【無料になるクーポン配布中】Sonible『entropy:EQ+』通常価格:99ドル(オーディオソースの広さを簡単に編集できるEQプラグイン)

Plugin Boutiqueで、SonibleのEQプラグイン『entropy:EQ+』(通常価格:99ドル)が0ドルになるクーポンコードがひっそりと配布されています。

スポンサーリンク

貰い方

以下のページから購入手続きをします。

以下の画像のように、「IN CART」をクリックして買い物カゴに「entropy:EQ+」を入れます。

そして、右上の「CART」ボタンを押して、お会計ページへ進みます(Plugin Boutiqueの会員ログインが必要。)

*Plugin Boutiqueの会員登録がまだの方は、ここを参考にしてください。

Plugin Boutiqueでログイン後、SHOPPING CARTのページまで行きます。

以下の画像のように、『クーポンコード:jenz8q4h』を使用します。

画像はクリックで拡大できます。

TOTAL DUE(合計金額)が£0になれば成功です。

*クーポンの有効期限は不明です。

entropy:EQ+について

entropy:EQ+は、高調波成分(ハーモニック成分)と非高調波成分(非ハーモニック成分)を個別に調整出来るイコライザーで、オーディオの特定の問題に特化した解決ツールです。(オーディオソースの広さを簡単に編集するEQプラグインです。)

以下の3つの機能があります。

  • 周波数選択性トランジェント/トーンバランス
  • 音の解剖学を外科的な精度で操る
  • スピーチの明瞭度向上

ざっと見紹介動画(1分31秒・日本語字幕可能):

Try Loopcloud and get FREE VST | entropy:EQ+ by Sonible

ざっと見動画 2(46秒):

Introducing entropy:EQ⁺ – Creative postproduction plug in by sonible

ざっと見動画 3(43秒):

frei:raum – entropy EQ

デモ動画(3分・日本語字幕可能):entropy:EQを使ってギターサウンドに深みを加える方法。

How to add more depth to your guitar sounds with entropy:EQ+ by sonible

sonibleのプラグイン「entropy:EQ+」で、あなたのギターサウンドを最大限に引き出しましょう。

直線的なフェーズのEQは、録音の高調波部分と非高調波部分を区別することができます。(上記の動画の例では)この機能を使ってギターのプラッキング・ノイズを強調したり、和らげたりする方法を紹介します。

デモ動画(2分50秒・日本語字幕可能):entropy:EQ+を用いてドラムに個性を出す方法。

How to add more character to drums with entropy:EQ+ by sonible

sonibleのentropy:EQ+は、ドラムトラックにさらなる個性を与えます。各周波数帯の高調波成分と非高調波成分のバランスを簡単に調整でき、プラグインを使ってドラムセットのアタックとサスティーンを変更できます。

Sonible entropy:EQ+の特徴

EQの新しい次元『Sonible entropy:EQ+』

entropy:EQ+は、オーディオソースの広さを簡単に編集するEQプラグインです。

音楽であれスピーチであれ、entropy:EQ+はプレミアムなサウンドに近づけます。

頭の中で回転していた完璧なミックスを実際にテープに貼り付けられることはまれです。

このプラグインは、直接的なサウンドとリバーブの調整可能な設定のおかげで、思い通りに部屋の音響をレトロスペクティブに形作ることができます。

この直感的なツールを使用すると、あいまいな録音を鮮明な声明に変えたり、野心的な歌手を後ろに置いたり、くぐもったベースに必要なキックを与えたりできます。

残響と直接的な音の粒子を分離する機能により、proximity:EQ +プラグインは、ポストプロダクションの完璧な音のビジョンに応じて、部屋の音響の特定の部分を増幅または消音します。

オーディオ録音の高調波と非高調波のサウンド・コンポーネントのポストプロダクションを、シームレスかつ極めて迅速に簡素化します。

例えば、がまんの限界に達しているのに、スネアのトリガーが消音しすぎていて、ギターのプラッキングの音が支配的になっている。

このような状況から、私たちは新しいEQの方法を模索するようになり、ポストプロダクションに数え切れないほどの時間を費やすことに終止符を打つことができました。

entropy:EQ+は、ドラムやギター、その他のプラッキング楽器のインパクトノイズの編集プロセスを簡素化し、ポストプロダクションの創造性の全く新しい世界を紹介します。

瞬時にヒットを決める(アタックのコントロール)

ボタンを押すだけで、印象的なパーカッションが完成します。

entropy:EQ+は、オーディオ・トラックのさまざまなサウンド・コンポーネントを検出することで、セットやパーカッション・グループ内の単一のドラムを分離することができます。

これにより、リムクリックやタムのソロなどに磨きをかけることができます。洗練されたアルゴリズムは、わずかなアタック音も認識します。

このスマートなプラグインは、特定の周波数帯域を互いに分離して操作するツールを備えています。

アーティキュレーション(どんな言語でも鮮明なスピーチ)

テレビ番組のオリジナル・トラックから新曲のフィナーレまで、entropy:EQ+はすべての言葉がミックスの中ではっきりと明瞭に際立つように配慮します。

これは、ノイズの多い子音を増幅することで、音声の明瞭度を最適化することで実現しています。このプラグインは、スピーチの非調和成分を強調することで、シンプルかつ簡単にあなたを支援します。

トランジェントデザイン(弦楽器を鳴らしたりミュートしたり)

レコーディングでは、エレクトリック・ギターのプレクトラム・サウンドやバイオリンの弦をリズミカルに弾く音など、弦楽器が生み出すグルーブ感が重要になります。

一方で、同じようなインパクト・ノイズが、レコーディングのハーモニック・サウンドを壊してしまうこともあります。

どちらの場合も、entropy:EQ+は、リズミカルなアタックをトーンダウンまたはアンプアップすることで、快適なソリューションを提供します。

周波数依存の変更
blind:flugモードでの耳のフォーカス
完全に適応可能なアルゴリズム

ユーザーインターフェース

entropy:EQ+を使っている人はどんな人たち?

ミキシングエンジニア

entropy:EQ+は、複雑なミキシング作業を行う際に最適なツールです。entropy:EQ+の高度に専門化された信号処理により、ミキシングエンジニアは数秒でタイトなドラムサウンドやクリスピーなベースを得ることができます。

サウンドデザイナー

entropy:EQ+は、自然音の微妙な修正から複雑なオーディオ素材の過度な再形成まで、映画やゲームのサウンドデザインやサウンドスケープのカスタマイズに最適なクリエイティブツールです。

メーカーページリンク:

https://www.sonible.com/entropyeq/

Sonibleentropy:EQ+の通常価格は99ドル


クーポンコード:jenz8q4h