【無料】tunnA Beatz『Bottlephone』リリース(Kontakt用のボトルフォン音源)

tunnA BeatzがKontakt音源の『Bottlephone』をリリース&無料配布しています。

この音源は、空気を入れたペットボトルを小さなスティック叩いて演奏するユニークなサウンドをフィーチャーしています。

*Kontaktフル版(有料版)のバージョン6.4.2以上が必要です。

スポンサーリンク

Bottlephone

サウンドデモ:

Bottlephone(ボトルフォン)とは?

Bottlephone(ボトルフォン)とは、ペットボトルに空気を入れて作ったKontakt用の楽器です。小さな棒で演奏します。

このライブラリは、ポップス、トラップ、ヒップホップなどのインストゥルメンタルのサウンドに最適です。

各ページには、4つのFXノブと2つのエンベロープコントローラーがあり、どのページがアクティブになっても常に表示されています。

各ページには、それぞれ異なる「テーマ」があります。ページに応じて、Kontaktのエンジンが異なるエフェクトを切り替えます。つまり、KontaktはマスターエフェクトとFXラックのチェーンを変更します。

*Kontaktフル版(有料版)のバージョン6.4.2以上が必要です。

ボトルの紹介

  • FX1: (Delay) ノブは、ディレイ信号の時間ms値のみをコントロールしますが、このエフェクトには、スクリプトによって調整されたいくつかのパラメータがすでにあります。


  • FX2: (Tape) サウンドに透明感とチューブの歪みを加えます。テープコントローラは、WarmthとGainの両方を一度に調整します。


  • FX3: (Space) マスター・サウンドの広がりを調整します。これはリバーブではなく、コーラス効果(Choral by NI)で、そのように設定されているので、通常のリバーブの代わりに広い空間が得られます。


  • FX3: (Phasis) いくつかの倍音とともに、繊細なフェイザー効果を加えます。Phasisは、Choralで作られた空間にフェイズ信号を加えるために、Spaceノブをアクティブにしたときに効果を発揮します。
  • FX1: Reverb)典型的なプレート・リバーブのドライ/ウェット・レベルを調整します。


  • FX2: (Sub) 低音域のゲインをコントロールします。Synthノブを0~20%に設定すると、非常に重厚なベースサウンドを得ることができます。


  • FX3:(Synth)実は、これはPhasisというエフェクトです。ノブを右に回しきると、モノフォニック・シンセサイザー風のクールなサウンドに加えて、演奏している音に応じてエフェクトから生み出される多数の倍音(オクターブ)を得ることができます。


  • FX 4: (Low Cut) レゾナンスを加えたローパスフィルターをコントロールし、ワイルドなサウンドを実現します。

コントロール不可:(コンプレッサー)フードの下には、ヘビーでブーストされたサウンドを実現するヘビー・コンプレッション・プラグインがあります。

  • FX1(Reverb)ワイドなプレートリバーブを追加します。


  • FX 2: (Special Reverb) 深みのあるリバーブのようなエコーを与える特別なコンボリューション・リバーブ・サンプルです。


  • FX 3: (Choral) マスター信号の空間を調整し、コーラスを追加します。



  • FX 4: (Phasis) フェイザー効果と他のパラメーターを調整します。

ヒント: 面白いことに、3番目のページを起動するたびに、ボンネット内のすべてのパラメーターがランダム化されるので、毎回、以前とは少し異なるサウンドを得ることができます。

*取得にはメールアドレスの登録が必要です。