BeatSkillz『Synthwave Drums V2』リリース(簡単操作の即戦力ドラムプラグイン)Synthwave, Vaporwave, Nu-Disco制作に最適なレトロ系サウンドが満載

BeatSkillzのレトロ系ドラムプラグイン「Synthwave Drums」の『Synthwave Drums V2』がリリースされました。発売記念セールも同時開催されています(半額です)。

通常価格:79ドル → セール特価:39ドル(50%OFF)

*9月16日(木曜日)夕方まで。

スポンサーリンク

『Synthwave Drums V2』簡単操作の即戦力ドラムプラグイン

デモ動画(2分12秒):

synthwave drums v2は、シンセウェイブ、ヴェーパーウェイブ、レトロ、80年代、そしてニューディスコ&ブギーなどの音楽スタイルをカバーするドラム・プラグインです。

対応プラグインフォーマット:AU, VST3, AAX – MAC/WIN (Apple M1シリコンにも対応済み)

サウンドデモ:

Synthwave Drums V2は、シンセウェイブ、ヴェイパーウェイブ、レトロ、80年代、ニューディスコ、ブギーなどの音楽スタイルをカバーするドラム・プラグインです。

作り込まれたシンセウェイブ系のドラムサウンドを搭載

すぐに使用できる優れたシンセウェイブ系のドラムサウンドが備わっているので、すぐに制作に取り入れることができます。

収録されているドラムキットライブラリは、ドラムキットごとに整理されており、また、キック、スネア、ハットなどの単一カテゴリーのヒット曲としても整理されています。

合計で1300以上のドラムサウンドが、すぐにブラウズできるプリセットにまとめられています。

これにより、これらの美しいサウンドに簡単にアクセスすることができ、楽にビートを刻むことができるので、制作や作曲をより迅速に行うことができます。

このSynthwave drums V2には、「VCA(British Console)コンプレッサー」や「3バンドEQ」などの機能が新たに追加されています。

外部のサンプルも使用可能(12のパッドにドラッグアンドドロップすればOK)

そして、時にはキット内のサウンドを自分のサウンドに置き換えたい場合もありますよね?

問題ありません。

12個のパッドにあなたの手持ちのサンプルをドラッグ&ドロップすることもできます。

パッドごとにピッチ、ボリューム、パン、リリースを変更できるマルチアウトを搭載しています。

独自のプリセットを保存、編集することができます。

サンプルの内容を外付けドライブに簡単に移動できます。

また、任意のパッドを任意のMIDIキーに割り当てることができます。

パッドごとのソロとミュート機能もあります。

その他の機能として、サンプルコンテンツの移動があり、コンフィグのコピーなどの手間をかけずに、ワンクリックで簡単にサンプルやコンテンツを別のドライブに移動できます。

Beatskillzは、ビンテージドラムマシンの制作に関するあらゆる側面を研究し、品質、使いやすさ、インスピレーションを損なうことなく、迅速なワークフローと使いやすさを提供することに努めました。

特徴

  • 1300以上のドラムサウンド、73のマルチドラムキット、100以上のプリセット

  • 独自のサンプルをドラッグ&ドロップ

  • 8つのマルチアウト。

  • パッドごとのVol、Pitch、Pan、Release、Equalizer、Compressorを搭載

  • ライブラリ再配置機能

  • オリジナルキットの保存が可能

システム要件

Mac

  • macOS 10.14 Mojave以降(Catalina & M1 Big Sur対応)
  • VST3 / AU / AAX (64ビットホスト)
  • Intel i5以降 / AMD Athlon 64または同等の2 / M1 Apple Silicon
  • 2 GB RAM / 300 MB HD 必須

Windows

  • Windows 10またはそれ以降
  • VST3 / AAX (64ビットホスト)
  • インテル i5 以降 / AMD Athlon 64 または同等の機種
  • 2GBのRAM/300MBのHD

プラグイン形式

  • AU
  • VST3
  • AAX

セール情報

通常価格:79ドル

セール特価:39ドル(50%OFF)

*上記の製品を購入時に、Melda Productionの『MDynamicEq』(通常価格:76ドル)が無料でプレゼントされます(8月いっぱい有効)