AudioThing 『Type B』ボーカルトラックや楽器のトラックに存在感と明るさを追加)Aural Exciterのインスパイア

AudioThingの『Type B』が過去最安のセールになっています。

Type Bは、ボーカルトラックや楽器のトラックに存在感と明るさを追加させることができるツールです。

(著名なビンテージエキサイターエフェクトにインスパイアされたプラグインです。)

AudioThing『Type B』

通常価格:59ユーロ → セール特価:15ユーロ

*セールは、4月1日(木)朝の9時まで。

スポンサーリンク

ヴィンテージエキサイターFX『Type B』

明言はされていませんが、この「Type B」は、エキサイターの名機:AphexのAural Exciterからインスパイアされた製品のようです。

実機のAphex「Aural Exciter」:

Celldweller Production – APHEX Exciter

プラグイン版の「Type B」

新着紹介動画(2分50秒・日本語字幕可能):

AudioThing Type B – 3 Min Walkthrough Video (75% off for a limited time)

紹介と解説動画(7分20秒・日本語字幕可能):

Type B Overview – Vintage Exciter Plugin (VST, AU, AAX)

『Type B』ヴィンテージエキサイター

Type Bは、有名なビンテージエキサイターエフェクトに触発されたプラグインです。

オリジナルのユニットは、ボーカルや楽器のトラックに存在感と明るさを加えるように設計されています。

  テープのオーバーダブが原因で高周波コンテンツが欠落している鈍い録音を強化するためによく使用されました。

エキサイター回路エミュレーションのより多くの側面を制御できるため、内部フィルターやハーモニクスジェネレーターなどにアクセスできます。

追加機能

インターフェースの左下隅にある矢印アイコンをクリックすると、ドロップダウンパネルを表示/非表示できます。

以下にアクセスできます。

  • フィルターコントロール:モード(プリ/ポスト)、タイプ(ハイパス、バンドパス)、スロープ(12 / 24dB)、エンファシス

  • 追加オプション:直接信号、ウェットブースト、バックグラウンドノイズ

仕組み

エキサイターは、フィルタリングと歪みの組み合わせを使用して、元の信号の一部ではない高周波コンテンツを生成します(ハーモニックジェネレーター)。

入力信号は、ハーモニックジェネレーターに入力する前にフィルター(通常はハイパスですが、タイプBのバンドパスを選択することもできます)に入ります。

[カラー]パラメーターを使用すると、生成される高調波を制御できます。

その後、信号はドライ信号とミックスされます。プランBの追加機能として、フィルター位置をハーモニックジェネレーターと交換するオプションもあります。

高価なエキサイター

オリジナルの聴覚刺激アルゴリズムは、1970年代半ばにAphex Systemsによって開発されました。

最初は、レコーディングスタジオでレンタルすることしかできませんでした(1975年のレコーディング終了時間1分あたり30ドルの費用で)。

最終的に、その人気により、タイプBやタイプCなどの市販のモデルがリリースされました。

特徴

  • ヴィンテージエキサイター

  • 強調されたHP / BPフィルター

  • 調整可能なユニットノイズ

  • 最大16倍のオーバーサンプリング

  • サイズ変更可能なウィンドウ

  • ランダマイザーを備えたプリセットシステム

システム要件

Windows:

  • Windows 7、8、10(64ビット)
  • Intel Core 2 DuoまたはAMD Athlon 64 X2、4 GB RAM
  • VST2、VST3、またはAAX、64ビットホスト

Mac:

  • OS X 10.7-macOS 10.14
  • Intel Core 2 Duo、2 GB RAM
  • VST2、VST3、AU、またはAAX、64ビットホスト

セール情報

通常価格:59ユーロ

セール特価:15ユーロ(75%OFF)

ちなみに去年の2月のリリースセールでは(29ドル)でした。