【無料】Wavegrove『Vastaus』リリース(オーディオシグナルのハイエンドを調整できるプラグイン)

WavegroveからFXプラグイン『Vastaus』がリリース&無料配布されています。

Vastausは、オーディオ信号のハイエンドを調整できるプラグインです。

スポンサーリンク

Vastaus

デモ動画(1分17秒):

Vastausはインストゥルメント・チャンネルやバス、マスターチャンネルに使用できるハイエンドのフィクサー・プラグインです。

(オーディオ信号のハイエンドを調整できるプラグインです。)

無料なので自由に使ってみてください。

プラグインフォーマット:

  • Mac:AU、VST3
  • Windows:VST2、VST3

Vastausの前にEQを追加して、高域を大幅に上げてみて、Vastausがどう反応するかを試してみてください。

  • 入力ゲインとTameを0にすると、最もニュートラルになり、ボーカルに含まれる過度にきつい高音域を抑えてブロックし、シンバルやギターなど、あらゆるものをスムーズにします。


  • Tameを上げると、その効果はさらに高まりますが、ReactスイッチやBias設定によるオプションも増えます。


  • Reactは、Tameが興味深い方法でトランジェントを通し始めるモードで、より詳細で明瞭な音を引き出しますが、音は滑らかになります。


  • Biasでは、オーディオサンプルのプラス側またはマイナス側に効果を限定することで、サウンドをさらにコントロールすることができます。
    そして、その過程でハーモニクスを生成します。私はこれを「シルキー」と呼んでいますが、有名なハードウェア・ユニット・メーカーもこれに似たプロセスを採用しているようです。

最後にゲインです。

  • Input Gainは、入力される信号全体のブーストをコントロールし、Output Gainはパッドの役割を果たします。


  • 入力ゲインを上げることで、信号を整えた後にさらに高音を出すことができるので、エレキギターなどの楽器には特に有効です。


  • Biasノブを併用することで、Vastausはレベリングツールとしても機能し、高音域を元の信号よりもはるかにブーストして伸ばすことができます。


  • Wetノブを使って、変化した信号をオリジナルの信号と好きなようにブレンドすることができます。

そして何よりも素晴らしいのは これは無料で、Patreonによってサポートされています。

配布情報