【リリースセール!】Arturia『SQ80 V』80sのデジタルシンセ・ヒーロー「Ensoniq SQ-80」を詳細に再現し使いやすさを高めたソフトウェア・シンセ

Arturiaの新しいエミューレション・シンセ「SQ-80V」がリリースされました。既に各所で話題になっていますね。

このSQ-80Vは、1980年代後半に発売されたハイブリッドシンセサイザー「Ensoniq SQ-80」をArturiaの最新技術を駆使し精緻に再現したソフトウェア・シンセサイザーです。

このページでは「SQ-80V」の機能の概要とセール情報について記述しています。

スポンサーリンク

『SQ80 V』80sのデジタルシンセ・ヒーロー「Ensoniq SQ-80」を詳細に再現し使いやすさを高めたソフトウェア・シンセ

Arturia『SQ80 V』は、難解なデジタル・シンセを扱いやすくしたソフトウェアシンセです。

ハイブリッドなローファイ・キャラクター、複雑なインダストリアル・テクスチャー、そして何千ものユニークな波形の組み合わせを織り交ぜ、現代的な音楽制作に耐えうる即戦力シンセに昇華させたArturiaの自信作です。

ざっと見動画 1(1分):

ざっと見紹介動画 2(2分38秒):

プリセットサウンドのデモ 1(4分):

プリセットサウンドのデモ 2(5分39秒):

プリセットサウンドのデモ 3(14分25秒):

プリセットサウンドのデモ 4(55分42秒):

全体的なシンセの紹介動画(14分11秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

インターフェースと各サウンドを紹介。

Arturiaによる紹介動画(22分47秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

DJ兼音楽プロデューサーのCharlieが、象徴的なシンセサイザーの歴史、主な機能、Arturiaオリジナルの拡張機能を紹介。

デモ&チュートリアル動画(24分・自動翻訳の日本語字幕可能):

メインの「ハードウェア」パネルをはじめ、ボイス&サウンドデザイン機能の詳細や、ファクトリープリセットのいくつかを紹介。

デモ動画(11分33秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

【日本語】ARTURIA SQ 80 V アートリアエンソニック 操作方法 その1 ~基礎操作編~(18分24秒):

デモ&レビュー動画(9分21秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

『SQ80 V』の詳細

オーガニック・デジタル・ウェーブメーカー

ハイブリッドなローファイ・キャラクター、複雑なインダストリアル・テクスチャー、そして何千ものユニークな波形の組み合わせを織り交ぜ、現代の制作に適した即戦力のソフトシンセに仕上げました。

ArturiaのSQ80 Vが、デジタル・シンセを使いやすくします。

デジタルの夢が生まれる場所『Arturia SQ80 V』

デジタル・シンセサイザーといえば、鋭い音、透明感のある音、正確な音というイメージがありますが、SQ80 Vにはそれとは違う発想があります。

SQ80 Vは、ルールを破るデジタル・アンチヒーローをソフトウェアで詳細に再現しています。

ジョン・カーペンターやアダムスキー、ミスター・バングルなど、数え切れないほどのアーティストが好んで使っていた硬質で個性的、魅力的な不完全さを、複雑さと親しみやすさ、集中力と複雑さ、エッジーさと夢のようさを同時に備えた、これまでにない楽器を提供します。

デジタル・エッジ(シルクのように滑らかな音から鋭い音)

SQ80 Vに搭載された完璧にモデリングされた8ビットの5503 DOCチップは、シルクのように滑らかな音から鋭い音まで、独特の有機的な特徴を持つデジタルサウンドを提供します。

アナログ・キャラクター

デジタル・オシレーターとエミュレートされたアナログ・フィルターおよび出力回路が衝突し、うなるような正弦波、ジリジリとしたハーモニクス、完璧に不完全な暖かいローファイ・ティンバーが生まれます。

進化したウェーブフォーム

波形、楽器スタイルのトランジェント、隠れた波形、VFXトランスウェーブなど、何千通りもの組み合わせが可能で、オリジナルのハードウェアを超えるサウンドデザインの可能性を秘めています。

難解なデジタルシンセを簡単に

デジタル・シンセは、ハードウェアとソフトウェアの両方において、プログラムを組むのが難しいとされてきました。SQ80 Vは、そのような傾向に反して、没入感のあるデジタル・アーキテクチャーを持ち、手間をかけずに瞬時に調整することができます。

