【全製品半額】Audio Damage ブラックフライデーセール(FX&シンセ)

Audio Damageのブラックフライデーセール。50%OFFです。

Audio Damageの製品はは、クリエイティブなプラグイン・エフェクト(マルチエフェクト、リバーブ、ディレイ、ピッチシフト、フィルターエフェクト、ディストーションユニット)やシンセが中心です。

人気のQuanta Granual SynthやEnso Looping Toolも対象です。

いくつか紹介しておきます。

Enso(マルチFX)

Ensoは、Audio Damageが開発しているルーパー系マルチエフェクトプラグイン。 分かりやすいUIと高品質な音質が魅力のエフェクタープラグインです。

簡単な紹介動画(1分45秒)

Audio Damage Enso – Introduction

開発者さんによる結構長い解説動画(40分)

Audio Damage Enso Looper Plugin Full Walkthrough

①:簡単なクオンタイズとオーディオループのための自動エンジン。(複数のオーバーダブモードで機能します。)

②:クリエイティブなループの再配置に適したクロスフェードによる4つの別々の開始点と長さを設定できます。

③:再生ヘッドと録音ヘッドを切り離して、異なる速度と方向で再生して録音することが可能。

エフェクトセクション:

シンプルな操作で簡単に使用できる、テープシミュレーション、フィルタリング、コーラスの各エフェクトが搭載されています。

*上記画像の右上にあるフロッピーディスクマークのアイコンをクリックで、手持ちの音楽ファイルを取り込んで使用することも可能です。

フロッピーディスクマークをクリックすると、音楽ファイルを取り込むことが出来ます。
視覚的にも分かりやすいリアルタイム波形表示。
付属のテープ、フィルタ、コーラスエフェクトも簡単操作ですが、効きは良い感じです。
「ENSO・円相」だそうです。。

リバーススピードが自由に変更できるのも面白い。適当に遊びながらDJ的なサウンドデザインが出来ます。仕上がりの品質も良いのでかなり気に入りました。

Ensoのより詳しい製品情報

Ensoは、現代的なルーパーペダルとヴィンテージのテープベースのセットアップの両方にインスパイアされた、プロデューサーとライブパフォーマーのためのプラグインです。

独特で音響的に特徴のあるループツールキットを装備しています。

Ensoは、無限にクリエイティブなループ、ステージ上、スタジオでのループ作成に必要なものすべて備えています。

Ensoは、Audio Damage社の最も美しく実現されたプラグインの1つであり、ミュージシャンのあらゆる武器に強力な追加機能をもたらします。

LOOP

Ensoは、最大10分のステレオオーディオ(48kHzのサンプルレート、iOSでは5分)を録音出来ます。

また、ワンボタンコントロールでお気に入りのルーパーペダルのワークフローを再現することで、任意の速度で両方向に再生できます。

Create

Ensoのプレイヘッドとレコードヘッドは完全に切り離されています。

つまり、ある方向と速度で再生しながら、別の方向と速度で記録することができます。

リンクされていないオーバーダビングで素晴らしいそしてユニークなルーピングベッドを作りましょう。

Effect

Ensoには、テープシミュレーション、フィルタリング、およびコーラス用の一連のエフェクトが搭載されています。

トロニックスタイルのテープ・ルーピングのための完全に独立したルーピングステーションになります。

Control

Ensoには、適切なコントロールにアクセスするためにフットコントローラーや他のMIDI機器を簡単に使用するための、洗練されたMIDIラーン・システムがあります。

お好みのコントローラーレイアウトにすぐにアクセスできるように、MIDIラーン・レイアウトをプリセットと一緒に保存してください。


Ensoの特徴


全自動ルーピングエンジン:

Ensoのルーピングエンジンは習得が簡単です。ホスト同期とフリータイムの両方で「ワンボタン」ルーピング制御を使用することでより非常に強力なものになります。

Dub In Place:

Ensoは、入力がバッファの内容とミックスされてからエフェクトに送られる従来のデジタルルーパーのように、またはエフェクトとスピードの変化がフィードバックパスに含まれるテープルーパーのように機能します。

セクタークロスフェード:

4つの異なる始点と終点を定義します。それらの間でクロスフェードし、それらの中でオーバーダビングまたは再録音します。

エフェクトセクション:

Ensoには、ユーザーが制御可能な「テープスタイル」の彩度とヒス、ハイパスとローパスのフィルター、およびループを太くして形作るためのステレオコーラスが装備されています。

完全なMIDI CC実装:

Ensoは、ループエンジンのほとんどの機能を制御するための割り当て可能なMIDI CCページを持っています。フットコントロール用に調整されていますが、どのMIDI CCソースでも動作します。

