【無料】MonsterDAW『Monster Bass』ベース用のロンプラー・プラグイン(シンセ・エレクトリック・アコースティック)

MonsterDAWからベースサウンド専用ロンプラー(プラグイン)『MonsterBass』リリースされました。無料です。

WindowsとMacで使用できます(VST・AU)。

スポンサーリンク

『Monster Bass』ベースサウンド専用ロンプラー(VST・AU)

『Monster Bass』は、3つのサウンド・カテゴリー(シンセ・ベース、エレクトリック・ベース、アコースティック・ベース)を備えたベース用のロンプラー・プラグインですです。

さっと見動画(2分):

サウンドデモ(6分14秒):

https://www.youtube.com/watch?v=mleEIcgcuXg

紹介動画(14分・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ&レビュー(11分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Monster Bass』

3つのサウンド・カテゴリー(シンセ・ベース、エレクトリック・ベース、アコースティック・ベース)を備えた無料のベースVSTです。

あらゆる音楽ジャンルに対応し、すべての音楽アレンジャーや音楽プロデューサーに最適です。

Monster Bassとは?

Monster Bassは、あなたの音楽に必要な低音域のための完全なベース・ソリューションです。

3つのサウンド・カテゴリー(シンセ・ベース、エレクトリック・ベース、アコースティック・ベース)を備えた無料のベースVSTで、あらゆる音楽ジャンルに対応し、すべての音楽アレンジャーと音楽プロデューサーに最適です。

Monster Bassは、ROMpler VSTです。

つまり、フィルター、ADSR、Glideノブ、シンプルなLFOのようなシンプルで基本的なパラメータを持つ、多すぎないシンプルなサンプラーです。

ROMpler VSTとは、フィルター、ADSR、Glideノブ、そしてシンプルなLFOのようなシンプルで基本的なものだけを備えた、多すぎるパラメーターを持たないシンプルなサンプラーという意味です。

特徴

  • シンプルなGUI/簡単に使える。


  • シンプルなGUIで使いやすい。


  • シンセベース、エレクトリックベース、アコースティックベースなど25種類のプリセットを用意しています。


  • RAM使用量はほとんどありません。


  • マスターリバーブ、マスターボリューム、レベルメーターに加え、ADSRカーブ、フィルターセクション、グライドノブ、LFO、ボイスモード(ポリフォニック、モノフォニック、レガートモード)などの基本的なパラメータを搭載しています。


  • 2オクターブ以上の音域(MIDIノートB0~E3)に対応していますが、これはメロディーではなくベースパートのためのものだからです。
MonsterBassVSTバージョン1.0:SynthBass、Electric Bass、AcousticBassのプリセット

主要なプラグインフォーマット:

Windowsの32bit DAW、64bit DAW、MacのVST、MacのAudio Unit(AU)に対応しているので、ほとんどのDAWで使用できます。

Pro Toolsには対応していませんが、Blue CatのPatchWorkのようなVST→AAXコンバータを使用することができます。

TIPS

Monster Bassを使用する際のいくつかのヒントをご紹介します。

  • Filter Modeを変更し、Cutoff Frequencyを調整して、好みの音色を見つけてください。


  • Voice ModeをMonophonicまたはLegato Modeに設定し、Glideノブを設定してレガート演奏をしてみましょう(プリセットによっては動作しないものもあります)。


  • ソース(Mod WheelやVelocity)をピッチデスティネーションにルーティングしたり、パンしたり、LFOのRateとDepthを調整したりしてみましょう。


  • お気に入りの音色を見つけたら、DAWソフトウェアの「プリセットとして保存」コマンドを使って永久保存し、別のプロジェクトで呼び出すことができます。

バグを発見した場合の注意事項

  • このバージョンには、バグやソフトウェアの誤動作がないわけではありません。もし、バグを見つけた場合は、このサイトの連絡フォームから私に報告してください。


  • また、私はこのVSTを現状のまま提供していることをご理解ください。もし私がバグを解決できなくても、怒る必要はありません(怒る人もいますが)。

インストール方法

  • 今のところ、インストーラー/セットアップファイルはありませんので、ユーザーは手動でインストールしなければなりません。


  • お使いのDAW(64ビットまたは32ビット)とOS(Windows/Mac)に応じて、メインのZipファイルをダウンロードしてください。


  • ダウンロードしたファイルを解凍して、バーチャル・インストゥルメントのフォルダに手動で入れてください。

プラグインの形式とこのプラグインを使用できるDAW

WindowsまたはMacでVST:

Cubase、Nuendo、Ableton Live、Bitwig Studio、FL Studio、Studio One、Reaper、Cakewalk、Mixcraft、Reason、Tracktionなど(お使いのDAWが32ビットか64ビットかを確認することもお忘れなく)。

Macのオーディオユニット(AU):

Logic Pro、GarageBand、Studio One、Ableton Live、Reaper、Digital Performer、など。

RTASまたはAAX:

Blue CatのPatchWorkのようなVST→AAXコンバーターをご利用ください。

メモ

もしあなたがこのVSTを使用し、気に入って、あなたの音楽作品に使用しているのであれば、感謝の気持ちを伝える方法があります(1つまたは複数を選択)。

  • あなたの言葉で、このVSTについてコメントを書いてください。

  • このページの上にあるソーシャルメディアのボタンを使って、このページを友達と共有してください。

  • あなたのソーシャルメディアやウェブサイトにミニレビューを投稿し、このページへのリンクを貼る(ファイルを自分でホストしないでください)。

  • このVSTを使った音楽をシェアするときにハッシュタグ#MonsterBassVSTを書いてください。

  • Monster DAWのソーシャルメディアにタグ付けする(リンクは上のこのサイトのメニューにあります

配布情報