波に乗る

Ensoniq(エンソニック)の「SQ80」は、史上最も売れたコンピュータと言われるコモドール64を開発したエンジニアによって作られ、厳しい競争にさらされました。

発売当時はハードウェアシンセサイザーのデジタル化が進んでいましたが、SQ80はカルト的な人気を博しました。

アナログシンセサイザーにはない温かみと個性、1万時間の練習を必要としない柔軟な音色とモジュレーションコントロール、どんなスタイルにも対応できる前代未聞の音色を生み出す強力な鍵盤などを備えたデジタルシンセサイザーでした。

そして、そうでありながら、同クラスの楽器のような高額な価格設定ではなかったのです。

ウェーブフォーム

SQ80 Vのユニークな音色は、波形(ウェーブフォーム)の組み合わせと操作にあります。

3つのオシレーターにはそれぞれ異なる波形を割り当てることができます。SQ80 Vでは、オリジナルの内蔵ライブラリのクラシックな波形と、Arturiaが追加した数百種類の波形を組み合わせることができます。

(波形は、馴染みのあるものからアブストラクトなものまで様々なものを備えています。)

柔らかく動くストリングスパッド、パルス幅のあるプラッキーなベース、グリッチなインダストリアル・パーカッションなど、自由に使えるサウンドの幅は非常に広いものになっています。

  • SQ80 Waveforms:

    キーボードのオリジナル・ファクトリー・ライブラリーで、正弦波からユニークなドラムのトランジェントまで、すべてが合成されたものです。


  • Transwaves:

    Ensoniq の後続世代のシンセサイザーから採用された追加テクノロジーで、ウェーブテーブル・アプリケーションの先駆的な形態である「Transwaves」を含みます。


  • ESQ-1 Hidden Waveforms:

    ESQ-1はSQ80に先行していますが、同じソフトウェアを搭載しています。同じ「ハック」を適用して、ユニークな波形の新しいセレクションを生み出した。


  • SQ80 Hidden Waveforms:

    オリジナルのSQ80のソフトウェアをハックすることで、ユーザーはコードを操作するだけで予測不可能な一連の波形を発見することができた。

アナログの色合い

SQ80 Vのユニークなボイスは、8ビットのオシレーターと無限のハイブリッド波形の組み合わせから始まります。

これらのコンポーネントが、エミュレートされたCEM 3379アナログ・フィルターと衝突したとき、SQ80 Vは真価を発揮します。

エミュレートされたアナログ・フィルターとアンプを通してデジタル・サウンドを処理することで、SQ80 Vは、有機的な不完全さ、クランチーなハーモニクス、具体的なローファイ・ディストーションをモダンなミックスに注入することができます。

Arturiaは、独自の「TAE®テクノロジー」を使用して、オリジナルのハードウェアのように歌い、吠え、うなるバーチャル・インストゥルメントを実現するために、このアンプを比類のないディテールでリモデリングしました。

レイヤー化したユーザーインターフェースを提供(3種類のビュー)

SQ80 Vは、そのコントロールの即時性からゲーム機のような美しさまで、本物のように魅力的でエッジの効いた、親しみやすいものです。

DAWやスタンドアローンのインストゥルメントとして使用し、文字通り、波を起こしましょう。

ハードウェアビュー

オーセンティックな体験

メイン・インターフェイスはオリジナルと同様にシンプルで、ミニ・ディスプレイ・メニューからチューニング、波形選択、オクターブ切り替えなど、主なボイス・コントロールにすぐにアクセスできます。

シンセシス・ビュー

オシレーター・トリプルスレット

「シンセシス」タブでは、SQ80 Vの3つのオシレーターをより詳細にコントロールできます。

それぞれのオシレーターは専用のDCA(アンプ)を持ち、数百種類の波形を選択できます。このシンプルな構造は、クラシックなアナログ・シンセに匹敵するもので、複雑なサウンドにもかかわらず、非常に親しみやすいものとなっています。

また、オリジナルのように、ユニークなハードシンクやAM(アンプリチュード・モジュレーション)の設定を探求し、より抽象的なサウンド・ビヘイビアを引き出すことができます。

アナログ出力

デジタルとアナログの融合には魔法がかかります。

SQ80 Vには、細心の注意を払ってモデリングされたCurtis CEM 3379チップが搭載されており、美しく温かみのあるレゾナンス・アナログ・フィルターとステレオ増幅ステージを提供します。