独立した再生ヘッドと記録ヘッドの制御:

再生ヘッドと記録ヘッドの両方に、テキスト入力値と選択可能なincおよびdec値を使用した、-4倍速から+ 4倍速までのスルーゼロ速度制御があります。

マルチフォーマットオーディオローダー:

EnsoはAIFF、WAV、Broadcast WAV、FLAC、MP3、Oggを任意のサンプルレート、ビット深度、チャンネル設定でロードできます。

バッファ保存:

Ensoはバッファの内容をWAVファイルとして保存できます。

エクストラロングループ:

Ensoはロングメモリモードで最大10分のオーディオ(iOS版では5分)を録音またはロードすることができます。

クロスプラットフォームプリセットフォーマット:

EnsoはXMLベースのプリセットマネージャを使用し、オプションでバッファをプリセット内に保存して資産管理を容易にします。

問題なく複数のシステム間で作業したり、デスクトップマシンでプリセットを作成したり、Handoffを使用してiOSバージョンに貼り付けたり、友達と簡単に作品を共有したり、販売するプリセットバンドルを作成したりできます。

完全にサイズ変更可能なHi-Dpi / Retina GUI:

EnsoのベクトルベースのGUIは解像度に依存せず、すべてのシステムと解像度で同じように表示されます。郵便切手からポスターサイズまで、視覚的なニーズに合わせてUIを(インスタンスごとに)簡単にサイズ変更できます。

「Enso」セール情報

通常価格:79ドル

BFセール特価:39.5ドル

Ensoのセールページ

(去年の黒金では47ドル)

Quanta:Granular Synth

Audio Damageのグラニュラーシンセプラグイン『Quanta Granular Synth』

Audio Damage Quanta Introduction

Quantaはフルボイスの10ボイス・トゥルーステレオ・グラニュラー・シンセサイザーです。

ボイスごとに最大100ミリ秒のグレイン(粒子)を備え、グレインの状態を完全に制御します。

ほとんどのパラメーターを直接ランダム化およびモジュレートすることができます。

サンプル(WAV、AIFF、Ogg、またはFLAC)をウィンドウに直接ドラッグアンドドロップすることも可能。非常に柔軟な様々な機能で音作りを深めていくことができます。

Quantaの概要(デモ動画 BY ジョッシュ・キャスパー氏)

Quanta by Audio Damage | Review of Features & Tutorial | Granular Synth

Echo Sound Worksのシェーンさんのレビューの動画(自動日本語翻訳可。)

Quanta – Granular Synth by Audio Damage : First look

様々なサウンドプリセットを搭載しています。

また、Quantaには、手持ちのサンプルをドラックアンドドロップで取り込んでサウンドを作り込んでいくことも可能。

Quanta セール情報

通常価格:99ドル  

BFセール特価:49.5ドル

Audio Damage Quanta

去年のブラックフライデーセールでは 59ドル。

Filterstation2:フィルタープラグイン

Filterstation 2 by Audio Damage

Filterstation2は、12種類のフィルターアルゴリズム、ステレオサイドチェーン入力を搭載したエンベロープフォロワー、追加の信号ハッキング用のFSUセクション、使いやすいインターフェイスを備えたフィルタープラグインです。

レビュー記事:

FILTERSTATION2 a Go-To Mangle effect by Audio Damage Review | StrongMocha
%

FILTERSTATION2は、良いな結果を​​得ながら、サウンドをわずかにまたは劇的に変更することができるエフェクトプラグインです。非常に使いやすく、新しいサウンドをすばやく生成できます。私が好んで使用するプラグインの1つ。

Filterstation2セール情報

通常価格:49ドル

セール特価:24.5ドル

Grind:ディストーション

Piano Loop meets Audio Damage Grind & Dubstation 2

過激なディストーションとフィルタリングのモジュールが粋なプラグイン「Grind」

Audio Damage Grindは、微妙なチューブスタイルのサチュレーションから、完全にぶっ壊されたウェーブテーブルディストーションまで、幅広い汚し系サウンドを実現するエフェクトです。

ちなみに英国の音楽情報出版社大手:MusicRadar誌のレビューは評価は高いです。

MusicRadarさんのレビューリンク:

Audio Damage Grind review
This signal-battering plugin is rude, crude and full of attitude…

Audio Damage GrindのデュアルサチュレーションタイプとLFOモジュレーションにより実現した、耳を切り刻むディストーションは絶対的に素晴らしい!

