【リリース&無料配布】nilsschneider『Nils‘ K1v』河合楽器が1988年に発売したシンセサイザー「Kawai K1」を再現

nilsschneider.deさんが、日本の河合楽器が1988年に発売したシンセサイザー「Kawai K1」のサウンドを再現したバーチャルインストゥルメント『Nils‘ K1v』をリリース&無料配布しています。

*シンセではなくロンプラーです(VST)。

Kawai K1:

Kawai K1II my favorite sounds

〔管理人メモ〕以下の作者さんによる製品説明には明記されていませんが、この製品はWindows用のみの提供のようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Nils‘ K1vの概要

Nils‘ K1vは、1988年に発売された日本の名機をエミュレートしたロンプラです。

特徴

  • 全てのパラメーターを非常に正確にエミュレート

  • 検索機能付き768プリセット、オリジナル・ファクトリー・バンク+全ROMカードを収録

  • 完全な編集サポート

  • 元のデバイスからSysExのプリセットとバンクをインポートできます。

  • SysEx のプリセットとバンクをエクスポートすることができ、プラグインをハードウェアのエディタとして使用することができます。

  • 32ビットと64ビットをサポート

  • サイズ変更可能なユーザーインターフェース

  • フルオートメーション対応

  • 768のプリセットはすべて編集可能で、プロジェクトの一部として保存されます。

  • さらに、このプラグインは本格的なMIDI実装を備えています。

  • オリジナルのハードウェアと同様にSysExメッセージを理解しているため、実行中にプリセットを更新することができ、以下のSysExリクエストにも応答を送信することができます。

    1ブロックデータ要求、全ブロックデータ要求、デバイスID要求)。

  • バンクセレクトを含むプログラムチェンジに対応。

  • ホールドペダル、ボリューム、パン、ベロシティ、アフタータッチ、モジュレーションホイール、ピッチベンド

シンセサイザーエンジン

  • 8ビットのシンセシス・エンジン

  • 1ボイスあたり4つのソース

  • 各ソース個別に256の波形、204の加算+52のPCMが付いています

  • DADSRエンベロープ

  • 8つのベロシティ・カーブ

  • CoarseとFineの調整機能

  • ソース1&2と3&4間のAM(リングモジュレーション)

  • トライアングル、スクエア、ソー、ランダムシェイプの1つのLFO

  • ジョイスティックによるリアルタイムコントロール

このプラグインのダウンロードは無料です。

しかし、あなたがこのプラグインが良いな!と思った場合、寄付してくれたらとてもうれしいです。

PayPalを使用して寄付する。

お気軽にダウンロードしてください!

追記:KVRの製品ページのリンク

Just a moment...

*VST2互換ホストソフトウェア、32ビットおよび64ビットをサポート