記事内に広告が含まれる場合があります

【51%OFF】Tokyo Dawn Labs『TDR SlickEQ M』コスパ最強のマスタリング用ステレオイコライザー

Tokyo Dawn Labsのマスタリング用ステレオイコライザー『TDR SlickEQ M』。

マスタリング時に優れた力を発揮するイコライザーです。

2024年2月14日:「Tokyo Dawn Labs x PiB 12周年記念セール」で安値が復活しています(51%OFF)。

Tokyo Dawn Labs x PiB12周年記念セール

*セール終了予定日:

  • 日本時間:3/1(金)17〜19時頃までの予定です。
  • 英国時間:3/1(金)8〜10時頃までの予定です。

*記事中の表示される場合がある「セール終了予定日」は目安です(海外サイトは終了日がかなりアバウトで予定より早く切り上げたり、また延長したりする場合があります)。

広告

TDR SlickEQ M(マスタリング用ステレオイコライザー)

『TDR SlickEQ マスタリング』は、柔軟でパワフルな本格的ステレオイコライザーで、SlickEQの実績のあるコンセプトを本格的なステレオイコライザーに拡張したものです。

オーディオマスタリングエンジニアに向けて、優れた音楽の柔軟性とオーディオの忠実度を実現するために特別に開発されたEQです。

紹介動画(14分・自動翻訳の日本語字幕可能):

レビュー動画(12分50秒):

Gearspaceレビューリンク

総評:

Tokyo Dawn Labsは、またしても本当に素晴らしい製品を開発してくれました。

繊細でパワフル、そして非常にフレキシブルなEQ/ステレオイメージ・プロセッサーで、オーディオの忠実度も抜群です。マスタリングを目的としていますが、ミックスバスや数トラックにも効果的です。間違いなく素晴らしいプラグインです。

長所:

  • 直感的なユーザーインターフェースによる、非常に柔軟で包括的なEQとステレオイメージの操作性

  • すべての処理品質モードで優れたオーディオ品質を実現 – Insaneモードでは「完璧」なオーディオ品質を実現

  • 入力された音声を分析し、スペクトルのマッチングや静的な共振の除去を行う「スマートオペレーション」機能は、分析カーブを共有して複数のインスタンスで使用することができます。

  • リアルタイムオートゲイン機能は、知覚されるラウドネスの変化を自動的に補正します。

  • 周波数-振幅EQプロットでのユニークなステレオ幅の表示と、オプションのスペクトル分析。

  • コストパフォーマンスに優れています。

短所:

  • ダイナミックなEQ機能はありませんが、それはNOVA GEのための機能です。

  • CPU使用率がやや高いが、マスタリング用なので問題はない。

『TDR SlickEQ M』の詳細

TDR SlickEQ M (Mastering Edition)は、SlickEQの実績あるコンセプトを継承し、本格的なステレオイコライザーとして開発されました。

マスタリングエンジニアのために開発されたSlickEQ Mは、音楽の柔軟性とオーディオの忠実性に妥協はありません。

直感的なユーザーインターフェースの背後には、驚異的な可能性が秘められています。

音楽的なハイパス・ローパス・フィルターと低周波の「モノ化」セクションにより、信号の帯域幅を詳細にコントロールできます。

6つのパワフルなパラメトリックフィルターバンドは、倍音、音色、ステレオイメージに正確にアクセスでき、洗練されたメタフィルターは、オーディオ信号の明るさ、硬さ、イコールラウドネスカーブに直接かつ直感的にアクセスできます。

HPとLPを除くすべてのフィルターは、パラレルEQ構成で動作します。

特にEQバンドには、インダクターフィルター技術に見られる音楽的に有益な副作用をヒントに、精巧な非線形性を採用しています。

また、効果的なオートゲイン機構は、EQ操作中に知覚されるラウドネスの変化を自動的に補正し、半知的な信号分析オプションは、入力信号のスペクトラムをピンクノイズ基準でマッチングさせたり、信号の可聴帯域に応じてHPとLPフィルターを自動的に設定します。

SlickEQ StandardやSlickEQ – Gentleman’s Editionと同様に、マルチレートプロセッシングスキーム(別名「インターナルリサンプリング」)と精巧な信号処理技術により、処理中の信号の完全性が保たれています。

TDR SlickEQ Mのユーザーインターフェース

特徴

  • 音楽的な柔軟性を重視した直感的なユーザーインターフェース


  • 最先端のオーディオ処理アルゴリズムをパラレルEQ構造で実現


  • 6つのフルパラメトリックEQバンドにより、ステレオの幅とバランスをスペクトルでコントロール可能


  • インダクターEQの技術を応用した高度なフィルター非線形性


  • パワフルなHPとLPフィルター(それぞれに4つの異なる音楽的なスロープを持っています)


  • 専用の低周波モノラルフィルター


  • ブライトネス、ハードネス、イコールラウドネスの輪郭を直接コントロールできるメタ・フィルター


  • ピンクノイズ分布やカスタムリファレンスに対する入力のマッチングなど、スマートアクションを搭載


  • 非常に効果的なラウドネス補正付きオートゲインコントロール


  • リアルタイム・スペクトラム・アナライザーを含む拡張可能なEQディスプレイ


  • 包括的なドキュメント、アンドゥ/リドゥ、A/B、高度なプリセット管理などを備えたツールバー

メーカーページリンク

システム要件

Windows

  • Windows XPSP2 以降
  • VST(32ビット/ 64ビット)
  • AAX(64ビットのみ)

Mac

  • macOS10.9以降
  • VST、AU、AAX(64ビットのみ)

*このソフトウェアのMacバージョンは64ビットのみであり、32ビットシステムでは機能しません。

セール情報

通常価格:50ドル

セール特価:19ドル(62%OFF:最安復活中)

*上記の製品を購入時にセール元のPlugin Boutiqueで次の買い物から使用できるポイント「Virtual Cash」約0.75英国ポンド分が進呈されます。

*購入地点の設定により価格が若干変化します(詳細記事)。

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。

*主なセール価格の推移:

  • 2020年8月:50ドル→29ドル
  • 2020年11月:50ドル→29ドル
  • 2021年9月:50ドル→25ドル
  • 2023年2月:50ドル→30ドル
  • 2022年8月:50ドル→30ドル
  • 2023年11-12月:50ドル→19ドル