【無料配布】HAPPY MAG『Sydney Sounds: Sample the City』街の音をフィーチャーしたAbleton Live専用サンプルパック(6種類)

オーストラリアのカルチャーマガジン「Happy Mag」がAbleton Liveで使用できるサンプルライブラリ『Sample the City』シリーズ(6種類)を無料配布しています。

Happy Magは、この『Sample the City』シリーズで、シドニーの街のサウンドを誌上でコレクションし皆とシェアしています。

スポンサーリンク

『Sydney Sounds: Sample the City』シドニーの街のサウンド

Ableton Liveユーザーのための無料サンプルパック『Sydney Sounds: Sample the City』

Sydney Soundsは、Ableton Liveユーザーのための無料サンプルパックの継続的なコレクションで

地元のアーティストやプロデューサーによってキュレーションされたサンプルパックシリーズです。

この街とそのカラフルなノイズを表現する最大のオーディオコレクションを目指しています。

パックは、Happy Magが選んだアーティストと一緒に制作されています。

各クリエーターは場所を選び、フィールドレコーディングの機材を持って一日を過ごし、スタジオに戻って音のカタログを作成します。

各Sydney Soundsパックには、少なくとも1つの16サンプルのドラムラック、より長いアンビエント・サンプル、その他が含まれています。

https://happymag.tv/sydney-sounds/

Made in Paris

ディープハウスとテクノのプロデューサーであるMade in Parisは、彼女のダークな音楽的アプローチに適したインダストリアルサウンドを求めて、地元のジムに通いました。

重りの音、メディシンボールの音、トレッドミルやエクササイズバイクのビープ音やハム音などをビートにしています。

Montaigne

2021年のユーロビジョンにオーストラリア代表として出場したばかりのハイパーポップ・シンガーソングライターのモンテーニュは、ビーチサイドのスケートパークを訪れ、コンクリートの上を走る車輪の音、レールの上を走るトラックの音、地面にぶつかるスケートボードの音を集めました。

Kat Harley

ミュージシャンであり、ビール愛好家でもあるKat Harley氏は、The Grifter Brewing Co.での醸造プロセスの音を録音することで、情熱を結集しました。彼女は、缶を開ける音やグラスを鳴らす音、反響するビール樽の音、木管楽器のようなビール瓶の音など、さまざまな質感や音色を集めました。 

Matt ‘xiro’ Fioravanti

Matt ‘xiro’ FioravantiのSydney Soundsパックは、8ビット風のパーカッシブなサウンドの宝庫です。

プロデューサー兼ライブサウンドエンジニアのMatt ‘xiro’Fioravantiは、Timezoneゲームセンターにフィールドレコーディング機材を持ち込んで、この古典的な場所の血の出るようなマシン、叩くボタン、ドスンと鳴るボール、そして混沌とした雰囲気を集めました。

Mookhi

プロデューサー兼作曲家のMookhiは、Reverse Garbageのリサイクルセンターを音で散策することで、ゴミを宝に変えました。

このパックには、あらゆる種類のパーカッシブでテクスチャー豊かなサンプルが含まれています。「ドスン」という音、「ドスン」という音、「ガラガラ」という木の音、「カチャカチャ」という金属の音、「ゴロゴロ」という音、「ゴロゴロ」という音などです。 

Lupa J

ダークで複雑なポップミュージックのプロデューサーであるLupa Jは、インダストリアルなサウンドのビートに惹かれます。

自分たちのスタイルに合った音を探すために、彼らは地元の放送局に向かい、雷鳴のような貨物列車、電話ボックスや自動販売機の金属音、ピッピッと鳴るOpalカードリーダーなどを録音しました。 

ダウンロード先リンク

*メールアドレスの登録などなしにすぐにダウンロードできます。