【50%OFF】Samples From Mars 『360 FROM MARS』リリースセール(サンプルパック:希少な80年代米国製シンセをサンプリング)

Samples From Marsから新しいサンプルパック 『360 FROM MARS』がリリースされました。半額のセールも同時開催されています。

カリフォルニアで200台ほどしかしか製造されなかったシンセサイザー「360 Systems Keyboard」をサンプリングしたサンプルパックです。

スポンサーリンク

360 FROM MARS:最古のマルチサンプリングシンセサイザーのひとつをサンプリング

360 Systems Keyboardは、80年代初頭にカリフォルニアで製造された希少なサンプリングベースのシンセサイザーで、本物の弦楽器、フルート、金管楽器、エレクトリックピアノ、ベース、ギター、パーカッションなどが搭載されています。

私たちが愛用しているビンテージ・ドラムマシンと同様のコンポーネント(EPROMとアナログフィルター)を共有している360は、私たちが愛用しているサンプラーのようにパンチがあり、ビンテージ・シンセサイザーのようにシルキーであるのも不思議ではありません。

それなのに、なぜ私たちは360のことを知らないのでしょうか?

それは、「メロトロンに代わる小型でポータブルな楽器」という壮大なビジョンを掲げていたにもかかわらず、360は商業的な成功を収めることができなかったからです。

わずか200台しか製造されなかったため、その壮大なサウンドはほとんど使われることなく終わってしまったのです…。

謙虚な始まり

360は、伝統的な楽器の音に憧れていた電子音楽家が、ツアーに持っていけるような安価な楽器を求めて開発しました。

その数年前にエミュレータのようなサンプラーが発売されていましたが、当時のサンプリングの先駆者たちは、単一のサンプルをキーボードの全音域に伸ばしたような非現実的なサウンドに感銘を受けなくなっていました。

この問題を解決するために開発されたのが360です。

1つのパッチに4~24個のサンプルを使用し、中には8秒もの長さのものもありました。この高度なサンプリング技術は、当時としては驚異的な量のメモリー(2メガバイト)を使用し、50枚近いEPROMを必要とした。

残念ながら、360の壮大なビジョンは、一般消費者には高価(3,500ポンド、現在の13,401ドル)で、プロやスタジオには制限がありました(予算の関係で、ベロシティ・センシティブではなく、音をループさせることもできませんでした)。

360についての詳しい情報はほとんどなく、マシン自体もさらに少ない。

サウンド

360のサウンドは、美しくキャプチャされたサンプル(ロサンゼルスの最高のスタジオで一流のセッション・ミュージシャンと一緒に録音されたもの)と、(LindrumやProphet Vなどでお馴染みの)甘いCEM3320アナログ・フィルターを通過するEPROM特有のローファイなクランチの組み合わせです。

では、現在の基準で本物の楽器をうまくエミュレートできているのでしょうか?

そうではないかもしれません。しかし、楽器は現代の典型的なマルチサンプルよりもはるかにハードにパンチします。

しかし、マルチ・サンプルは楽器の音をよりリアルにするはずでしたが、実際には多くのパッチの音をさらに不自然にしています。

しかし、このような明らかな欠点があるからこそ、360はとても魅力的で、紛れもない、ユニークな存在なのです。

360は、最高のキーボーディストにも異なる演奏を強いるものであり、そのサウンドを現代的な文脈で考えると、非常に興味深いものになります。

360のクリーンなサンプリング

360は当初、いくつかの異なる構成で工場から出荷されました。重厚なマルチサンプリングが施されたグランドピアノバージョン(結果的に他のパッチが少ない)や、20個の純正パッチが付属した(グランドピアノがない)私たちのようなセットアップもありました。

すべてのパッチのすべての音をサンプリングし、Radial JDIからAPI 1608、そしてApogee Symphony MKIIへとクリーンに接続しました(360のチューニングによる素晴らしいサウンドを維持するため)。

