ブラックフライデーセール 2022【終了日順まとめ】

【39ドル】Iceberg Audio『The Sub』深みのあるベースサウンドを「2ノブ+α」の超簡単操作で実現するVSTi

The Subは、サブベース・サウンドの作成に特化したバーチャルインストゥルメント(プラグイン)です。

2ノブ+αのシンプルなインターフェースで簡単に最先端のサブベースサウンドをデザインできます。

2022年10月7日:

Iceberg Audio The Sub Sale』で33〜47%OFFになっています。

*セールは日本時間の11/11(金)夕方までの延長中です。

スポンサーリンク

The Sub:サブベースを簡単に作成できるプラグイン

Iceberg AudioのThe Subは、(アナログとデジタルの)「サンプリング音源」と「signal processing techniques」(信号処理技術)を組み合わせた高品質のサブベース用インストゥルメント(プラグイン)です。

深みのある豊かなベースサウンドを簡単な操作のみで実現します。

(初心者にも優しい「2ノブ+α」の非常にシンプルな操作系統で、高品質なローエンド作成できます。)

超シンプルなUIとプリセットを用いて、好みのサウンドを探って、そのサウンドをトラックに合わせてシェイプし、そして、それを効果的にミックスするために必要なすべての機能を備えています。

『The Sub』のデモ動画

The Subを使用してトラックに低音を追加する方法(2分・日本語字幕可能):

プリセットデモ(2分):

Plugin Boutiqueのジョシュア・キャスパー氏によるデモ動画(6分・日本語字幕可能):

機能解説動画 (4分27秒・日本語字幕可能):

レビューとデモ(10分・日本語字幕可能):

新着レビュー動画(11分・日本語字幕可能):

私のメインベースシンセ「The Sub」の紹介(6分・日本語字幕可能):

管理人メモ:

同じくサブベース作成用バーチャルインストゥルメントの「FAWのSUBLAB」とも比較できますが、このThe Subはよりシンプルであることに重点を置いた製品であるようです。

『The SUB』の詳細

サブベース製作のソリューション『The SUB』

The Subは、最高のサブベースサウンドを提供する一点集中型のバーチャルインストゥルメントです。

少ないことはより多くのことを意味します。

洗練されたサウンドセットを使用して、微調整にかける時間を減らし、音楽制作にかける時間を増やすことができます。

この製品は、Davide Gubitoso (The Golden Army)とPhilip Mackenzie (Reality Decks VR)によって作成されました。

DRIVE

サブベース周波数用にカスタム設計されたアルゴリズム

サブベースはミックスの基礎となるものです。

そのため、サブベースだけでなく、サブの特定のサウンドセットに合わせたドライブコントロールを開発しました。

高度なアルゴリズムにより、The Subを幅広いオーディオシステムで聞くことができ、最終的により良いサウンドのミックスを生み出すことができます。

低域の明瞭度を損なうことなく、サウンドに暖かみと深みを加えるためにお使いください。

Extra Attack

ミックスを切り抜く

もっとパンチが必要ですか?

Extra Attackは、ミックスの中を切り抜けるのに役立ちます。

これは単なるエンベロープではありません。各プリセットには、カスタムデザインされたExtra Attackプロファイルが付属しています。それぞれのプリセットにパンチが効くように慎重に調整されています。

内部的には、Extra Attackはピッチに依存しないアタックオーバーレイを適用することで機能します。これにより、各ノートに均等な力でパンチを与えることができます。

The Subを拡張しよう

最新版のThe Subは外部のパックから拡張も可能です。

The Golden Armyによる13種類の必須のサウンド(Couple、Egg、Grass、Grill、Jelly、Kilo、Pillow、Soap、Tomato、Clip、Highlighter、Pencil、Ruler)を収録した「Submarine 1」と「Submarine 2」の拡張パックが、本製品には無料で付いてきます。

The Sub All Expansions Bundle

The Subの拡張パック全製品(7製品)が入った「The Sub All Expansions Bundle」もセール中です。

The Sub All Expansions Bundle(70ドル → 40ドル)

システム要件

  • DAWサポート:Ableton Live、FL Studio、Logic、Cubase、Studio Oneなど
  • Mac OS 10.10以上、Windows 10に対応
  • VST3とAUとして利用可能
  • アクティベーションに必要なインターネット接続

セール情報

通常価格:59ドル

セール特価:39ドル(33%OFF)

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*価格推移:(全て単体製品のセール

  • 2022年1月:59ドル→39ドル
  • 2021年1月:59ドル→39ドル
  • 2021年11-12月:59ドル→39ドル
  • 2021年7-8月:59ドル→39ドル
  • 2021年1月:59ドル→39ドル
  • 2020年11月:59ドル→29ドル(リリースセール)

フルバンドルもセール中

*以下の製品群が入った総合バンドル『The Sub Full Bundle』もセール対象になっています。

  1. The Sub 本体(59ドル→39ドル)



  2. The Sub All Expansions Bundle(70ドル→40ドル)

    The Sub用拡張パック:7製品のバンドル



  3. Beatgrader(19ドル)

    *この製品の詳細については後述します。

通常価格: 149ドル

セール特価: 79ドル(47%OFF)

『Beatgrader』について(水中FX&ローファイ作成用FX:VST3/AU)

Beatgraderは、ローファイサウンドや、水中、歪んだローエンドを作成できるサチュレーション系のプラグインです。

Beatgraderの紹介動画(6分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Beatgrader』

オーディオからハイエンドのディテールを取り除き、ローファイにするための最短ルートです。

Beatgraderは、ローファイ、水中、歪んだローエンドを作るためにビートメーカーが使用している技術をモデルにしています。

さらに、そのプロセスにサチュレーションを加えることで、より重みのある音に仕上げることができます。

リサンプリング周波数のボタンを選択するだけで、サチュレーションを適用できます。

リサンプルレートを選択すると、ハイエンドのディテールを素早く取り除くことができます。

Beatgraderのアルゴリズムは、オフラインのリサンプリング技術をモデル化し、独特のローファイな水中サウンドをリアルタイムで実現します。

重みを持たせるためのサチュレーションコントロールを搭載。

特徴
  • 超低レイテンシー

  • サチュレーションコントロール

  • VST3とAUフォーマットで192kHzに対応

  • リサイズ可能なUI

  • IntelおよびM1 Apple Silicon Nativeに対応
システム要件
  • DAWサポート Ableton Live、FL Studio、Logic、Cubase、Studio One、その他
  • macOS 10.10以降およびWindows 10(64ビットのみ)に対応
  • VST3およびAUとして利用可能
  • アクティベーションにはインターネット接続が必要
  • 1つのライセンス/購入ですべてのコンピューターをカバー
  • 重要:BeatgraderはVST3およびAUフォーマットで提供されます(AAXおよびVST2フォーマットは利用できません)。

通常価格:19ドル

Iceberg社製品の総合セールページ