本日朝9時まで【65%OFF】Sam Spacey『Epica Bass』エレクトロ系に最適なビンテージ・アナログベースのKontaktライブラリ(7GB・無料のPlayerでもOK)*66€→23€

著名なバーチャルシンセ「Epica」の作者・Sam Spacey氏によるビンテージ・アナログ・ベースKontaktライブラリ(インストゥルメント)『Epica Bass』が、期間限定の特価セールになっています。

通常価格:66ユーロ → セール特価:23ユーロ(65%OFF)

*この製品は、無料版のKontakt 6 Playerでも使用が可能です。

Epica Bassは、エレクトロ系にバッチリ合う卓越したビンテージ・アナログベースを大量に搭載したKontaktライブラリです(7GBの26,657個の24bitモノラルサンプル)。

紹介動画(3分・日本語字幕可能):

Sam Spacey Epica Bass – 3 Min Walkthrough Video (65% off for a limited time)

Sam Spaceyの『Epica Bass』

『Epica Bass』は、音楽家Sam Spacey氏のお気に入りのクラシックなアナログ・ベースのシンセサウンドが詰まったKontaktライブラリーです。

このSam Spaceyは、7GBの26,657個の24bitモノラルサンプルを収録しています。

音源のレコーディングにはエミュレーションやプラグインは一切使用されていません。

一方で、ヴィンテージのNeveプリアンプ、UBK Fatsoハードウェア、ハイクラスギターのディストーションペダル、Kush Audio Elektra EQなどの厳選された機材を用いて制作されています。

このベース・インストゥルメントは、以下のような様々な音楽制作に最適です。

  • ポップ
  • EDM
  • エレクトロニカ
  • ファンク
  • ディスコ

重要:Kontakt PlayerはmacOS 10.16 (Big Sur)にはまだ対応していません。この件に関する最新のニュースはNative Instruments社の該当ページを確認してください。

デモ動画

Epica Bassの機能とサウンドの紹介(8分・日本字幕可能):

Sam Spacey Epica Bass Kontakt Instrument – Features and Sounds

開発者のSam Spacey氏による解説動画(31分・日本語字幕可能):

Sam Spacey Epica Bass Walkthrough – Kontakt bass synth Kontakt library

レビュー動画(14分・日本語字幕可能):

Zero-G Epica Bass Review | Cinematic Synth Collection | Kontakt 5 Player | SYNTH ANATOMY

Sam Spacey『Epica Bass』の概要

Epica Bass:究極のシアーリング・ベース・ラインを実現する専用アナログ・ベース・シンセ・ライブラリ

Epica Bassは、ヴィンテージの「Neveプリアンプ」「UBK Fatso ハードウェア」「ハイエンドのギターディストーションペダル」「Kush Audio Elektra EQ」を使用して制作されたアナログ・ベース・シンセのKontaktインストゥルメントです。

4つの専用シンセ・パラメーター・ページを搭載しています

  • 豊富なアルペジエーターのページ

  • 完全なFXラック – ディレイ、コンボリューション・リバーブ、SSL EQ、1176コンプレッサー、フランジャー、コーラス、ビットクラッシュなど、あなたのサウンドにさらに磨きをかけることができます。

  • カスタム6ページのインターフェースは、あなたのサウンドを完全にコントロールできるように設計されています。

70年代のビンテージから現代の音楽スタイルまでを網羅したライブラリ

Epica Bassは、クラシックなレトロ・シンセ・サウンドが詰まっています。

  • ポップ
  • EDM
  • エレクトロニカ
  • ファンク
  • ディスコ

無料のKontakt Playerに対応しています

Epica Bass は無料のKontakt Playerと完全に互換性があるので、Kontaktのフルバージョンを持っている必要はありません。他のソフトは必要ありません。

(無料版の「Kontakt Player 6」で使用できます。)

Epica Bassの特徴

様々なサンプル・スタート・ポイントのモジュレーション・デスティネーションを使用しています。

Epica Bassでは、エミュレーション・フィルターを使うのではなく、オリジナルのサンプリングされたシンセのフィルターをコントロールすることができます。

また、アナログ・モデリング・フィルターを6種類収録しています。

このSam Spaceyは、7GBの26,657個の24bitモノラルサンプルを収録しています。

クラシックなインストゥルメントライブラリのために、これらのクラシックシンセに細部にまでこだわっています。

複数のラウンド・ロビン、マルチベロシティ・サンプル、長い時間をかけて編集されたループ・ポイント(使用されている場合)により、これらのクラシックなシンセサイザーの特徴が可能な限り忠実に再現されています。

また、625種類のEpicプリセットと、独自の作品を作るために操作したくなるインターフェースを備えています。

ベース・サウンドのメイン・ソースとしても使用することができます。

サンプリングされたアナログ・シンセ

  • Arp Odyssey Mk3(オリジナル)
  • Sequential Pro 1
  • Oberheim SEM
  • Oakley Modular
  • Yamaha CS-30
  • Future Retro
  • Matrix 6r
  • Telemark Modular
  • Roland SH 1000

アナログハードウェア処理

  • UBK Fatso
  • UBK Kush Audio Electra Eq’s
  • DBX160XT
  • Neve Preamp
  • Eventide H8000
  • Eventide Eclipse
  • ディストーションペダルのコレクションを装備