モジュレーションの追加

次に、ちょっとしたスパイスを加えようとしました。

360には基本的なモジュレーションしか搭載されていませんが、そのサウンドは素晴らしいものです。ビブラートセクションは、クラシックなスタイルでピッチをモジュレーションし、私たちが大好きなビンテージワーブルを表現しています。

サウンド面で重要なのは、やはりフィルターです。

360を使って音楽制作をしていると、フィルターが特定の音の切れを良くすることがよくわかりました。そこで、ストリングス、フルート、サックスなどにフィルターをかけて収録しました。

また、必要に応じて、MIDIキーボードからのベロシティでアクセス可能な様々なカットオフをマルチサンプリングしました。

外部FXの追加

すべてのプリセットをクリーンに録音した後は、お気に入りのパッチを加工してみました。

チェーン内のほとんどのものをヴィンテージにしたまま、オタリのテープマシンを使ってストリングスのピッチとパンを変更し、Space EchoとH3000のコーラスを加えました。

また、エレクトリック・ピアノのパッチを信頼のおけるCS5シンセサイザーに通して、フィルターをかけたり、トレモロ効果を加えたりしました。

360の音を邪魔しないように、最小限の処理にとどめましたが、プラグインでは実現できない空間と雰囲気を加えることができました。

収録内容

オリジナルの20音と、マルチサンプリングや外部加工を施した17音の合計37音を収録しました。 多くのサンプルのスローアタックと自然なディケイはそのままに、60時間以上をかけて17パッチの完璧なループを実現し、360 From Marsはオリジナル機よりもはるかにプレイアブルなものになりました。

アナログシンセのサンプリングとは異なり、これらのインストゥルメントは、多くの制限がある本物の360を所有するのに近い、あるいはそれ以上の体験をもたらしてくれるでしょう。また、サンプルだからこそ、最新のソフトウェアにもよく合います。

なお、これらのパッチはすべてWAVファイルとして提供されており、Ableton、Logic、Kontakt、Reason、FL Studio、SFZ Playerなど、24bit WAV対応のサンプラーやDAWで使用できるマルチサンプル・インストゥルメント・プリセットも用意されています。

最後に

当時のサンプリングは、現在のように広範囲でクリエイティブな試みではありませんでした。

当時のサンプリングは、現在のように広くクリエイティブなものではなく、問題を解決するための革新的な実験のようなものでした。

しかし、360が本物の楽器に取って代わるまでには至らなかったものの、数十年後に振り返ってみると、それこそが魅力なのです。

だから、360でミディのリフやクラシックの弦楽器の進行をプログラミングしようと思っても、うまくいかないかもしれません。

しかし、これらのサウンドを次の現代的な作曲に用いれば、これまでとはまったく異なるユニークな方法で考え、演奏し、作曲することができるかもしれません。そして、もしかしたら、これらのサウンドをアイコニックにした最初の人になれるかもしれません。

コンテンツ

  • 37個の360個のパッチが7つのカテゴリーに分類されています。

  • ファクトリーオリジナルのクリーンパッチ20種

  • 360のフィルタリング、ビブラート、コーラスを追加した12のクリーンパッチ

  • Moog MF103 Phaser、Yamaha CS-5、Otari 1/4″ Tape machine、H3000、Space Echoで外部処理された5つのパッチ

  • クラシックなビンテージサウンドとオーケストラサウンド ストリングス、フルート、Eピアノ、クラヴ、トランペット、サックス、ティンパニなど

  • ブラス&木管楽器、キー、ストリングス、ギター、ベース、スタックパッチ、パーカッシブ楽器

  • 2,065個の24ビットWAVサンプル

  • WAVはトリミング、ループ、ノートごとの名前、さまざまなサンプラーへのマッピングが可能

  • WAVにはマッピングとループのメタデータが含まれており、サポートされていないサンプラーにも簡単にドラッグ&ドロップできます。

  • API 1608コンソールからApogee Symphony Conversionでクリーンに録音

  • すべてのソフトウェアインストゥルメントのModwheelパラメータとFXルーティング

  • 1.96 GB 解凍

セール情報

通常価格:39ドル

セール特価:19ドル

*セール価格は5月7日までの予定です。