最新DAW『Bitwig Studio 4』の通常版やアプグレ版にU-Heのハイエンドシンセ「Repro」or「Hive 2」が無料で付属!

表題の通りです。

Ableton Liveのライバル的存在の最新DAWソフト「Bitwig Studio 4」を購入すると、u-heのシンセが無料で貰えるホットなキャンペーンが行われています。

2021年10月9日:セールは終了しています。

スポンサーリンク

セール情報

*以下の2つのシンセサイザー製品から好きな方をチョイスできます。

どちらも「Hive 2」「Repro」どちらも、市場で高い人気を誇る最高品質のソフトウェア・シンセですね。

*以下の4つの製品に今回のU-heシンセ無料進呈キャンペーンが適用されます。

  1. 通常版の『Bitwig Studio 4』




  2. 「Bitwig 16-Track」から『Bitwig Studio 4』へのアップグレード版

    (『Bitwig 16-Track』は、Bitwigの入門版的な製品です。)




  3. 「Bitwig 8-Track」から『Bitwig Studio 4』へのアップグレード版

    (Bitwig 8-Trackは、コントローラーなどに付属していたり、ごくたまに無料配布が行われたりしている機能限定版です。)




  4. 『Bitwig Studio 4 Upgrade Plan』

    Bitwig Studioを既にお持ちの方がその保証期間を12ヶ月延長するためのプラン購入です。

Reproについて

70年代後半から80年代前半にかけて人気を博した2台のシンセをu-heが見事にモデル化。

1つはモノ、もう1つはポリ、どちらも数多くの微調整機能を備え、ビンテージサウンドを忠実に再現しています。 

(*1製品の購入で、2つのシンセが入っています。)

ハウスやエレクトリック系のベースサウンドなどにも最高に使えるシンセです。ただし、ポリのRepro-5はCPU使用率が高めです。

個人的にも手放せない一軍シンセです。

デモ動画

サウンドデモ(8分30秒):

プリセットサウンドのデモ(13分20秒):

解説動画(10分55秒):

u-heによる「Repro-1」の紹介動画 全4巻:

u-heによるRepro-5の紹介動画 全5巻:

Reproについて

Reproは、2つの著名なシンセサイザーを丹念にモデリングした最高品質のシンセサイザーです。

コンポーネントレベルのモデリング技術を用いて、オリジナルの細部まで再現し、可能な限り本物に近いモデルを作り上げました。

オリジナルに見られる微妙な特徴や癖はすべてReproにも存在します。

Reproには、2つのシンセが含まれています

「Repro-1」と「Repro-5」です。

「Repro-1」は、ハードな動作、生々しいサウンド、そしてすぐに演奏できるという特徴を持ったモノシンセです。

シンプルで直感的なデザインですが、幅広いサウンドに対応できる豊富な機能を搭載しています。

「Repro-5」は新しいポリフォニック・シンセサイザーです。

Repro-1と同様のデザインと機能、そしてサウンドのDNAを共有している点で共通しています。

しかし、Repro-5では、本格的なアナログサウンドを維持しながら、豊かなコードや太いユニゾンのリードを演奏することができるなど、新しい味付けが施されています。

Repro-1とRepro-5は、一見するとシンプルで直感的なデザインですが、クリーンでクラシックなデザインの中に、様々なサウンドに対応できる深い機能が隠されています。

特徴

Repro-1
  • 独創的なモノフォニック

  • 4極のレゾナント・ローパス・フィルター

  • グライドコントロール

  • ラッチモード付きアルペジエーター

  • 32ステップのパターンを2つ持つシーケンサー(チェインすると64ステップになる)

  • 3つのモジュレーションソースと5つのデスティネーション

  • 2つの “パフォーマンス “モデュレーションの追加割り当て

  • 5種類のエフェクト:ウェーブホルダー/ディストーション、ディレイ/コーラス、EQ/レゾネーター、リバーブ、サウンドコンディショナー/ダイナミクスプロセッサー

  • 500種類のファクトリープリセット
Repro-5
  • 8ボイス・ポリフォニー

  • 1~8ボイスユニゾン(グライドコントロール付き)

