【イントロセール】Cherry Audio『Mercury-4』名シンセRoland Jupiter-4の精巧なエミュレーションを低価格で実現

Cherry Audioの新しいソフトシンセ『Mercury-4』が、イントロセールになっています。

セール特価:39ドル(通常価格:59ドル)。リリースされて一ヶ月弱ですが評判も良いようです。

スポンサーリンク

『Mercury-4』名シンセ:Roland Jupiter-4の精巧なエミュレーション

Mercury-4は70年代後半に開発されたローランド社のシンセ「Jupiter-4」の高品質なエミュレーションです。

現代でもニューウェーブやシンセポップの制作には欠かせない名シンセ。バジェット音楽家の味方Cherry Audio社が低価格でありながらも精巧にそのサウンドを再現しています。

AU、VST、VST3、AAX、スタンドアロンで使用できます。

ざっと見動画(48秒):

サウンドデモ動画(3分59秒):

サウンドデモ&機能紹介(7分34秒):

プリセットサウンドのデモ動画(39分25秒):

紹介動画(6分・自動翻訳の日本語字幕可能):

製品紹介&解説動画(36分17秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

長編レビュー動画(41分31秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Mercury-4』の詳細

1978年に発売されたRoland Jupiter-4は、ボイス・アサイン・ポリフォニーとデジタル・パッチ・ストレージ(デジタル・メモリーに音を保存し、ボタンを押すだけで呼び出すことができる機能)を組み合わせた初期のシンセサイザーの一つでした。

Greg HawkesのJupiter-4と中央のProphet-5(1981年、The CarsのSyncro Sound Studioでの「Shake It Up」セッションにて。
(写真提供:Greg Hawkes)

「ボイスアサイン・ポリフォニー」とは、有限の独立したシンセサイザー・ボイス(ここでは4つ)を持つ楽器のことで、鍵盤をデジタルスキャンして、搭載されたボイスに音符を割り当てています。

今でこそ、ボイスアサインポリフォニーやデジタルパッチストレージは当たり前のように使われていますが、ポリフォニックシンセシスの選択肢が60年代のオルガン技術を応用した粗悪なストリングスシンセサイザーに限られていた70年代後半には、パッチの呼び出しはノブを回したりスイッチを押したりする速さに限られていましたから、これは大変なことでした。

当時のJupiter-4は、アメリカのシンセサイザーメーカーのより大きくて複雑な(そしてはるかに高価な)楽器の影に隠れてしまい、スペック的にはそれほど印象的ではありませんでした。

しかし、Jupiter-4のサウンドは、他のJUNOやJUPITERシンセにはない、生々しく刺激的なトーンを持っており、スペックだけでは語り尽くせません。

アナログオシレーターは独特のアグレッシブな音質で、内蔵されたサブオシレーターは太さを増し、妙に速くて深いLFOモジュレーション機能は、モジュラーシンセのようなユニークでぶっ飛んだ音色を生み出すことができ、ローランドの有名なステレオコーラスの「アンサンブル」回路は見事に実装されており、大量の幅と奥行きを加えています。

オリジナルのインストゥルメントには、わずか8つのユーザーパッチロケーション、保存されたパッチのエディットモード、わずか4ボイスのポリフォニー、1トンの重さ(42ポンド!)、オシレーターのオートチューン機能がないため、冷たい風が吹くとチューニングが狂ってしまうことなど、いくつかの注意点がありました。

Mercury-4用にモデル化されたCherryAudioラボのGregHawkesのJupiter-4。

私たちCherry Audioの製品「Mercury-4」は、最大16ボイスのポリフォニー、無限のパッチストレージ、簡単なパッチ編集などで、これらの問題点をすべて解決しています。

『Mercury-4』

Jupiter-4のユニークでパワフルなオシレーターとフィルターの音色を再現することに加えて、Mercury-4はローランドの有名なステレオ・アンサンブル効果を見事に再現しています。

また、複数のリバーブモードを備えた「Space Echo」スタイルのテープエコーも追加されています。

テープ・エコーは、オリジナルのSpace Echoユニットの魅力である暖かみのある音色と微妙な速度変化を完璧に再現し、リバーブ・セクションは、オリジナルのスプリング・リバーブに加えて、空間的な奥行きを高めるプレート・モードとホール・モードを備えています。

VCA
左手nのont2
スペースエコー
左真ん中の機能
VCF
vco noise
LFO

特徴

  • 本格的にモデリングされたオシレーターとサブオシレーター


  • 強力な低周波レゾナンスを含む、すべてのフィルター特性をモデリング


  • 最大16ボイスのポリフォニー


  • 業界のベテランによってプログラムされた300以上のプリセット


  • 正確に再現されたユニークなアルペジオセクション(テンポシンク機能付き)


  • 緻密にモデリングされたワイドレンジLFOモジュレーションと “インバート “モジュレーション特性


  • ドリフトコントロールによるアナログの臨場感


  • 正確に再現されたステレオ・アンサンブル・エフェクト


  • 複数のリバーブモードを備えたウォームでオーガニックなテープエコー


  • テンポに同期したLFO


  • デチューン可能なユニゾンモード


  • 単一鍵盤のコードメモリーモード


  • 高度に最適化されたコーディングにより、CPU負荷を最小限に抑えたハイパフォーマンスを実現


  • ワンクリックでUIを拡大表示


  • 包括的なMPEサポート


  • すべてのコントロールに対応するフルMIDIコントロールとDAWオートメーション


  • Mercury-4は、AU、VST、VST3、AAX、およびスタンドアロンの各フォーマットで提供されます。

システム要件

Mac

  • macOS 10.9以上(macOS 12を含む)、64ビットが必要です
  • M1プロセッサー対応(Rosetta 2経由)
  • クアッドコアのコンピューターと8GBのRAMを推奨。


Window

  • Windows 7以上、64ビットが必要
  • クアッドコアのコンピューターと8GBのRAMを推奨。
  • AU、VST、VST3、AAX、およびスタンドアロン。

セール情報

ADSR

通常価格: 59ドル → セール特価:39ドル

*ADSRでは上記の製品を購入時にドラムプラグインの『UJAM HUSTLE 2』(7,665円)が無料で貰えます(10月のみ)。

Plugin Boutique

通常価格: 59ドル → セール特価:39ドル

*Plugin Boutiqueでは上記の製品を購入時に、HeavyocityのワンノブFXプラグイン『PUNISH Lite』(49ドル)が無料でプレゼントされます(10月いっぱい有効)。