終了間近の主要セールが多くなっています(来週水曜日夕方まで)。

Image Line『Harmor』強力なアディティブシンセ

ImageLine社が誇るアディティブ・シンセ・プラグイン「Harmor」。

「Harmor」は、FLStudioユーザーではない他のDAWユーザーても使用可能です。VSTとし動作します。

注意:このソフトウェア群は、Windows用です。Macには対応していません。

2022年3月18日:42%OFF(119ドル→69ドル

*セールは日本時間の4/1(金)18時頃までの予定です。

スポンサーリンク

Harmor:強力なアディティブ・シンセ

ざっと見動画(1分29秒):

デモ動画(11分35秒・日本語字幕可能):

解説動画(13分・日本語字幕可能):

最高のシンセサイザー「Harmor」でボーカルサンプルを編集(15分):

Harmorについて

Harmorは、強力な加法合成エンジンによって駆動されます。

フィルターの種類を選択するだけでなく、それらを描画します。

さらに、40以上のパラメーターを2つの独立したパートに分割し、SYTRUSで有名なマルチポイント・エンベロープ・エディターを搭載しています。同じエンベロープ/マッピングを通して、任意のパラメータをランダム化したり、キーやベロシティにリンクさせたり、ユニゾンボイスを独立して微調整することもできます。

プロセッシング・ユニットは、セミ・モーダルな方法でアレンジ可能です。

2つのフィルターユニットのうち1つをブラーユニットの後に処理する必要がある場合は、問題ありません。

一般的に、時間をかけて大量(1ボイスあたり最大500個)のパーシャルを操作する必要があるため、加法合成は扱いが難しいです。

500個のエンベロープを編集することは人間にはできませんが、2Dイメージを編集することは簡単にできます。

お好みの画像エディタで微調整できるゲイン&ピッチプレーンへのアクセスを取得し、任意のビットマップをインポートして、それがオーディオに変換されるように設計されていなくても、それはまだ面白い音に聞こえるかもしれません。

加法シンセサイザーであるHarmorは、オーディオファイルを再合成することもできます。

多くの加法シンセサイザーのような漠然とした音のようなものではなく、忠実に再現されます。再合成はもちろん、タイムストレッチ、ピッチシフト、または従来の部分音の操作など、微調整することができます。

主な機能

  • CPU効率はサブトラクティブ・シンセサイザーと同等です。

  • オシレーター、フィルター、フェイザーをより自由に操ることができます。

  • フィルターの種類を描きます。

  • ユニゾンボイスをそれぞれ独立して微調整。

  • 2D画像での編集も可能です。

システム要件

  • Windows XP (SP2)、Vista、Win7、Win8、Win8.1、Win10 – (32 & 64 ビット)
  • SSE1をサポートする2GHz AMDまたはIntel Pentium 3互換CPU
  • 512MB RAM
  • 30Mbのディスク空き容量
  • DirectSound または ASIO 互換のサウンドカード
  • 注意:このソフトウェアはWindowsにのみ対応しており、Macコンピュータでは動作しません。

(*Image Line製品のアクティベーション方法

メーカーページリンク

レビュー記事リンク

musicradar.comさんのレビュー(英文)

長所:

  • 豊かで刺激的なサウンド
  • 良い再合成アルゴリズム
  • 素晴らしい画像合成機能
  • 強力なカスタムフィルタ
  • 鮮やかなマルチステージエンベロープ
  • 良く出来たプリセット


短所:

  • 最初見た目的には少し難しく感じること
  • (正式な)Mac版がまだない

セール情報

通常価格:119ドル(以前は149ドル)

セール特価:69ドル(42%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

主なセール価格の推移:

  • 2022年1月:119ドル→71ドル
  • 2021年11月:119ドル→71ドル(ブラックフライデー)
  • 2021年6月:149ドル→59ドル
  • 2020年11月:119ドル→ 71ドル(ブラックフライデー)
  • 2020年7月:149ドル→79ドル
  • 2019年6月:149ドル→59ドル