  • オーディオレートのボイスモジュレーション:オシレーターFM(周波数、パルス幅)、フィルターFM

  • 4極のレゾナント・ローパス・フィルター

  • 柔軟なモジュレーション・オプションと2スロット・マトリックス

  • ビットクラッシャーを含む4種類のポリフォニック・ディストーション・ユニット

  • 5種類のエフェクト:テープ・エミュレーション、ディレイ/コーラス、EQ/レゾネーター、リバーブ、サウンド・コンディショナー/ダイナミックス・プロセッサー

  • 950以上のファクトリー・プリセット

両方のシンセに共通する特徴

  • コンポーネントレベルのモデリングによるパワフルなアナログサウンド

  • 2つのオシレーター:ソー/パルス、ソー/トライアングル/パルス

  • オシレーターの波形を組み合わせることが可能

  • 波形のパルス幅変調とオシレーターの同期オプション

  • ホワイトノイズジェネレータ

  • ADSRエンベロープ

  • コンポーネントの動作を調整する “Tweak “画面

  • ホストと同期可能なLFO(3つの波形を持っています)

  • マイクロチューンのサポート(.tunファイル)

  • サイズ変更可能なUI

  • MIDI学習ページと編集可能なリスト

  • グローバル環境設定ページ

  • 強力な検索機能とタグ付け機能を備えた新しいプリセットブラウザ

『Hive 2』について

Hive 2は、様々な用途に使えるオールマイティーなハイエンドシンセです。また、CPU効率が高いのも特徴です。

プリセットサウンドのデモ 1(11分):

プリセットサウンドのデモ 2(15分):

プリセットサウンドデモ その3(17分30秒):

レビュー動画(26分・日本語字幕可能):

レビュー動画(19分・日本語字幕可能):

Hive 2とは(洗練と合理性を兼ね備えたシンセサイザー)

Hive 2は、その明快なレイアウトと簡単なワークフローにより、魅力的なサウンドをあっという間に作成できる優れたシンセサイザー・プラグインです。

また、驚くほどCPUに優しいことも特徴の一つです。そして、柔軟性やオーディオ・クオリティを犠牲にすることはありません。

このバージョン2は、これまで以上に多くのコントロールを搭載しています。これにより、表現力の新たな次元を切り開き、純粋な音楽の楽しさを提供してくれます。

洗練されたユーザーインターフェースで音楽制作の奥深くへ

Hive 2に搭載されている「シェイプ・シーケンサー」を使ってサウンドに動きや生命感を加えたり、ノート・シーケンスを瞬時に録音したり、回転させたり、アルペジオしたり。思いのままに。

12スロットのマトリクスでは、エフェクトのパラメータをモジュレーションすることもでき、クリエイティブなオプションの全く新しい世界を追求することができます。

スワップ可能なオーディオ・エンジン、柔軟なシグナル・ルーティング、ウェーブテーブルのサポート、高品質なエフェクトなどを用いて、最小限の手間で思い通りのサウンドを得ることができます。

詳細記事リンク:

『Bitwig Studio 4』について(最先端の音楽制作とパフォーマンスに最適な最新DAWソフト)

ざっと見動画(50秒):

