Voxengo『GlissEQ』伝統のダイナミックEQ

Voxengoのロングセラー製品(ダイナミックEQ)『GlissEQ』が30%OFF(49ドル)のセールになっています。

スポンサーリンク

GlissEQ

ミックス作業を格段に楽にしてくれるパラメトリックEQ『GlissEQ』

GlissEQは、プロフェッショナルな音楽制作アプリケーションのためのパラメトリック・イコライザー・プラグインです。 GlissEQの最も興味深くユニークな機能は、フィルターのダイナミックな動作です。

ダイナミックフィルタリングを理解するためには、まず通常のイコライザーでは当たり前のことを再確認することから始めましょう。

「設定したものが常に得られる。」 つまり、100Hzを6dBブーストするように設定した場合、100Hzを6dBブーストするように設定されます。

しかし、GlissEQは違います。

100Hzで6dBブーストを指定しても、必ずしも6dBのゲインアップが得られるわけではありません。

それどころか、プログラムの内容に応じて、フィルターの実効ゲインがダイナミックに調整されるのです。 これがダイナミック・フィルタリングであり、GlissEQの特徴でもあります。

GlissEQで高域をブーストすると、オーバーロードによる疲労感を回避することができます。

GlissEQで高音をブーストすると、オーバーロードによる疲労感を避けることができ、低音をブーストすると、濁った音になりません。

その代わり、トランジェントが心地よく強調され、楽曲に生命感と立体感がもたらされます。 つまり、GlissEQのフィルターの「ダイナミック・ビヘイビア」は、ミキシングやマスタリングの際にあなたの助けとなるのです。

ダイナミックフィルタリングに加えて、GlissEQはリアルタイムのスペクトラムアナライザーを搭載しています。

トラックのスペクトラムは他のGlissEQにエクスポートすることができ、トラック間のスペクトラムをリアルタイムで比較することができます。

これにより、あるトラックの周波数帯を解放し、同じ周波数帯を占める別のトラックの楽器が息をするのを助けることができます。

GlissEQの機能

  • トラックイコライザー
  • マスタリングイコライザー
  • ステレオ、ミッドサイド、5.1イコライザ
  • ダイナミックイコライザー
  • マルチ・クロストラック・スペクトラム・アナライザー
  • クリーンサウンドイコライザー
  • スムーズなハーモニックエンハンサー

特徴

  • ダイナミックに動作するフィルター

  • 最大32のパラメトリックフィルターバンド

  • ナローバンドスイープ

  • ユーザーインターフェースのウィンドウサイズ変更

  • チャンネルグループ化

  • 64ビット浮動小数点演算

  • A/B比較

  • レイテンシーのない処理

  • リアルタイムのスペクトル解析

  • 16種類のフィルター

  • EQエリアのハイライト

  • ステレオおよびマルチチャンネル処理

  • ミッド/サイド・プロセッシング

  • プリセットマネージャー

  • ヒントメッセージを表示

  • リアルタイムでのスペクトルのインポート/エクスポート

  • ハーモニック・エンハンスド・フィルター・タイプ

  • スタティック・スペクトラム表示

  • 内部チャンネルルーティング

  • 最大8倍のオーバーサンプリング

  • アンドゥ/リドゥ履歴

  • 全サンプルレート対応

Voxengo GlissEQ

デモ動画

紹介動画(6分・日本語字幕可能):

Voxengo Gliss EQ VST – Overview

詳細解説動画(11分・日本語字幕可能):

Voxengo Gliss EQ – Complete walkthrough

このビデオでは、VoxengoのGliss EQの完全なインターフェースをご紹介します。

Gliss EQは、彼らが言うところの「ダイナミックイコライザー」であり、多くの「伝統的な」イコライザーができることよりも多くのことができます。

このプラグインには多くの機能があり、その中には私が「Gliss EQ」でしか見たことのない機能も含まれています。

特に、イコライジングに慣れていない人には、かなり多くの興味深い機能や役立つ機能があるでしょう。

サウンドデモ(10分45秒・おしゃべり無し):

MALCOLM HYATT – Voxengo Gliss EQ VST Plugin Filter Sound Demo

レビュー&解説動画(24分・日本語字幕可能):

「ダイナミックEQのVoxengo GlissEQを使用してとメタルギターをミックスする方法」

How to Mix Metal Guitars with Dynamic EQ featuring Voxengo Gliss EQ [Review / Tutorial]

レビュー動画(8分・日本語字幕可能):

GlissEQ Review

システム要件

Windows

  • 32ビットおよび64ビットのWindows XP、Vista、7以降のバージョン
  • 2GHzのデュアルコア以上のプロセッサと1GB以上のシステムRAMが必要

Mac

  • Mac OS X 10.5以降のバージョン、32ビットおよび64ビット、Intelプロセッサベース
  • 2GHzのデュアルコア以上のプロセッサと1GB以上のシステムRAMが必要

*オーディオ・プラグインの仕様ごとに、対象となるコンピューター・プラットフォームごとに個別のバイナリ配布ファイルが用意されています。

互換性について

  • このオーディオ・プラグインは、AudioUnitまたはVSTプラグインの仕様に準拠したオーディオ・ホスト・アプリケーションに読み込むことができます。
  • FXpansion VST-RTASアダプターを使用することで、RTASにも対応します。

セール情報

通常価格:69.95ドル

セール特価:49ドル

*上記の製品を購入時に、有料のプラグイン(「Cableguys DriveShaper」または「Audio Damage Dubstation 2」のお好みの方)を無料で取得することができます(5月31日まで有効):

関連記事:(Melda ProductionのダイナミックEQもセールになっています)