長所:優れたウェーブテーブル実装。危険なアルゴリズムのディストーション。ゴージャスなフィルター。

短所:「アルゴリズムのウェーブシェーパーの量」に「LFO」を適用することができない。

「Audio Damage Grind」の詳細

Grindは、ウェーブテーブルベースのウェーブシェイパー、サチュレーション/ディストーションモジュール、およびマルチモードフィルターで構成されます。

それぞれに無数の異なるフレーバーがあります。Grindの音色の柔軟性により、サウンドデザイン用のスイスアーミーナイフになり得ます。

Shape

Grindのウェーブテーブルルックアップモジュールは、入力される各サンプルを、マングリングポテンシャルのために選択された15個の線形補間ウェーブテーブルからの対応する値に置き換えます。ウィンドウサイズと位相の制御により、トーンシェーピングの可能性がさらに広がります。

Distort

Grindのアルゴリズムディストーションモジュールの核となるのは、単純なソフト・ニー・サチュレーションからサインワープのフルサウンドまで、11のユニークなディストーションおよびサチュレーションアルゴリズムです。どんな破壊を切望しても、Grindでそれを手に入れる事が可能です。

フィルタ

Grindのマルチモードフィルターには、プラグイン開発の初期の「ビンテージデジタル」バージョンや、最新の仮想アナログMS20スタイルローパスおよびハイパスシンセフィルターなど、11種類のフィルターモデルから選択できます。

モジュレーション

Grindのホスト同期可能な低周波オシレーターで状態を動かしましょう!ウェーブテーブルインデックス、フィルター周波数、またはその両方をアニメーション化して、このモンスターを生き生きとさせます。穏やかなフィルタースイープから波の形を崩す大混乱まで。私たちはあなたを要望をカバーします。

メーカーページリンク:

AD035 Grind
A true powerhouse of audio warfare, Grind puts the "damage" in Audio Damage. US.00 for VST, VST3, AudioUnit, and AAX Windows and OS X.

Grind セール情報

49ドル → 24.5ドル

Discord4:ステレオピッチシフター

Discord4は、Audio Damage社の人気製品「Discord」ステレオピッチシフターの最新バージョンです。

元々は「H910」からモデル化されたDiscordは、長い間、独自のエフェクトとして、またスタジオのスタンバイとして使用されてきましたが、このバージョンでは、その能力をさらに伸ばすための主要な追加機能が含まれています。

ピッチシフターは3つの独立したアルゴリズムで構成されています。

  • Eventide H910とH949でモデル化されたオリジナルのDiscordアルゴリズムの「ビンテージ モード」
  • より現代的なシフティング・サウンドを制作するための「クリーン モード」
  • 実験的なエフェクトのための 『グラニュラー モード」

それぞれのモードは、入力素材に応じて強みを持ち、結果としてDiscord3は幅広い機能を備えています。

P1とP2アルゴリズムは、入力信号へのシフトを微調整するために、または他のサウンドエフェクトのために、シフトエフェクトのバッファ(ウィンドウ)サイズを完全に制御することができます。

6オクターブのシフト・レンジの極端なところでは、このコントロールで本当に奇妙なエイリアシングやアーチファクトを得ることができます。

Discord4は、以前のバージョンからのテンポに同期したディレイとバンドパス・フィルターのペアを保持し、フィードバック・ループにリバーブを追加しました(”シマー “エフェクトに簡単にアクセスできるように)。

Audio Damageは、オリジナルのモジュレーション・ソースを全く新しいFLFO(Flexible LFO)デザインに置き換えました。

ウェットシグナルのステレオ幅をコントロールするパノラマコントロールが含まれています。

最後に、信号経路全体にソフトサチュレーションとリミッティングが追加または改善され、全体的に改善されたサウンドとヴィンテージスタイルの暖かさが追加され、DAWのチャンネルをオーバーロードすることなく、極端なフィードバック実験が可能になりました。

特徴

  • ピッチ・シフティング。Discord4には、異なるスタイルのピッチシフトのための3つの独立したアルゴリズム(Vintage、Clean、Granular)を持つ一対のシフターが含まれています。

  • バッファサイズのコントロール。P1 (Vintage) と P2 (Clean) アルゴリズムには、ピッチ・シフティング効果を微調整するために32~2048サンプルのバッファ・サイズ・コントロールがあります。

  • ディレイ(Delay)。フィードバック、クロスフィードバック、洗練されたバンドパスフィルターを備えたテンポ同期またはフリーランディレイ。

  • リバーブ。フィードバック・パスにシンプルなステレオ・リバーブが追加されており、「シマー」エフェクトやサウンドをさらに追求することができます。

  • モジュレーション。テンポ同期と任意の波形を持つFLFO(Flexible Low-Frequency Oscillator)を2つ搭載し、わずか3つのコントロールだけでほぼ無限に近い数のモジュレーション・シェイプが可能。