あらゆるスタイルに合わせてワークフローをカスタマイズできる革新的な音楽制作&パフォーマンス用DAW

Bitwig Studioは、あらゆる音楽のアイデアを、制作のあらゆる段階で実現するための唯一のソリューションです。

タイムラインでの録音とアレンジ、クリップランチャーでの演奏、そしてグリッドでのオーディオデバイスの構築をスムーズに行うことができます。

Bitwig Studioは、あなたの音楽のアイデアを制作の各ステージで実現します。

Bitwig Studio 4の主な機能

録音とアレンジ

クリエイティブなプロセスを合理化し、あなたのアイデアを完全な曲、トラック、およびコンポジションに素早く進化させましょう。

Bitwig Studioは、あらゆる素材を録音、編集、およびアレンジするための直感的なツールを提供します。

即興&パフォーマンス

あなたの音楽をスタジオからステージへ。

Bitwig Studioはライブパフォーマンスのために構築されており、あなたの音楽を常にビートに合わせて流すことができます。

サウンドをデザインする

Bitwig Studioは、モジュラーデバイスアーキテクチャと豊富なインストゥルメントおよびエフェクトにより、サウンドデザイナーの夢を実現します。

プリセットとサウンドの豊富なライブラリをブラウズしたり、The Gridを使って独自のインストゥルメントやFXをゼロから構築することができます。

Bitwig Studio 4の特徴

  • マルチコア、マルチプロセッサに完全対応した高性能なオーディオソフトウェアです。

  • ASIO、Core Audio、JACKに対応し、すべてのプラットフォームでJACKトランスポートを含む。

  • 32ビット浮動小数点オーディオ処理、最大192kHzのオーディオサンプルレート

  • スケーラブルなベクトルベースのGUI

  • 無制限のオーディオ、インストゥルメント、ハイブリッドトラック

  • 無制限のエフェクトトラック

  • 無制限のグループトラック(グループの中のグループを含む)

  • 無制限のシーン

  • VSTプラグイン(32/64ビットブリッジング、ディレイ補正、クラッシュプロテクション機能付き

  • 無制限のVSTプラグインのマルチアウトとサイドチェーンのサポート

  • オーディオコンピング

  • 16ビット、24ビット、32ビットオーディオの書き出し(マルチトラックの書き出しを含む)

  • ファイルインポート – WAV、AIFF、MP3、AAC、WMA、FLAC、OGG Vorbis、MIDI

  • オーディオI/Oバス

  • タイムストレッチ – 8種類のアルゴリズム。ストレッチ、ストレッチHD、スライス、サイクリック、Elastique、Elastique Solo、Elastique Eco、Elastique Pro

  • スライス→マルチサンプル、スライス→ドラムマシン

  • レイヤー編集(音符とオーディオ)

  • バウンスとバウンスインプレイス

  • 複数のプロジェクト

  • 拡張されたリモートコントロールエディター

  • 7つのディスプレイプロファイル – シングル&マルチディスプレイ

  • プロジェクトテンプレートの読み込みと保存

  • クリップランチャーとタイムラインのシームレスな統合

  • タッチ機能との連携

  • MPEのサポート(再生、録音、編集)

  • プラグアンドプレイのMIDIコントローラーサポート

  • オープンコントローラAPI

  • MIDIクロックの同期

  • Ableton LINK

デモ動画

Bitwig Studio 4の「Operators」動画(7分26秒・日本語字幕可能):

【チュートリアル】Comping in Bitwig Studio 4(7分23秒・日本語字幕可能):

Bitwig Studio 4のレビュー動画(16分24秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

Bitwig Studio 4への移行やアップグレードを検討している方は、購入前にこの動画をご覧ください。Bitwig Studio 4は、新しい音楽タイムライン、トラックコンピング、オペレーター、Apple M1 Macサポート、mp3エクスポート、Ableton Liveファイルインポートを特徴としています。

このBitwig Studio 4レビュービデオでは、Bitwigの最も重要な新機能を紹介します。さらに、Bitwig Studio 4のPROSとCONについてもお話します。

Anti-Loops – Bitwig Studio4の新しいサウンドパッケージ(1分24秒):

Bitwig Studio 4に合わせて、新しいサウンドパッケージをご紹介します。「Anti-Loops」です。

このパッケージは、コンピングとOperatorをクリエイティブに活用するために、シーケンスされたノートとオーディオで構成された100以上の専門家によるクリップで構成されています。

Anti-Loopsのサウンドデモ:

Bitwig Studio 4: 最初のステップ(4分12秒・日本語字幕可能):

