンビエンス、宇宙船のようなドローン、モンスター、ロボットボイスまで、WORMHOLEは、サウンド・デザイナー、音楽プロデューサー、映画音楽作曲家などに必須の強力な新マルチエフェクト。

超クリーンなピッチ/周波数シフト、エキセントリックなスペクトル・ワーピング、豊かなデュアル・リバーブ、ユニークなドライ/ウェット・モーフィングなど、ZynaptiqのWORMHOLEは正に時空を超えるような神秘的サウンドを届けます(Youtube)。

Zynaptiq WORMHOLEでギターサウンドを自在に変化させる(4:31):

WORMHOLEでエピックピアノとドラムを処理(4分):

Zynaptiq WORMHOLEを使った SFX サウンドデザインの一例(2:57):

サウンドスケープのデモ(4:14):

Zynaptiq WORMHOLEで「ボーカルマングリング」Test 1(8分):

Zynaptiq WORMHOLEで「ボーカルマングリング」Test 2(4:15):

Zynaptiq WORMHOLE音声処理のデモ(エイリアン、ロボット、モンスターなどのサウンドを作り出す)(3:10):

Zynaptiq Wormholeを使って実験的サウンドを作成。

(グルーヴエージェントライブラリColliding Worldsからインダストリアル・キットでプログラムしたシーケンスを処理しています)(5:47):

レビュー動画(ProTools Expert)(3:25):

『Zynaptiq Wormhole』の詳細

異世界を作るオーディオエフェクト

WORMHOLEはサウンド・デザイナー、音楽プロデューサー、映画作曲家に向けたマルチエフェクトプラグインです。

美しく揺らめくデチューンされたギターの広がりやガラスのようなアンビエント・オクターブ・シフト・テールから、シュールなアンビエンス、宇宙船のドローン、エイリアン、モンスター、ロボットの声まで、様々なサウンドデザインを提供します。

超クリーンなピッチ/周波数シフト、エキセントリックなスペクトル・ワープ、二重の豊かなリバーブ、独自のドライ/ウェット・モーフィングを組み合わせています。

主な特徴

  • 崇高なものから極限まで表現できる高品質なマルチエフェクト・プロセッシング


  • WARP スペクトルインバージョン&ワープモジュール


  • SMOOTH、TIGHT、2つのDETUNEモードを搭載したSHIFT独自のトポロジーによるピッチ/周波数シフトモジュール。


  • 豊かなランダム・ホール・リバーブを2つ搭載


  • 独自のドライ/ウェット・モーフィング。


  • 非常に広い+4オクターブのピッチシフトと+4000Hzの周波数シフトレンジ、完全にエイリアシングフリー、96dB/oct (!!)のキャリアとサイドバンドのアッテネーション。

WORMHOLEの原動力になるもの

WORMHOLEは、スペクトルWARP、ピッチ/周波数SHIFT、デュアル・ランダム・モジュレーション・ホール・リバーブ、気の利いた小さなDELAY、ドライ/ウェット・モーフィングFX BLENDセクションという5つの非常に相乗効果の高いプロセッシング・モジュールで構成されています。

柔軟なシグナル・パスとの組み合わせにより、WORMMHOLEは超高速で使いやすいハイエンド・マルチエフェクト・プロセッサーとなり、繊細なものから(非常に)極端なものまでをカバーします。

サウンド・デザイナー、音楽プロデューサー、アンビエント・アーティストなど、どのような方でもWORMHOLEはあなたのために用意されています。

WORMHOLEの用途

WORMHOLEは、高品質なSFサウンドやクリーチャーボイスの作成という、通常は時間のかかるワークフローを素早く、簡単に、楽しく、そして非常にハイファイにすることに優れています。

しかしながり、実際には、より非常に幅広いアプリケーションをカバーしています。

例えば、、音楽的な甘みやアンビエント・エフェクト、グランギーなものからキラキラとしたもの、緑豊かなものまで、サブオクターブやワイドニング、コーラス、フィルタリング、ハーモニック・シェイピングや残響の作成などのありきたりなミキシング・エフェクト、そしてサイケデリックなエレクトロニカ・カラーやマングリング・エフェクトなどなど。。

