KiloHearts『Multipass』自分だけのエフェクトを作成できるマルチバンドのモジュラーFX

『Multipass』は、KiloHearts社が開発しているモジュラー・マルチバンド・エフェクト・プロセッサーです(マルチバンドのモジュラーFX)。

Kiloheatsの製品は、同社がこだわりを持つ(一見オモチャのような)超シンプルなインターフェイスと、その背後にある高い品質、揺るぎないサウンドクオリティーが特徴です。

また、それらに加えて、このMultipassは、モジュラーシステムならではの多くの機能を備えた非常に用途の広いFXツールです。(同社のスーパーシンセ:Phase Plantと並ぶKiloheatsの看板製品。)

2022年8月15日:『Kilohearts Manufacturer Focus Sale』で半額になっています。

通常価格:99ドル → セール特価:49ドル(50%OFF)

*セールは日本時間の9/1(木)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

Multipass:KiloHeartsのモジュラーFXシステムのフレームワーク

Multipassは、KiloHeartsが多数開発している「Snapin系プラグイン」(モジュラーとしても機能する)製品群のフレームワーク的なツールです。

Snapinプラグイン(モジュール)を組み込んで使用するための外枠(Snapin用のホスト)として機能します。

そして、Multipassは、マルチバンドで機能するのが最大の特徴です。

KiloHearts Multipassは、オーディオをいくつかの異なる周波数帯域に分割するバンドスプリッターを備えているので、各バンドを分割、独立して処理できます。

そして、バンドの実際の処理を、(Snapinとして知られる)他の単一目的のプラグインに委任します。

Snapinにはさまざまな種類があり、ディストーションやコーラスなどの多くのクラシカルなエフェクトだけでなく、フォルマントフィルタリングや周波数シフトなどの一風変わったエフェクトも実装しています。

シンプルなSnapinプラグイン(モジュール)を、Multipassの内部で組み合わせて、複雑なエフェクトを作ることができまます。

(Snapinは、Multipassにロードできることに加えて、プラグインとしてDAWに直接ロードすることもできます。)

Multipassにはいくつかの異なるSnapin・プラグインがプリ・バンドルされています。また、追加購入で付け足していくことも可能です。

デモ動画

Multipassでボーカルチョップ処理の実演(2分・日本語字幕可能):

開発元のKiloheatsによる紹介動画 1(3分42秒・日本語字幕可能):

開発元のKiloheatsによる紹介動画 2(5分・日本語字幕可能):

サウンド中心のデモ動画(4分33秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

MULTIPASSを用いて鈍いドラム・サウンドに新しい命を吹き込む(9分・日本語字幕可能):

MultipassをAbleton Liveと共に使用した実演動画(19分・日本語字幕可能):

mixandmastermysongのMatty氏のデモ動画(トラックにさしてミキシングにもクール)6分・日本語字幕可能:

デモ動画:

KiloheartsMultipass「信じられないほどのマスタリングトランスフォーメーション」(4分45秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

https://www.youtube.com/watch?v=ByGIwiB8e6c

デモ動画:

Kilohearts-マルチパスでドラムへのアタックを強化(9分・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画:

Multipassでミキシング(6分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Multipass』の詳細

サウンドにエフェクトを追加する際、サウンドの特定の部分だけにエフェクトを適用したいと思うことはよくあります。

例えば、複雑なコーラスで低音に影響を与えすぎたり、ハードなディストーションで高音域を完全に破壊してしまったりすることは避けたいでしょう。

いずれにしても、マルチバンド処理はエフェクトチェーンに次元を加え、サウンドデザインのオプションの新しい世界を開きます。

KiloHeartsのMultipassは、入力されたサウンドを最大5つの周波数帯域に分割し、それぞれの帯域に無制限の数のエフェクトを適用することができます。

自分だけのモジュラー・マルチバンド・エフェクトを作成できます

Kilohearts Ecosystemのオープンモジュラーアーキテクチャは、想像できる限りのエフェクトを自由にデザインすることが可能です。

例えば、

カスタマイズ可能なマルチバンド・コンプレッサー/エクスパンダーは、Multipassで構築できます。

高域に脈打つようなリズムの揺らぎとリバーブを加え、中域に歪みと幅を与え、低域を圧縮し、入力信号の振幅に基づいて合成出力にダイナミックなフィルタをかけるエフェクト。

これらもMultipassで構築することが可能です。

必要不可欠なエフェクトは最初から搭載しています

Multipassには、便利なエフェクトプラグインを多数収録したKilohearts Essentialsが付属しています。

これらは全てSnapin(スナップイン)として提供され、最大5つの周波数帯域で自由に組み合わせたり、モジュレーションしたりすることができます。

プレミアム・エフェクトを別途購入すれば、サウンド・デザイン能力をさらに高めることができます。

Multipassのプリセットを保存すると、共有する相手がどのSnapinを所有しているかに関わらず、完全に機能するようになります。

『Snapin』とは?