Bitwig Studio | 初心者が知っておくべき15のヒント(24分31秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

https://www.youtube.com/watch?v=pQEnO0AagDw

Bitwig Studio 4の詳細

Btwig Studio 4のパワフルな編集ツール

Btwig Studio 4は以下のパワフルな編集ツールを備えています。

Bitwig Studioは、あなたの音楽的なアイデアを、できるだけ少ないステップで実現するためのお手伝いをします。ツールではなく、音楽に集中しましょう。

オーディオ編集

ディテールエディターは、オーディオ編集を最適化するために、クリップ内での編集を可能にしました。これにより、オーディオのストレッチ、スプリット、ピッチ、パン、コピー、リバース、追加、移動、再配置など、思いのままに編集することができます。

表現力豊かなMIDIサポート

ベロシティ、ゲイン、パン、音色、音圧などの標準的な音符編集機能や音符ごとの表現に加えて、Bitwig Studioはクイックアクション、マイクロピッチ、洗練されたレイヤー編集などのユニークなツールを備えており、MPEのサポートにおいても最先端を行っています。

タイムストレッチング

Bitwig Studioの最先端のタイムストレッチングを使用して、プロジェクトのテンポに関わらず、オーディオ素材を時間通りに保つことができます。Bitwig Studioがオーディオを分析して自動的にストレッチするのを待つか、または完全にコントロールして、我々の高度なストレッチと編集ツールを使用してください。

Bitwig Studioには8種類のタイムストレッチアルゴリズムが搭載されており、すべての音楽的ニーズをカバーしています。

Btwig Studio 4のインストゥルメント&エフェクト機能

ここでは、Bitwig Studioに搭載されている膨大で増え続けるデバイスライブラリの一部をご紹介します。

90種類以上のインストゥルメント、オーディオおよびノートFX、コンテナデバイス、シグナルルーターを使用して、あらゆるアイデアを音楽に変換することができます。

Polymer(ポリマー)

Polymerは、オシレーター、フィルター、エンベロープ・ジェネレーターを選ぶというシンプルな方法でスタートします。専用のシンセサイザー内のグリッドモジュールを交換することで、最小限の操作ですぐに制作に適したサウンドを作ることができます。

サンプラー

Bitwig Studioのサンプラーは、オーディオを再生、操作するためのパワフルなツールです。いくつかの再生モード、クロスフェードを使った高度なループ機能、無限のモジュレーションの可能性、巨大なマルチサンプル・エディターなどを備えています。

Phase-4

Phase-4は、フェイズモジュレーションとフェイズディストーションを用いた4つのオシレーターを持つシンセサイザーです。このユニークなシンセサイザーは、クラシック、モダン、そしてそれ以上のことが可能です。

EQ+

EQ+は、最大8バンド、マウスジェスチャー、優れた視覚化とアルゴリズムを備えた、機能満載のグラフィカルイコライザーです。

Drum Machine

Drum Machineは、音の良さを詰め込むことができるコンテナデバイスです。ユニークで素晴らしいサウンドのキットをこれまで以上に簡単に作ることができます。

Arpeggiator(アルペジエーター)

ステップベロシティ、ノートレングス、ピッチを個別にコントロール。17種類のノートパターンと、オクターブを扱う3つのモードを搭載しています。MPEにも完全対応。パターンをシフトさせるタイミングをモジュレーションすることもできます。コードの押さえ方も、これまでにないほど音楽的でダイナミックなものになりました。

Micro-Pitch

Micro-pitchは、ノートストリームを新たな方法でチューニングできるノートFXデバイスです。音階の変換、個々の音の微調整、オクターブの縮小・拡大、さらにはオクターブを異なる数のピースにスライスすることもできます。想像もつかないような演奏を、今すぐに。

