FLUX::『Evo Channel』効率的に素早くミックスを整える次世代チャンネルストリップ

Flux社のチャンネルストリップ・プラグイン『Evo Channel』が67%OFFのセールになっています。

かなりレアなセールだと思います。

FLUX::『Evo Channel』は、著名なレコーディングエンジニアのYves Jaget氏とFLUX社が共同開発しているチャンネルストリップ・プラグインです。

従来のチャンネルストリップのEQとDynamicsの組み合わせを踏襲しつつ、さらに新しい機能を追加したミキシングツールです。

(サチュレーション、コンプレッション、EQ、ディエッシング、トランジェントシェイピングなどのパワフルなツールが搭載されています。)

*セールは8月26日(火曜日)朝8時までです。

スポンサーリンク

『Flux Evo Channel』の概要

究極のチャンネルストリップの再定義『Flux Evo Channel』。

「Evo Channel」は、5つの革新的なオーディオ・プロセッシング・モジュールで構成される、モジュール・ベースのチャンネル・ストリップ・プラグインです。

ざっと見動画(28秒):

紹介動画(3分20秒 ・自動翻訳の日本語字幕可能):

FLUX::『Evo Channel』の主な特徴

  • チャンネルストリップのモジュールを自由に配置できるモジュールベースの設計。


  • 最適化されたスペクトラムアナライザー:

    Flux社の定評あるソフトウェア「Pure Analyzer」から派生したスペクトラムアナライザー。周波数帯域を正確に把握することができます。



  • DRIVE:

    オーディオトラックにシンプルにアナログの温かみを加えるソフトサチュレーションモジュール



  •  Linear Phase

    FLUXが設計したレイテンシーゼロのリニアフェイズ補正ツール。



  •  Linear Phase:

    パラメーター設定とは無関係に最適なS/N比を維持するよう慎重に調整された、独自のState-SpaceテクノロジーのパラメトリックEQとフィルター。



  • コンプレッサー:

    高い評価を得ているFlux::のPure Compressorエンジンから採用された「マルチモード」コンプレッサー。
    Start、Kick/Snare、Overhead、Drum Bus、Bass、Acoustic、Piano、Vocal、Mixの9種類のコンプレッサーを1つのモジュールに搭載しています。さらに、独自のオートアダプティブなリリースコントロール、パラレルウェット/ドライ機能など、便利なパラメータ調整機能も備えています。



  • TOUCH:

    「Touch」は、以下の7つのモードで定義されるマルチツールモジュールです。
    トランジェント・ブースト、トランジェント・キル、サスティン・ブースト、サスティン・キル、ディエッサー1、ディエッサー2、エクスパンダー。
    7つのモードはそれぞれ、入力されるオーディオ信号の特定の周波数帯域に作用します。



  • Dolby AtmosとAmbisonicに対応し、最大3次16チャンネルまで対応:

    サンプリングレートが384kHzまでのハイレゾリューションDXDオーディオに対応。



  • 入力、出力のゲインコントロールとすべてのパラメーターノブのメモリーロケーションの保存と呼び出しにより、レベルや値の変更を素早く行うことができます。



  • Yves Jaget氏による50種類の便利なファクトリー・プリセットが含まれています。

「Evo Channel』の主な用途

「Evo Channel」は、様々な側面からサウンドをコントロールすることができるチャンネルストリップ・プラグインです。

ワークフローとサウンドの面でクリエイティブなデジタル・イノベーションの利点を加え、効率的、迅速、かつ実践的に設計されています。

主に以下の用途で真価を発揮します。

  • マルチトラック・ドラムの位相補正

  • トランジェントを強調したり、レゾナント・フリークエンシーを整える

  • サチュレーションとドライブで個々のトラックに暖かさを加える

  • 一般的なミキシング作業

メーカーページ

『Flux Evo Channel』の詳細

(ミキシングを次のレベルへ押し上げる)Evo Channelの各機能

Gain/Drive(ゲイン/ドライブ)で生命力と活力を取り戻す

最適なシグナルチェーンを構築するためには、適切に管理されたゲイン構造が最も重要です。

EVO Channelでは、素材に柔らかな飽和感(サチュレーション)と暖かさを加えるために設計された信号Driveが、音の活力を回復・維持するために入力Gainに直接供給されます。

Phase(フェーズ) でサウンドを再構成する

考慮すべき最も重要なパラメータの1つである「Phase(位相)」は、「1つの同じ音源に複数のマイクを使用する技術」であり、典型的な例はドラムキットのサウンドをセットアップするときです。

マイクロホンの位相をコントロールすることは、スタジオでもライブでも共通して必要なことです。

EVO Channelでは、物理的にマイクを動かすのと同じ自然なことを実現するために、スペクトル全体にわたって任意かつ直線的な位相の回転が提供されます。

このフェーズはFlux::独自の研究成果であり、このユニークなアルゴリズムはゼロレイテンシーでの「リニアな位相補正*」を可能にします。

(*同じ部屋で同時に録音された全てのトラックのPhaseモジュールを有効にすることで可能。)

解説動画(2分31秒):

