【リリースセール】Tracktion『Hyperion』マルチレイヤー・モジュラー・シンセ(VST3 / AU)

Tracktionから新しいシンセサイザー『Hyperion』がリリースされました。セールも同時開催されています。

Hyperionは、マルチレイヤー・モジュラーのシンセサイザー・プラグイン(VST3 / AU)です。

スポンサーリンク

Hyperion

紹介動画(1分45秒):

Wavesequencer Hyperion Overview

サウンドデモ動画(3分48秒):

Wavesequencer Hyperion Patch Demo

Hyperionについて

Hyperionは、インスピレーションに満ちたマルチレイヤー・モジュラーのシンセサイザーです。

Hyperionは、Vangelis、Jean-Michel Jarre、Brian Enoなどの80年代のレジェンドにインスパイアされた無限のサウンドデザインの遊び場であり、現代のデジタルモジュラーの傑作です。

ンスピレーションあふれるマルチレイヤー・モジュラー

hyperion-hero-screen-animated

Vangelis、Jean-Michel Jarre、Brian Enoなどの80年代の伝説にインスパイアされた無限のサウンド・デザイン・プレイグラウンドであるHyperionは、現代のデジタル・モジュラー・マスターピースです。

優れた性能と親しみやすさを両立

hyperion-features-tall-screen1-fade

Hyperionシンセは、モジュラー・パッチングを親しみやすく、簡単に行えるようにしながら、サウンドの柔軟性を念頭に置いて最初から設計されています。

効率的な処理により、複雑なサウンドパッチを最大10層まで重ねることができます。これらのパッチは、マクロコントロールによって一斉に影響を受けるだけでなく、モジュレーションデータやAuxバスのオーディオを相互に送信することもできます。

ポリフォニック・モジュラー・パッチを様々な合成方法で素早くレイヤー、スプリットし、レイヤーごとにコード、アルペジオ、バス・エフェクトをかけることができるので、あらゆるジャンルの音楽プロデューサーにとって音楽のインスピレーションの源となります。

マルチレイヤーのサウンドデザインは「コンビ」パッチとして保存、呼び出しが可能。
カテゴリーや作者のフィルターを使ったパッチ・ブラウジングや、クイック・フォルダー・スイッチングにより、サウンドを素早く取り出すことができます。

サージカルコントロール

hyperion-features-mid-screen2-fade

Hyperionには、レイヤーごとのポリフォニー、ピッチベンドレンジ、ポルタメントスピード、ピッチのランダム化とドリフトデプス、カスタムピッチスロープ(正または負)、モノフォニックリトライグオプション、ボイストリガーオプションなど、レイヤーごとのノートハンドリングオプションが用意されています。

レイヤーごとのノード数に制限はなく、ターゲットのモジュレーション入力ピンごとに最大16のモジュレーションソースをミックスできます。

ボイスごとのデータバーやデータスコープのトレースビュー、ボイスごとのテキスト値のグラフやボイスごとのデータスコープのトレースビューアのノードでは、複雑なパッチデザインの理解と調整を容易にするために、データモジュレーションミックスのアニメーションが表示されます。

レイヤリング

hyperion-feature-primary-v4

10のレイヤーのモジュラーパッチング

10レイヤーの16ボイス・ポリフォニック・モジュラー・パッチングには、個別のコード・エフェクトが用意されています。

INTER-LAYERのモジュレーション

レイヤー間でCCやマクロコントロールのデータやFXバスのオーディオを送信。

複数のシンセシス・タイプ

hyperion-features-tall-screen3-fade

クラシックなモノラルとステレオの「デジタル」と「バーチャル・アナログ」オシレーター、モノラルまたはステレオのユニゾン・デチューンとウェーブ・シェイピングにより、基本的なウェーブ・フォームからサウンド・キャラクターを大幅に変化させることができます。

  • 12種類のアルゴリズムとマルチオペレーター出力ミックスを備えた、使いやすい4オペレーターFM(フィードバック付き位相変調)、便利なモジュレーションとオペレーターの比率をあらかじめ選択し、マスター・モジュレーション・デプスをコントロール。

  • 最大32ステップのオシレータ設定(ピッチオフセット、波形、波形の深さ、ユニゾンデチューン、バランス、レベルを含む)が可能なウェーブシーケンスオシレータと、ウェーブシーケンスのポジションモジュレーションによるスムーズなクロスフェード。

  • 4オペレーターFMウェーブシーケンサー – 従来のオシレーターウェーブシーケンサーと同じ機能を持ちながら、4オペレーターFM構成のシーケンスが可能(保存・読み込み機能もあり)。

  • ダンピング、ディストーション、ステレオユニゾンデチューンを備えた弦楽器モデル。

  • フィジカルモデリングのフルートオシレーター(スムーズなノート/パイプ構成の移行が可能。

  • シングルサイクルの波形をループさせてオシレータの音色を作ることができるループ機能付きサンプル再生。

  • マルチサンプル(サウンドフォント)オシレーターで、sfz/sf2ファイルの読み込みが可能。

インスピレーションあふれるサウンド処理

hyperion-features-tall-screen4-fade

ボイスごとの処理:

  • ロー/ハイ/バンド/ノッチ、カットオフとレゾナンス、スロープ/デプス、ステレオオフセット、サチュレーションコントロールなど、複数のフィルタータイプ。
  • ディストーション、チューブレゾネーター、リングモジュレーター、ビットクラッシャー。

トゥルーステレオ・バス・エフェクト・スイート:

  • 3種類のリバーブ:3種類のリバーブ:Medium、Large(モジュレーションとプリディレイ付き)、Huge(サイズ、ダンピング、トーン、幅のコントロール付き)。

  • コーラス、フランジャー、トレモロ

  • ステレオフィルター:あらゆるタイプのフィルターを搭載

  • ディストーション/Q’dディストーション

  • 3バンドEQ

  • チューブレゾネーター、リングモジュレーション、ビットクラッシャー、ピッチシフター

  • ステレオエコー(クロスフィードバック、L/Rディレイオフセット、ダンピングコントロール付き

  • グラニュレーター(発光速度、サイズ、ウィンドウ、再生速度、ミックスのコントロールが可能)

  • FXバスの送受信(クロスレイヤー)

多彩なコントロールとデータ生成オプション

hyperion-features-tall-screen5-fade
  • プリディレイと複数のトリガーオプションを備えたADSR、ルーピングエンベロープ、ワンショットモード、ビートシンク、スタートフェーズコントロールを備えたLFOs。

  • マクロデータの送受信(全レイヤーに同時適用)

  • 選択されたチャンネルでのMIDIデータ/ノートの送信/受信

  • Internal MIDIチャンネルを使ったレイヤー間のコントロールデータの送信

  • データスムージング、バイナリロジック、数式評価、ステップシーケンス、データレンジマッパー、スケールマッピング、イベントトリガー、ゾーントリガー、MIDIデータトリガーなどのデータ処理および生成ノードのスイート

  • MIDI ccコントロールデータとノートを外部に送信:16のMIDIチャンネルで他のシンセやエフェクトを駆動できます。
Hyperion | VST3 Plugin, Wavesequencer - Tracktion Presents
Hyperion is an unlimited sound design playground inspired by 80’s legends such as Vangelis, Jean-Michel Jarre and Brian Eno.

システム要件

Mac

  • macOS 10.11以降
  • 64ビット
  • VST3 / AU

Windows

  • Windows 8 & 10
  • 64ビット
  • VST3

セール情報

通常価格:129ドル

セール特価:99ドル(23%OFF)