Snapinシリーズの製品群は、多くの目的に使用できる通常のVST / AUプラグインです。

一方で、KiloHeartsのモジュラーシステム(スナップインホストプラグインと呼ばれる親玉系ツール)の「Multipass」や「Snap heap」の内部でモジュラーとしても機能します。

いや、このモジュラーとして機能する側面の方が、Snapinシリーズの真骨頂です。

Snapinシリーズの製品群は、Multipassのモジュラーエフェクトのピースとしても機能し、スナップインホストプラグインの内部で色々組み合わせて遊ぶことができます。

驚異的なモジュレーション

独自のモジュラー・モジュレーション・セクションにより、モジュレーターとユーティリティを無限に組み合わせて、究極のコントロールと究極のカオスを実現できます。

超高精度なエンベロープやLFOも、予測不可能なカオスを生み出すワイルドなランダム化も、Kiloheartsエコシステムで構築できます。

4つのフィルターを追加する一方で、周波数シフターとステレオ幅モディファイアー自体が興味深い場合があります。

オーディオしきい値によって再トリガーされるスイープカットオフを備えた4つのフィルターを追加し、MIDIノートにバインドされた周波数シフターと入力RMSによってスケーリングされたステレオ幅が可能です。

まあ、それはおそらく奇妙なことかもしれません。しかし、ぜひ試してみてください!

数回クリックするだけで可能です。

経験豊富なデベロッパーが作成

シグナルチェーンのすべてのポイントで、Kiloheartsのソフトウェアは、可能な限り低いCPU負荷で最高品質の処理ができるように最適化されています。

プロフェッショナルな音楽制作やサウンドデザインにおいて、音質の欠点に悩まされることはもう二度とありません。

生涯無料アップデート

Kiloheartsのプラグインのライセンスを購入すると、今後すべてのアップデートが無料で提供されます。

Kiloheartsは、新しいバージョンに対して1円も課金しません。

また、Kiloheartsのソフトウェアは、新機能やOSの互換性(すでにすべてM1ネイティブです!)など、今後も改良を続けていきます。

つまり、Kiloheartsのソフトウェアに投資することは、本格的なサウンドデザイナーにとって非常に賢明な行動なのです。

音楽をフェーズさせることができます

バンドスプリットにはちょっとした代償がつきものです。

レイテンシーを追加しない限り、サウンドの位相を少し乱すことは避けられません。

通常、これは問題ではありませんが、複数のマルチバンドエフェクトを連結した場合、位相の歪み(フェーズ・ディストーション)が大きくなることがあります。

Multipassでは、いくつのエフェクトを追加してもバンドの分割は一度だけ行われるため、フェイズへの影響は可能な限り最小限に抑えられます。

また、エフェクトレーンのドライ/ウェットミキシングを可能な限り位相を変えずに適切に処理します。パラレルマルチバンドコンプレッションの登場です。

集中してみましょう

特定の周波数帯域を微調整している場合、関連する他の帯域とエフェクトによって、何が起こっているかを適切に聞き取りにくくなることがあります。

Multipassでは、そのような問題を解決するために、エフェクトレーンをミュートまたはソロにして、今していることをすぐに確認できるようにしています。

そして、面白いことに、それを自動化するとそれ自体がエフェクトとして有効になることさえあります。

ディレイについて心配する必要はありません

ディレイについて心配する必要はありません。ルーティング方法や追加するエフェクトに関係なく、Multipassはすべてのモジュレーションが可能な限り同期していることを確認し、すべてのモジュレーションを適切に整列させ、フェージングの問題を回避します。

Multipassのシステム要件

これらは、Snapinを実行するための最小推奨システム要件です。

CPU:

  • 2 GHz以上

メモリ:

  • 1 GB以上

オペレーティング・システム:

  • Windows & Mac(M1 ネイティブ対応)

サポートされているソフトウエア形式:

  • AAX
  • AU
  • VST2
  • VST3
  • Snapin

*Kiloheartsでは、OS のバージョンが利用可能になったら最新の状態に保つことをお勧めします。 各メーカーがサポートを終了したOS バージョンをサポートできません。 古いOSを使用している場合は、購入する前に無料試用版を試して互換性を確認してください。

メーカーページリンク

『Multipass』のセール情報

通常価格:99ドル

セール特価::49ドル(50%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主な最安値:

  • 2020年9月:99ドル→29ドル
  • 2021年9月:99ドル→29ドル