以下に、WORMHOLEが得意とすることのいくつかを紹介します。

エイリアン、ロボット、モンスターの声と宇宙時代のトランスミッションFX

WORMHOLEは、あらゆる種類のクリーチャーやロボットの声を作るのに非常に優れています。

WARPとSHIFTセクションはマングリングを提供し、ドライ/ウェットモーフィングは(極端なトランスフォーメーションでも)明瞭度を確保し、エイリアン化の量を微調整するのに役立ちます。

また、モーフィングを使って、クリーンな状態から徐々に変異した状態に移行していくこともできます。

シュールなサウンドスケープとSFX

WORMHOLEを使えば、宇宙船の大気やニュートリノ加速器の磁場揺らぎに誘起された干渉振動を、信じられないほど簡単に作ることができます。

キュートな金属音を銀河系間の巨大な衝撃音に、エアコンの「ゴロゴロサウンド」を古代プラネタリウムの変位機械のハム音に、シンセサイザーの波形を突然変異したサイボーグ生産施設の発電所のドローン音に変えてみましょう。

そして、ドライ/ウェットのモーフとセクションのドライ/ウェットのミックスを少しだけ動かすことで、サウンドを有機的にアニメーション化します。もちろん、狂ったようにすべてを自動化することもできます。

音楽的効果 :シマーリング、アンビエント、青々とした、美しいサウンドを作成

WORMHOLEは、ギター、ピアノ、パッドなど全てのサウンドを変化させます。

この本当に素晴らしいビンテージ・ラック・マルチエフェクト・ユニットに手を伸ばして、コンソールを介してお互いにフィードバックすることができます。

そして、実際には、WORMHOLEは、そのビンテージ的アプローチの宇宙時代的なバージョンです。

ピッチシフターによるディシャルモニックなサイドバンドや粒状感はありません。

ただピュアなだけです。

豊かで至福に満ちたガラスのようなアンビエントな5分音符と8分音符、マイクロデチューンが揺らめくサウンド、、などなど。

デュアルでカスケード可能なランダム・モジュレーション・ホール・リバーブを搭載しています。

ミキシング エフェクト – ワイドニング、コーラスなど

WORMHOLEは、素晴らしいピッチシフターを搭載しています。

ピッチシフターには2つのL/Rデチューン専用のモードがあり、さらに一歩進んで、センターバランスのとれた初のワイドニング・ディレイを搭載しています。

ドライ/ウェット・モーフィングとデュアル・リバーブ・エンジンとの組み合わせにより、非常に繊細なものから、そうでもないものまで、有機的なサウンドを実現しています。

ファーアウト・エフェクト&デストラクション

任意のサウンドをソースとして、オシレーターの同期を模倣した音を作成します。

事後的にも。超高忠実度の周波数シフトを適用したり、コンプレッサーでは不可能なほどアグレッシブなサウンドのワイルドなポンピング・テクスチャーを作成したり、WARP回路を使ってサンプル・レート・リダクションをエミュレートしたり、ハイファイでユニークなローファイ・トーンを作成することができます。

あるいは、あなたのサウンドを別世界のようにトランスフォームすることができます。それがWORMHOLEです。モジュラーシンセが好きな人にはたまらないでしょう。

シンプルに使用できます

WORMHOLEのユーザーインターフェースは非常にシンプルで、プラグインの使い方も簡単です。

厳選されたファクトリー・プリセットの膨大なセレクションとランダム化機能により、WORMHOLEの向こう側の空間を素早く探索することができます。

すべてのコントロールに対応した使いやすいMIDIラーニングは、パラメーターの微調整をパラレルワールドに移動するよりも簡単にしてくれます。

説明すると複雑に聞こえますが、実際にはかなり簡単です。ぜひ体験してみてください。

WORMHOLEのシステム要件

Windows

  • Windows 7以降
  • CPUは2コア以上、Intel製CPU、i7以上を推奨します。
  • Steinberg VST 2.4、VST 3、またはAvid RTAS/AAX対応のホストソフトウェア
  • AAX Native 32ビットの場合、Pro Toolsのバージョンは10.3.6以上必要です。

*iLok.comアカウントで、マシンまたはiLok 2ベースのアクティベーション(フルバージョンとデモバージョンの両方)を行う場合は、ILOKキーは必要ありません。(要ソフトウェアアクティベーションのためのインターネット接続。)