アンプ

アンプをシミュレートする優れたテクノロジーであるAmpデバイスを使えば、サウンドにバーチャルなアナログの硬質感を加えることができます。

Bitwig Studio 4のGrid(グリッド)について

The Gridは、サウンドデザイナーの夢です。シンセにもオーディオ・エフェクトにもなるし、あなたが想像できるほとんどのものにもなります。

The Gridはモジュール式のサウンドデザイン環境であり、自分の作品をゼロから作ることができます。また、何百もの高品質なパッチが用意されており、すぐに演奏することができる表現力豊かな楽器でもあります。

洗練されていると同時に、簡単で素早い操作が可能です。探検して、作って、演奏してみてください。

Modulation Heaven(モジュレーション天国)

Bitwig Studioのモジュレーションシステムでは、マクロコントロール、ノートエクスプレッション、LFO、エンベロープを使用して、あらゆるデバイス、VSTプラグイン、またはハードウェアパラメータをモジュレーションすることができます。30以上のモジュレータがあり、クリエイティブな表現の可能性は無限大です。

ハードウェアの統合

Bitwigはハードウェアを愛しています。Bitwifgはソフトウェアも大好きです。だからこそ、Bitwigはこの2つの境界を曖昧にしたいのです。

MIDI、CC、CV、ゲート、アナログおよびMIDIクロック、MIDIタイムコードを介して、Bitwig Studioがハードウェアをコントロールするか、ハードウェアがBitwig Studioをコントロールするか、あるいはその両方を行うことができます。2つの世界の長所を活かすことができ、あなたのセットアップに合わせて拡張することができるストレートなツールのコレクションをお楽しみください。

Bitwig Studio 4:最新の基礎知識

DAWをゼロから構築することで、Bitwigはこれまでとは異なる考え方をし、古い問題を新しい方法で解決することができました。

Bitwig Studioは、未来のために作られています。

クラッシュプロテクション

Bitwig Studioは、VSTプラグインのホスティングをユニークな方法で処理し、異なるホスティングモードとプラグインのクラッシュ保護を可能にしています。プラグイン、オーディオエンジン、およびその他のプロセスが別々のスレッドで実行されるため、技術的な問題でプロジェクト全体がダウンすることはありません。

タッチサポート

タッチスクリーンの広範なサポート(無制限のタッチポイントを持つマルチタッチ、ジェスチャー、ペンのサポート、およびシミュレートされた圧力)により、Bitwig Studioは音楽を作成する新しい方法の最前線にあります。全体的に、Bitwig Studioのユーザーインターフェースはタッチフレンドリーです。さらに、専用のタブレットディスプレイプロファイルがあり、あらゆるタッチスクリーンやMicrosoft Surfaceコンピュータなどのデバイスに最適です。

豊富なサウンドライブラリー

Bitwigはビジネス界で最高のサウンドデザイナーと提携し、数千もの高品質なプリセット、クリップ、サンプルを箱から出してすぐに提供します。

Bitwig Studioのためにループ、プリセット、サンプルインストゥルメントを丹念に作成した厳選されたパートナーやアーティストの製品で、あなたのライブラリを拡張してください。すべてが高品質で、無料で使用できます。

サウンドコンテンツ

箱から出してすぐに使えるフルスターターキットです。ドラムマシン、アコースティックドラム、マルチサンプリングインストゥルメント、インストゥルメントループ、サウンドエフェクト、各種シンセサイザープリセット、厳選されたアーティストコレクションなど、2,000以上のサウンドとファクトープリセットが含まれています。

将来の保証

12ヶ月以内のソフトウェア・アップデートはすべて無料です。

その他にも色々

日本語にも対応

Bitwig Studioは、中国語、日本語、ドイツ語にローカライズされています。

インターフェイスはそのままで、機能、ラベル、アプリ内のドキュメント(300以上のデバイスとモジュールのインタラクティブ・ヘルプを含む)を、これらの言語で表示することができます。

その他にも色々追加

また、Operatorはパフォーマンスの観点から、新しいGlobalsモデュレーターを搭載し、Fillボタンの現在の値やグローバルクロスフェーダーの位置などを提供しています。