さらに、Arturiaは微妙なアナログ分散を実装することで、アナログ回路の刻々と変化する挙動をニュアンス豊かに再現し、真にオーガニックなサウンドを実現しています。

3つのオシレーターの多様性

3つの異なる波形を重ねることで、ダーティーなベースサウンドのようなユニークなパッチを作ることができることを示しています。

アナログダート出力

SQ80 Vのエミュレートされたアナログ・フィルターと出力により、シンプルなフィルター処理を施したノコギリ波でさえ、美しく粒立ちの良いローファイなサウンドを実現します。

ムーブメントとモジュレーション

Ensoniqのインストゥルメントは、他の多くのデジタル・インストゥルメントよりも親しみやすいシンセ・アーキテクチャーとして知られており、多くの点でアナログ・シンセに近いものでした。

SQ80 Vは、この親しみやすさを細部にわたって再現し、強化しているので、進化する、脈打つ、リズミカルな独自のサウンドをすぐに作ることができます。

4つのマルチモード・ポリフォニック・エンベロープ・ジェネレーター、6つの波形を持つ3つのLFO、8つのMIDIソース、さらにダイナミック・モジュレーション・ミキサーを搭載しています。

MSEG

SQ80 VのMSEGモジュレータを適用するだけで、1つの持続音がそれ自体で興味深いリズムやメロディのパターンになることを示しています。

エフェクト・ビュー

エフェクト

SQ80 Vのミックスの準備は、「エフェクト」タブを開くだけで簡単にできます。

おなじみのパワフルな15種類のエフェクトが、エンド・ツー・エンドのサウンド・デザイン・パズルに最後のピースを加えます。

モジュレーションからダイナミクスまで、エフェクト・セクションを直列または並列に構成することで、パッチを完成品に近づけることができます。

SQ80 Vのエフェクトを微妙に適用することで、どんなアイデアも、ミックスに適した生き生きとしたメロディやパターンにすることができます。

Arturiaが「SQ80 V」に追加した機能

SQ80 Vは、80年代のカルト・クラシックと現代のプロダクション・ワークホースの完璧なバランスをとっています。

これを達成するために、Arturiaは数百の波形を追加し、そのアーキテクチャに多くのクリエイティブな機能を追加しました。

アルペジエーター

SQ80 Vの不思議なサウンドにアルペジエーターを導入することで、簡単に演奏やメロディーを作ることができます。

アルペジオの方向性、同期、オクターブレンジ、ホールドなど、おなじみのコントロールを備えたクラシックなコンポーネントです。電源を入れるだけで、ミックスにフィットする自由なローファイ・サウンドを楽しむことができます。

ユニゾン

SQ80 Vは、オリジナルのハードウェア・インストゥルメントの2倍にあたる、最大16ボイスのポリフォニーを備えていますが、Arturiaは8ボイスのユニゾン・オプションを追加せずにはいられませんでした。

オシレーターを重ねることで、巨大なベース、硬質なパーカッション、非常に密度の高いリードサウンドが得られます。

ディスパーション

クラシックなシンセサイザーやキーボードの真の魅力は、しばしば細部にあるものです。

Arturiaは、SQ80のサウンドとインターフェースをエミュレートするだけではなく、ディスパージョン(分散)を導入しました。2つの音が全く同じになることはなく、他に類を見ないオーガニックなサウンドを実現しています。

エンベロープの拡張

あなたのサウンドのアタック、デュレーション、進化をさらに形成するために、ArturiaはSQ80 Vに2つのエンベロープ・モードを追加しました。

DADSRとMSEGです。

DADSRとMSEGは、従来のADSRにディレイ・ステージを追加することで、千鳥足のような面白いリズム・パターンを実現します。

DADSRは、従来のADSRにディレイ・ステージを追加し、千鳥足や面白いリズム・パターンを実現します。

Mod Mixer

エンベロープからキーボード・コントロールまで、任意の2つのモジュレーション・ソースを組み合わせて、パッチを思いがけない方法で歪ませたり、変形させたり、屈折させたりすることができます。

6つの異なるモジュレーション・ミキシング・モードにより、組み合わせの可能性は非常に大きく、サウンドの仕上がりも期待できます。

MPE対応

SQ80 Vは、MPE対応のコントローラーに対応し、高度な表現力を実現します。

1回のキー操作でさまざまに反応するダイナミックなパフォーマンス・パッチやテクスチャーを作成できます。

プリセット

SQ80 Vには、オリジナルの楽器から再現された40種類のプリセットを含む160種類のプリセットが用意されています。

メタリックなインダストリアル・パーカッションからシンセティックなキーボード・パッチまで、自分に合ったサウンドをすぐに見つけることができます。

TAE® Powered

バーチャル・インストゥルメント・エミュレーションを本物と見分けがつかないようにするArturia独自のアナログ・モデリング技術「TAE® テクノロジー」を搭載しています。

