【88%OFF】『InstaScale』8ドル(新しいメロディを見つけるためのMIDIプロセッサプラグイン)

W.A ProductionのMIDIプロセッサ・プラグイン『InstaScale』が88%OFF(69ドル→7.9ドル)になっています。

スポンサーリンク

InstaScale

InstaScaleは、16個の鍵でさまざま演奏を実現するMIDI プロセッシングプラグインです。

楽器が弾けないプロデューサーさんでも、このようなアシスタントツールを使用することで、複雑なメロディを奏でることが可能になります。

紹介動画(4分・日本語字幕可能):

InstaScale – Innovative MIDI Processing Plugin (VST / AU)

デモ&使い方動画(4分50秒・日本語字幕可能):

W.A. Production InstaScale First Look | MIDI Routing in Ableton Live Tutorial

上記のビデオチュートリアルでは、Joshua Casper氏がAbleton LiveでInstaScaleをルーティングして、任意のVSTiをコントロールする方法を紹介します。やり方は数回やってみると簡単です。

また、このチュートリアルではInstaScaleとその機能についても簡単に説明しています。

解説動画(8分50秒・日本語字幕可能):

InstaScale Tutorial | Explore The World Of Scales

InstaScaleの概要

InstaScaleは、新しく発明された、音階を重視した楽器です。

Instascaleはスマートなキーのセットを持っていて、それぞれが異なる音を弾くことができます。

新しい音は、与えられた音階、最後の音の位置、それに割り当てられたキーのアクションに基づいて演奏されます。

VSTインストゥルメント・プラグイン(MIDIルーティング機能付き)やAU MIDIエフェクト・プラグインをサポートしているDAWであれば、どのような楽器でも演奏することができます。

InstaScaleの主な用途

学習

プラグインに含まれている全てのスケールとインターフェイス上に表示される様々な情報により、Instascaleは様々なスケールやモードを素早く学習するための貴重な情報源となります。

耳のトレーニング 演奏方法を知らなくても、様々なキーやモードの音階に慣れることができます。

耳を鍛えることで、音程や距離を素早く認識できるようになります。

ホーム機能を使用すると、特定の音に留まって、その音階の他の音と比較してどのような感情を生み出すかを確認することができます。

本格的な演奏 他の楽器と同じように、十分な練習と努力があれば、他の楽器ではできなかったような、心を揺さぶるような音楽を演奏することができます。

実験とインスピレーションを得る

InstaScaleでは決して間違った音を叩くことができないことを考えれば、ランダムなキーを弾いて、予測不可能な、しかし音楽的に楽しい結果にインスピレーションを得ることができます。

幸せなアクシデントは常に起こります。

MIDIキーボードを使わなくても、ドラムパッド/キットを使って、パッドを正しいキーにマッピングして演奏を始めることができます。

ルールを破る

このプラグインの基本は、まずルールを知ってからそれを破るという、他とは違うしようスタイルにあります。

黒鍵と白鍵、短音階と長音階の概念に縛られることなく、音楽を作るための新しい方法を見つけることができます。

このプラグインはルールを守っていますが、それを変更したり、曲げたり、壊したりすることができます。

スケール、ルートノート、ホームノートをその場で変更したり、クレイジーランをしたり、独自の実験的なスケールを作成することもできます。

スケールを学ぶための教育ツールとして、また現在の知識を広げるためのツールとして、創造性を発揮するための出口として、クイック・リファレンスとして、あるいはライブ・セットに応用するためのツールとして、Instascaleの楽しさを感じ流事ができるはずです。

音楽制作のように、Instascaleには無限の可能性があります。

どのように動作するのですか?

InstascaleはVSTインストゥルメントとAU MIDIエフェクトプラグインとして動作します。

コントローラーからMIDIデータを受け取り、処理されたMIDIデータと交換します。

VSTモードでは、出力をホストアプリケーションの他のインストゥルメントにルーティングすることができます。

AU バージョンは、Logic Pro x のようなタイプをサポートしているホストでのみ MIDI エフェクトとして動作します。

対象となる楽器を演奏するために使用される16の演奏キーがあります。

これらのキーの動作とコントローラ上の配置はカスタマイズできます。

これらのキーには、’Home’のような静的なオフセット値、または’+2’や’-3’のような相対的なオフセット値を設定することができます。このオフセット値と前の音符を使用して、プラグインが実際に演奏される音符を計算します。

演奏キーの他にも、MIDIコントローラーから直接スケールやオクターブなどのパラメータを変更したり、コントロールするためのコントロールキーもあります。

機能

相対音符の演奏

相対的な音符の考え方と楽器を演奏するための新しい可能性を体験してみましょう。

音階

メジャー、マイナー、メロディックマイナー、ハーモニックマイナー、スパニッシュ、アラビック、メジャーペンタトニック、マイナーペンタトニック、ブルース、インセン、ヒラジョシなどの一般的に知られ、使用されている音階のリスト。