Mac

  • macOS 10.12 以降
  • Intel CPUは2コア以上、i7以上を推奨します。
  • Apple AU (AudioUnits)、Steinberg VST 2.4、VST 3、またはAvid RTAS/AAX対応のホストソフトウェア
  • AAX Native 32ビットの場合、Pro Toolsのバージョンは10.3.6以上必要です。

*iLok.comアカウントで、マシンまたはiLok 2ベースのアクティベーション(フルバージョンとデモバージョンの両方)を行う場合は、ILOKキーは必要ありません。(要ソフトウェアアクティベーションのためのインターネット接続。)

フォーマット

WORMHOLEは様々なフォーマットに対応しています。

Mac OS X

  • Apple AudioUnits (32/64bit)
  • Avid RTAS
  • AudioSuiteを含むAvid AAX Native (32/64bit)
  • Steinberg VST 2.4 (32/64bit)

Windows

  • Avid RTAS
  • AudioSuiteを含むAvid AAX Native (32/64bit)
  • Steinberg VST 2.4 (32/64bit)

コピープロテクション

ADAPTIVERBは最新のPACEコピープロテクションを使用しており、ご自身のマシンまたはiLok 2*(付属していません)でアクティベーションを行うことができます。

デモをご覧になる場合でも、ソフトウェアを使用するには無料のiLok.comアカウントが必要ですが、インターネットに接続できるマシンであれば、必ずしもiLok 2ドングルは必要ありません(インターネットに接続されていないシステムのアクティベーションにはiLok 2デバイスが必要です)。

必要なソフトウェアはすべてプラグインと一緒にインストールされていますが、一般的にはiLok.comから直接最新版をダウンロードすることをお勧めします。

*旧型の第一世代(青色)のiLokはサポートされていません。

レビュー記事リンク

musicradarレビュー記事リンク

Wormholeは、音楽とポストプロダクションの両方において、他のプラグインでは実現できないようなサウンドデザインを実現します。

Zynaptiqは、Wormholeのその奇抜なSFサウンドデザインの側面をアピールしているようですが、そのファンキーな声の変換や奇抜なFXは、その才能の一部に過ぎません。

このプラグインは、あらゆる種類の音楽制作に対応しており、甘美なハーモニー、トーンの研磨、周波数のスミアリングから、「メタライズ」、リズムの再構築、カラフルな空間の拡大など、あらゆるものを提供してくれますが、そのすべてが漠然とした「Eventide」の雰囲気を持っています。

ボーカル、ギター、パッド、その他の周波数の高いメロディックなソースが最も分かりやすいターゲットですが、ビートやパーカッションを加えることも非常に楽しい。

一方で、包括的なMIDI学習システムが用意されていますが、モジュレーションがないのが残念です。

ShiftやWarpコントロールを動かすためのLFOやステップシーケンサーがいくつかあれば、もっと嬉しいと思います。また、2つのリバーブをそれぞれ独立して調整できるようにしてほしいです。

しかし、これらの適度な大きさの欠落はさておき、Wormholeは、使いやすく、音的に素晴らしく、スペクトルの驚きに満ちた勝者です。

長所:

  • パワフルなWarpセクション。
  • 卓越した周波数とピッチシフト
  • 2つのモーフモード

短所:

  • モジュレーションがない
  • 価格が高い

参考ページリンク:

https://www.gearslutz.com/board/product-alerts-older-than-2-months/1147471-out-now-zynaptiq-wormhole-otherworldly-audio-effects-processor.html

セール情報

通常価格:149(159ドルから値下げ)

Black Friday セール特価:89ドル(40%OFF!)最安タイ

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」3.56英国ポンド分が進呈されます。

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 159ドル→89ドル(2020年ロックダウンセール、2019年黒金、2019年サマーセール)
  • 2021年4月:159ドル→99ドル
  • 2021年9月:159ドル→99ドル
  • 2022年11月:159ドル→99ドル
  • 2023年6月:159ドル→109ドル
  • 2023年6月:159ドル→109ドル
  • 2023年10月:159ドル→89ドル

Zynaptiq セール 関連記事

https://sawayakatrip.com/tag/zynaptiq