アナログオシレーター、フィルター、ソフトクリッピングなどの特性を正確に再現することで、部品に忠実なディテールと本物のアナログの魅力を両立させています。

アプリ内チュートリアル

アプリ内に統合されたチュートリアルでは、個々のパラメータからサウンドデザイナーによるヒントまで、楽器のあらゆる側面をガイドしてくれるので、クリエイティブな作業に集中することができます。

このようなところでも簡単さを追求しています。

ASC(Arturia Software Center)

Arturia Software Centerでは、お持ちのArturiaソフトウェアのダウンロード、整理、アップデートを一度に行うことができ、複数のデバイス間でライセンスを管理することができます。シンプルに。

DAW対応

Arturiaのバーチャル・インストゥルメントとプラグインは、あなたのセットアップに手間をかけずにフィットするように設計されています。

どのようなスタイルであっても、WindowsとMacOSの両方で、主要なDAWとの完全な互換性を楽しみながらサウンドを探求することができます。

プリセットブラウザー

インテリジェントで合理的なプリセットブラウジングにより、頭の中にあるサウンドを瞬時に見つけ出すことができます。

キーワードで検索したり、楽器の種類や音楽スタイルなどで検索したり、お気に入りを保存して後ですぐに呼び出すこともできます。

調整可能なGUI

Arturiaのバーチャルインストゥルメントのインターフェイスは、お好みのサイズに変更することができます。

クラシックインストゥルメントのエミュレーションに完全に没頭したい場合でも、貴重なスクリーンスペースを節約したい場合でも。

完璧な統合

インストゥルメントは、Arturia KeyLabシリーズにシームレスにマッピングされていますが、他のMIDIコントローラにも対応しています。

瞬時にサウンドを調整するマクロ、DAWとの簡単な統合、そしてスタンドアロンでの操作が可能です。

『SQ80 V』機能の要点

  • オリジナルのDOCチップをベースにした3つのデジタルオシレーター


  • 4つのユニークなバンクに400以上の波形


  • アンプリチュード・モジュレーションとハード・シンク


  • 4系統のアナログDCA(各オシレーターに1系統、マスター出力1系統)


  • オリジナルのCEMチップをベースにしたアナログ共振型ローパスフィルター


  • SQ80、DADSR、MSEGの3つのモードを持つ4つのポリフォニック・エンベロープ・ジェネレーター


  • 3つのLFO(6種類の波形)


  • 8つのMIDIソース


  • 2つのモジュレーションソースを組み合わせるモジュレーションミキサー


  • 7モードのアルペジエーターを内蔵


  • 最大16ボイスのポリフォニー(ユニゾンモードあり)


  • 2つのバスに4つのFXスロット、直列または並列に設定可能


  • 15種類のマスターエフェクト


  • 高度なブライトネス、ティンバー、タイム、ムーブメントのマクロコントロール


  • オリジナルのSQ-80インストゥルメントの40種類を含む、200種類以上のファクトリープリセット


  • MPE対応

システム要件

Windows

  • Windows 8.1以降(64ビットのみ)
  • 4 GB RAM | 2.5GHzCPU。
  • 2GBのハードディスク空き容量
  • OpenGL2.0互換GPU

Mac

  • macOS 10.13+(64ビットのみ)
  • 4 GB RAM; 2.5GHzCPU。
  • 2GBのハードディスク空き容量
  • OpenGL2.0互換GPU

必要な構成

スタンドアロン、VST、VST3、AAX、オーディオユニットで動作します(64ビットDAWのみ)

セール情報

*リリースセールで50%OFFになっています。

通常価格:199ドル

リリースセール特価:99ドル(50%OFF)

*Plugin Boutiqueでは上記の製品を購入時に、Native InstrumentsのFXプラグイン『 FREAK』(29ドル)が無料でプレゼントされます(9月いっぱい有効)

一方で、Arturia製品を既に所有されている方は、Arturiaの本家サイトでログインしてみてください。割引価格が表示されるはずです。恐らく所有している製品の種類で割引価格が変わってくると思われます。