音符単位のコントロールも素晴らしいですが、すべてのトラックにいくつかのグローバル・コントロールを割り当てることも重要です。

どの編集ツールやデバイスを使っても、最終的にはすべてがオーディオになるのですから。

バージョン4では、書き出しオプションが改善され、ロスレスフォーマット(WAVとFLAC)、おなじみのロッシーフォーマット(OGGとMP3)、そして新たな候補(OPUS)から選択できるようになりました。

アレンジメントの一部を選択して、複数のフォーマットにバウンスすることができます。

また、トップレベルのグループトラックを選んで、ステムをあっという間に書き出すこともできます。わざわざ複雑にする必要はありません。

あなたのコンピュータには、複数の音楽プログラムがインストールされていると思います。

(そこで、FL Studio(FLP)やAbleton Live(ALS)のファイルからBitwigにデータをインポートすることができるようになりました。

クリップやアレンジはもちろん、VSTプラグインもきれいに取り込めます。また、Auxyをお使いの方は、作品をBitwig Studioプロジェクトとして直接エクスポートできるようになりました。

最高のデモソングは、あなたがすでに作ったものかもしれませんから。

その他にもいくつかの改良が加えられています。コンテンツのスライド(およびオーディオのゲインハンドル)は、クリップおよびイベントレベルで直接利用でき、作業中にビジュアルハンドルが表示されます。

オーディオを読みやすくするために、波形を知覚的なスケールで表示するようになりました(ダッシュボードでリニアに戻すこともできます)。

また、グリッドフィルターとポリマーフィルターのほとんどが、極端なレゾナンスやモジュレーションに対応するため、よりスムーズなレスポンスを実現しました。

各テイクには独自の色が与えられます

テイクごとに色分けされているので、テイクレーンを最初にスワイプしたときにソースが明確になります。

別のテイクに切り替えるには、そのテイクをタップします。その後、上または下矢印を押すと、他のテイクが循環します。合成レーンでは、クリックしてバウンダリを移動したり、ドラッグしてゲインを調整したり、スライドしてタイミングを修正したりできます。

ランチャーとアレンジャー

ランチャーとアレンジャーがあるので、作曲はオーディオクリップの中で行われます。ランチャーで作曲しているときにクリックすると、その場でコンプ録音が可能になります。また、クリップを左右にドラッグするだけで、テイクを安全に取り込むことができます。複数のコンプが一緒になっている場合は、レイヤーエディターを開くこともできます。コンピングは、今もこれからも、どこにいても使えます。

オーディオクリップを右クリックで 『Fold To Takes』

優れた技術には新しい技がつきものです。オーディオクリップを右クリックすると、「Fold To Takes」が表示されます。

8小節のコンプを依頼すると、クリップ全体がテイクレーンに展開され、コンプを開始できます。

また、オーディオをドラッグして新しいテイクレーンを追加することもできます。ソースが異なれば、結果もまた新しいものになります。

BABY AudioのParallel Aggressorが無料で進呈されます

BABY AudioがBitwig Circleに参加し、Bitwigクリエーター向けに素晴らしいオファーを提供します。BABY AudioのParallel Aggressorプラグインを無料で入手できます。

このプラグインは、オーディオを3つの等しいコピーに分割し、別々に処理することで、トラックから音の力をすべて引き出すことができます。Parallel Aggressorには、BABY Audioと著名な友人たちが作成した25のプリセットが搭載されています。

Parallel Aggressorは、VSTまたはVST3プラグインとして、Bitwig Studioのあらゆるプロジェクトにシームレスにロードされ、macOSまたはWindowsに対応しています。

Bitwigアカウントにログインして、プラグインを請求してください。

システム要件

  • 12 GB のディスク空き容量が必要(コンテンツのフルインストールのため)

  • 4GB以上のRAM(8GB推奨)

  • Windows 7以降(64ビットのみ)

  • macOS 10.13以降(IntelおよびApple Silicon / M1 Macをサポート)(64ビットのみ)

  • Linux Ubuntu 17.04以降(64ビットのみ)