  • トゥルー・ステレオ・オペレーション。Discord4は、ステレオ幅のパノラマ設定で仕上げることができるように、各サイドを完全に独立してコントロールできる真のステレオ信号経路を持っています。

  • MIDIノート・コントロール。6オクターブのピッチシフトをMIDIノート入力でコントロールできます。

  • 新開発のGUI ベクターベースのリサイズ可能なユーザーインターフェース

  • プリセット クロスプラットフォームのXMLベースのプリセット・マネージャー。

Discord4セール情報

49ドル → 24.5ドル

Eos 2:リバーブ

Audio Damage EOS2 Reverb – First Look

Eos 2.0は、Eosアルゴリズムリバーブの大規模なアップデートです。

バージョン2.1では、Audio DamageはEosをベアメタルから再構築し、すべてのプラットフォームでの安定性と互換性を向上させました。

新しくなったユーザーインターフェースは、タッチコントロールがしやすくなっただけでなく、見た目も新しくなりました。これは新しいプリセット管理機能と相まって、Eos 2.1の使いやすさを向上させています。

特徴

  • 特注リバーブアルゴリズム Eosには、スタジオグレードの高品質でカスタムデザインされた4つのリバーブアルゴリズムが搭載されています。3種類の異なるプレート・シミュレータとSuperhallアルゴリズムにより、穏やかなモジュレーションを備えた濃密でリッチなリバーブを実現します。

  • 柔軟なサウンド・シェイピング Eosのリバーブ・パラメーター(プリディレイ、ディフュージョン/デンシティ、サイズ、アタック、ディケイ)は、プラグインの空間特性を正確にコントロールすることができます。

  • モジュレーション レートとデプスのコントロールは、リバーバレータ内のディレイラインに時間変化を適用します。

  • フィルタリングと周波数シェーピング リバーブレーターの入力にあるシンプルなEQフィルター(ローカットとハイカット)に加えて、Eosでは、高音域と低音域の減衰の仕方を調整し、リバーブテールの音色を変化させることができます。

  • 無限のディケイ リバーブレーターのディケイタイムを無限に設定することができ、ループしたサンプルのように入力信号をフリーズさせます。一風変わったエフェクトを作るのに適した設定で、サウンドデザインの可能性が広がります。

  • ミックス&ロック。ドライ入力とエフェクト信号のバランスを調整します。LOCK ボタンを押している間は、プリセットをロードしても Mix パラメーターは変化しません。

  • モノラルイン、ステレオアウト Eos はモノイン/ステレオアウト、またはステレオイン/ステレオアウトのコンテキストで使用することができます。入力信号がモノラルであってもステレオリバーブ出力を生成します。

  • 完全にリサイズ可能なHi-Dpi/Retina GUI。Eos 2のベクトルベースのGUIは解像度にとらわれず、どのシステムや解像度でも同じように表示されます。郵便切手からポスターサイズまで、視覚的なニーズに合わせてUIのサイズを(インスタンスごとに)簡単に変更することができます。

Eos 2セール情報

59ドル →29.5ドル

Replicant 2:ディレイ

A Quick Play With Audio Damage Replicant 2

Replicant 2は、オリジナルのバッファーエフェクトの一つで、今でも最高のものの一つです。

バージョン2では、ループをさらに分割するためのスタッターエフェクトが追加されました。これはグリッチ・セプションのようなものです。

単純なディレイやパンニングエフェクトから、大規模なランダムビートのマングリングまで、Replicantは今日のエレクトロニックミュージックのスタイルに合ったプラグインです。

スタッター・バッファとフィルタードロップは簡単にプログラムでき、包括的なランダム化機能は、必要に応じて独自の機能を提供してくれます。あなたのプロダクションにチャンスを加えたいと思っているなら、このプラグインが最適です。

機能

  • 1/128分音符から小節全体までのテンポベースのディレイとループエフェクト。

  • スタッターでは、1/16384分音符(「トーン」とも呼ばれます)までの細分化が可能です。

  • 7つの独立したランダム化コントロールにより、微妙な変化や極端な音の狂いに対応、グローバル・ランダム化ボタンを含む

  • 好みのランダム・シーケンスを保存できるユニークな “ホールド “機能

  • 時間の経過とともに変化するローパスとハイパスの共鳴フィルター

  • 時間の経過とともに変化するパンの位置

  • ランダム化されたイベント全体または個々のリピートのための2つの独立した方向モード

  • エフェクトをライブで演奏するためのMIDIノートまたはフロントパネルでのループイベントのトリガー

Replicant 2セール情報

49ドル → 24.5ドル

Audio Damage ブラックフライデーセール情報