【無料】decent SAMPLES 『Box Harp』暖かみのあるハープの実験音源(Decent Sampler, Ableton Live, Kontakt, SFZ, EXS)

decent SAMPLESからハープの実験音源『Box Harp』がリリース&無料配布されています。

Box Harpには5つのフォーマットが用意されています(Decent Sampler, Ableton Live, Kontakt, SFZ, EXS)。

スポンサーリンク

『Box Harp』弦楽器の実験音源

紹介動画(2分12秒):

『Box Harp』は、暖かみのある独特のサウンドを持つ自作の弦楽器の実験音源です。

以下の5つのバージョンが用意されています。

  • Kontaktフォーマット v1.0.6(フルリテール版 Ver.5.8.1以降が必要)

  • SFZ形式 v1.0.6

  • DecentSamplerフォーマット v1.0.6

  • Ableton Live 9 フォーマット v1.0.6

  • Logic EXSフォーマット v1.0.6

Box Harpについて

7年前のある雨の日、私は古い木箱を持って地下室に向かいました。 数時間後、私はテーブルトップの大きなハープを手に入れました。

演奏はとても簡単です。弦を見下ろすように端から弾いてもいいし、琴のように片側から弾いてもいい。弦はナイロン製なので、素手で弾くこともできるし、ピックを使うこともできます。

今までは、私だけが楽しんでこの楽器を弾いていました。

でも、今日はそれが変わることを願っています。この楽器をサンプリングして、サンプルライブラリを無料で公開します。

温かみのある独特のサウンドで、さまざまな場面で活用できます。

今回のリリースでは、素手で弾いた音とピックで弾いた音の両方を録音しました。

聴いていただければわかると思いますが、かなり違ったサウンドになっています。この2つのアーティキュレーションは、特に相性が良いですね。また、3つ目のFXレイヤーとして、弾いた音にコーラスとリバーブを加えたものもあります。

お使いのサンプラーのプラットフォームによっては、リバーブとディケイをコントロールする2つのノブがあるかもしれません。

Dave Hilowitz

2つのレイヤー

  • フィンガープラックド:2つのベロシティレイヤーによる4つのラウンドロビン


  • ギターピックで弾く:4つのラウンドロビン(1つのベロシティ・レイヤー)とベロシティ・ベースのローパス・フィルター


  • FX:フィンガー・プラッキング・レイヤーにコーラスとリバーブを加えたもの

5つのフォーマット

  • Decent Samplerバージョンは、無料のDecent Samplesプレイヤープラグインで動作します(こちらからダウンロードできます)。

  • Kontakt版は、Native Instruments社のKontakt 5.8.1以降のフルバージョンに対応しています(Kontakt Playerには対応していません)。

  • SFZバージョンはPlogue Sforzandoで動作確認済みです。

  • EXS版はLogic Pro 10.6.0で動作確認済みです。

  • Ableton Liveバージョンは、Live 9以上で動作確認済み。

内容

  • サンプルレート:24-bit 48khz

  • ライブラリサイズ:250MB

配布先情報