ユーザーフレンドリーなインターフェース

ユーザーがより良い経験を持っているとプラグインを最大限に活用するのに役立つさまざまな読み出し、仮想キーボードとグラフィックなどのインターフェイス上の要素がたくさんあります。

スケールの編集または追加

ユーザーは、既存のスケールを編集したり、独自のスケールを追加することができます(フルバージョンのみ)。

ホームノート

ホームノートは、ルートからスケール上の他のノートに変更することができ、異なるモードで演奏したり、コードの変更を伴奏したりすることができます。

多くのオプションを備えたキーの演奏

16の演奏キーそれぞれには、2つのメニューがあります。マッピングメニューとアクションメニューです。最初のメニューでは、鍵盤をコントローラ上のどこに配置するかを決定し、MIDI ノートのリストを表示します。2つ目のメニューでは、キーが何をするかを決定し、静的なオプションと、’Home’、’Repeat’、’+1’などの相対的なオプションがあります。(演奏キーについての詳細は、マニュアルをご覧ください。)

コントロールキー

ライブパフォーマンスを向上させるために設定したり、使用したりすることができるいくつかのコントロールキーがあります。

これらのキーは、コントローラー上のミディノートを使って、スケール、オクターブ、ルート、ホームのパラメーターを簡単にコントロールしたり、変更したりすることができます。

ルート-/+、スケール-/+、ホーム-/+、オクターブ-/+。これらのキーをミディノートにアサインすると、キー(ルート)、スケール、ホームノート、オクターブの値を上下に切り替えて変更することができます。

スケール、ルート、ホーム、オクターブ キーの切り替え

これらは一連のミディノートを割り当てて、1つのノートを叩くだけで特定の値に切り替わるようにします。例えば、Rootスイッチを「C2-B2」に設定すると、コントローラのC2はキーをCに、C#はキーをC#に設定します。

Poly

複数の音を同時に弾くことができる 同じ音を重ねて和音を作ることができます。

例えば、ハ長調の場合、ホームキーと2つの+2キーを重ねると、ハ長調のコード(C+E+G)が出来上がります。音符の順番は重要です。

つまり、DAWでMIDIエディターを使って、同じタイミングで、あるいは重ねて配置していても、最初に作られたノートが最初に処理されたノートになるので、2番目のノートの値は最初のノートを基準にしています。

オクターブシフター

出力オクターブを上下にシフトします。C2’メニューを使用して、入力オクターブをより好ましい演奏位置にシフトしたり、ホストのラベルに合わせたりすることができます。

パススルーモード

パススルーモードに変更することで、ユーザーはプラグインをバイパスしてターゲット楽器を通常通り演奏することができます。

マップ演奏とコントロール・キー

デフォルトの設定を変更して、全てのキーを任意の音符にマッピングすることができます。異なるキーは同じオフセット値を持つことができるので、興味深い演奏モードを設定することができます。

バージョン1.3.0の新機能

  • 新規作成:VST3フォーマット

  • 新規作成:AAXフォーマット

  • 新機能:コード音の個別ベロシティコントロール

  • 新機能:クイックベロシティ・ランプアップまたはダウン・オプション

  • 新規:%75 UI スケーリングオプションと強化されたスキン

  • マイナーなバグ修正:プリセットマネージャ、パラメータなど

システム要件

  • Windows 7以降(32/64ビット)、VST、VST3、AAX

  • OSX 10.7以降(32/64ビット)、VST、VST3、AU、AAX

  • プラグインは古いバージョンでも動作する可能性がありますが、保証はできません。

互換性

InstaScaleは、VST/VST3プラグインをサポートしているソフトウェアであれば、MIDIルーティングやAU,AAXのMIDIエフェクト・タイプがあれば、どのソフトウェアでも使用できます。デモ版ではCメジャースケールのみ使用可能です。

テスト済みのDAW:

Windows

  • FL Studio 12
  • Cubase 9.5
  • Studio One 3
  • Ableton Live 9
  • Pro Tools 11+
  • Mac

Mac

  • Cubase 9.5
  • Studio One 3
  • Ableton Live 9
  • Logic Pro X
  • Pro Tools 11+

互換性のない製品:

  • Maschine 2 (Win / Mac) MIDIルーティングなし

  • Reason (Win / Mac) MIDIルーティングなし

セール情報

通常価格:69ドル

セール特価:7.9ドル(80%OFF)

3がつのセール時と同条件。

上記の製品を購入時に、iZotopeのリバーブ製品(99ドル)が無料でプレゼントされます(7月いっぱい有効):