EQ/Analyzer :色を塗るためのキャンバス

チャンネルストリップの礎となるのは、よくできた、効率的で完成度の高いイコライザーです。

EVO Channel EQは、わかりやすい包括的な4バンドのパラメトリックイコライザーで、ロー/ハイシェルフと6-24dBのロー/ハイカットフィルターが追加されています。

グラフィカルでインタラクティブなEQカーブは、内蔵されたスペクトラム・アナライザーの上に重ねられており、視覚的なレスポンスに直結したハンズオン編集が可能です。

スペクトラムアナライザーは、Flux:: Pure AnalyzerをベースにEVO Channel用に最適化されたものです。素材の異なる周波数領域で何が起こっているのかを正確に直接見ることができます。

解説動画(4分34秒):

コンプレッサー:サウンド・アティテュード・ジェネレーター

コンプレッサーは、信号のダイナミクスをコントロールするだけでなく、サウンドのアティチュード(姿勢)を形成するためにもよく使用されます。

コンプレッサーをクリエイティブで芸術的な方法で使用するには、使いやすく、興味深いサウンドを生み出す能力を備えていることが重要です。

EVOチャンネル・コンプレッサーは、モジュール内でパラレル・コンプレッションを可能にすることで、幅広いレンジと多彩なサウンドを提供する9種類のコンプレッション・モードと、コンプレッションのレベルを調整するウェット/ドライ・コントロールを備えいます。

解説動画(4分19秒):

Touch:魔法を引き出すケーキの上のアイシング

EVO ChannelのFinal Touchモジュールは、素材の要件に合わせて設計された様々なプロセッサーを提供するポリモーフィックセクションです。周波数依存のDeEsser、Expander、Transient and Sustain Designerを含む7つの異なる処理モードを備えています。

解説動画(3分44秒):

マルチチャンネルサラウンド、Dolby Atmos、Ambisonics、ハイレゾリューションに対応

このEvo Channelは、最大10チャンネルのDolby Atmosと、AVID Pro ToolsのDolby Atmos 7.1.2 / 7.0.2 Track and Busに対応しています。

最大16チャンネルの3次アンビソニックスと、1次、2次、3次のアンビソニックスのためのAVID Pro Toolsの新しいバスとトラックフォーマットに対応し、Ambisonics(アンビソニックス)オーディオとミックスの作成と操作が可能です。

サンプリングレートが384kHzまでの高解像度DXDオーディオに対応しています。

ライブ&シアターのためのダークモード

EVO Channelのグラフィカルユーザーインターフェースの表示モードは、ダークモードとライトモードに設定できます。

ダークモードは、ライブやシアターなど、慎重さが重要視される場面でのオプションとして用意されています。

より詳細な情報については、こちらのマニュアルをご覧ください。

デモ動画

解説&レビュー動画(22分34秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

チュートリアル動画(24分13秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

システム要件

プラグインフォーマット

  • AU
  • VST、AAX Native*
  • AAX AudioSuite*
  • Waves WPAPI(SoundGrid V9)

* AAX NativeとAAX AudioSuiteはPro Tools 11以降に対応

OSの互換性

Windows:7 SP1、8.1、10(いずれも64ビットのみ)
Mac OS X (Intel) : 10.11以降のすべてのバージョン(64ビット版のみ)

ハードウェアの仕様

OpenGL 2.0に対応したグラフィックカードが必要です。USBディスプレイには対応していません。

Windows:

ATiまたはNVidiaのグラフィックカードを搭載している場合は、ATiまたはNVidiaのウェブサイトに掲載されている最新のグラフィックドライバーがインストールされていることを確認してください。

Mac:

OpenGL 2.0が必要です。Mac Pro 1.1およびMac Pro 2.1はサポートされていません。

ソフトウェアのライセンス条件

ソフトウェアを使用するためには、iLok.comのユーザーアカウントが必要です(iLok USBスマートキーは必要ありません)。

詳細ページリンク

レビュー記事リンク

gearspaceのレビュー

https://gearspace.com/board/reviews/1222205-flux-evo-channel.html

Evo Channelは多芸多才な製品です。EQやTouchをはじめとする追加機能が非常に優れています。

現在使用しているチャンネルストリップに満足していないミキシングエンジニアやプロデューサー、あるいはミックスの中核となる要素を処理する単一のツールを探している人にお勧めです。

また、マルチマイクで録音された多くの素材をミックスしている人には、ぜひ試していただきたいツールです。

長所:

  • 全般的に素晴らしいサウンドと機能が満載です。
  • 基本的なミキシングタスクと複雑なミキシングタスクの両方を簡単に処理するのに十分な多機能性があります。
  • トランジェント操作、拡張、ディージングを備えた興味深いタッチセクション。
  • Phaseモジュールは、マルチマイクレコーディングを扱う際の天の恵みです。

短所:

  • リサイズ/スケーリングオプションのない小さなインターフェイス。
  • シンプルなピークリミッターの搭載が望まれます。

セール情報

通常価格:126ユーロ(約15,827円)

セール特価:42ユーロ(67%OFF・約5,276円)