インターフェース合成機能

  • 振幅エンベロープA、D、H、SおよびR、サンプル開始までのベロシティ、フィルターまでのベロシティ、振幅までのベロシティ

  • ピッチエンベロープA、D、およびRと環境量、ランダムノートピッチ、ピッチドリフト、ポルタメント、サンプルスタートポイント、ランダムサンプルスタートポイント

  • フィルターエンベロープA、D、S、R、フィルトカットオフ、フィルトレゾナンス、フィルタータイプ(6フィルター)、環境量、フィルターキートラッキング

  • それぞれ3x LFO:5つの波形、LFO量(+/-)、周波数、フェードイン、振幅、フィルター、ピッチに割り当てられたModwheel Cnt量(+/-)

  • FXラックと広範なアルペジエーターページ

NKSとの完全な互換性

Sam Spacey Epica Bass synth plugin NKS trailer

NKS(Native Kontrol Standard)は、プラグイン・インストゥルメントとNative InstrumentsのKOMPLETE KONTROLとMASCHINEハードウェアとの間で、直感的かつシームレスなインタラクションを可能にします。

これにより、マウスを使わずにEpica Bassをコントロールできるだけでなく、カテゴリー化されたプリセットのブラウズ/選択が大幅に改善されました。

自分でプリセットをデザインするのが好きな人にとっては、NKSはEpica Bassの各パラメーターをハードウェア・コントロールにマッピングすることで、マウスやPCの画面に縛られることから解放されます。

65% off "Epica Bass" by Sam Spacey
Epica Bass is a dedicated analogue bass synth library obsessively sampled from a large collection of all-star classic analogue synths and modulars. The custom 6...

レビュー記事

musictechさんによるレビュー記事リンク:

Sam Spacey Epica Bass Review
A sample library full of synth basses isn’t something that usually comes to mind when buying your next library, but Epica Bass will change all that....

Kontaktフォーマットのファンタスティックなベース・サンプル・ライブラリ

レート:10/10

レイアウト、サンプルの質、そしてよく考えられたプリセットのプログラミングにとても感銘を受けました。

正直なところ、このライブラリの欠点を見つけるのは難しいと思います。

どちらかと言えば、ライブラリのサイズがもう少し小さければ良かったのかもしれませんが、大容量のサンプル・ドライブを持っている人ならば、目をつぶることもないでしょう。

もちろん、このライブラリは万人受けはしないかもしれませんが、ほとんどのエレクトロニック・ミュージック・プロデューサーがこの優れたセレクションからかなりの恩恵を受けられると確信しています。

搭載されている調整可能性とプログラミング・オプションにより、好きなものを何でも作ることができ、プリセットも非常に優れているので、そのまま使わずにはいられないでしょう。

良い点:

  • 無料のKontaktプレーヤーで使用できる
  • すべてのサンプルは細心の注意を払って録音されており、美しいサウンドを実現しています。
  • ほとんどのエレクトロニックミュージックのスタイルで使用できます。
  • スタートポイントモジュレーションは、フィルターのサウンドを鮮やかにしてくれます。

イマイチな点:

  • ライブラリのサイズが小さくないこと(7GBあります)。
  • 直接あなたのためにヒットシングルを書いてくれるわけではありませんが、あなた自身が、良い曲を書くためのインスピレーションを与えてくれるでしょう。 これはベースシンセの素晴らしいライブラリです。

あなたのトラックでこれを使えないのであれば、あなたはエレクトロニックミュージックの製作者とは言えないでしょう。

musicradarさんによるレビュー記事リンク:

Sam Spacey Epica Bass review
All about the bass

Epicaシリーズの2作目となるEpica Bassは、5GBのフットプリントに約27,000サンプルを収録しています。

Epica Bassは、多くのアナログシンセ(Sequential Circuits Pro 1、ARP Odyssey、Oberheim SEM、Yamaha CS-30など)のサウンドを使用しており、アウトボード(UBK Fatso、Neveプリアンプ、Eventide H8000など)で処理されています。

特筆すべき点:

膨大な数のサンプル。

マイナスポイント:

それほどバラエティに富んだライブラリではない。

soundonsoundさんによるレビュー記事リンク:

Sam Spacey Epica Bass
Epica Bass presents a large selection of sample-based (mainly) monophonic bass sounds, all derived from some classic analogue hardware synths...

バーチャルインストゥルメント製品は、インターフェースはもちろん重要ですが、そのサウンドあり方がより重要です。

その点ではEpica Bassは絶対的な勝利です。

私はアナログ・エリート主義者ではありませんが、ソフトウェアで聴いた中で最も説得力のあるアナログ・ベース・サウンドだと言わざるを得ません。

本当に素晴らしいプリセットがいくつか用意されていて、音の深みや、指の下で音が反応しているように見える方法はとても印象的です。

Epica Bassの「アナログ」な雰囲気を捕らえるためにどれだけの努力をしてきたかは、少なくとも私の耳には大きな収穫でした。

フロントエンドのフィルターとモジュレーション機能の組み合わせは特に効果的で、他の場所ではもっと洗練されたアルペジエーター機能を使用していたかもしれませんが、モノフォニック・ベース・サウンドに適用すると、Epica Bassのアルペジエーターは叙事詩的なものになります。

オリジナルのEpicaと同様に、Epica Bassはその名に恥じない性能を持っています。

シンセ、アナログ、ベースの全てを網羅した新しい「行きつけの」ソースを見つけたような気がします。

Epica Bass、非常にお勧めです。

システム要件

この製品は、Kontakt 6用のライブラリ(インストゥルメント)です。

しかしながら、無料版のKontakt 6 Playerでも使用が可能なので、どなたでも追加料金なしで使用できます。

Kontakt 6は、WindowsとMacで、プラグイン、スタンドアロンとして使用が可能です。

セール情報

通常価格:66ユーロ(約8,348円)

セール特価:23ユーロ(約2,910円)65%OFF