Rawoltage Audio『GLORY』ポリフォニック・アナログ・フィール・シンセサイザー

Rawoltage Audioのシンセ『GLORY』が20%OFFのセールになっています。

*セールは11月6日(土曜日)夕方までの予定です。

*このプラグインはWindows専用です。Macでは使用できません。

スポンサーリンク

『GLORY』ポリフォニック・アナログ・フィール・シンセサイザー

ファクトリーサウンドのデモ(15:11):

『GLORY』について

GLORYは、クラシックシンセサイザーの基本に忠実に開発されたプラグインです。

  • リアルタイムのオシレーターのサウンドは、シングルレイヤーのウェーブテーブル・シンセシスとミックスすることができ、さらにウェーブ(トランジェント)サンプルを追加して強化することができます。


  • カスタムサブオシレーターは、様々なベース音を作り出すことができます。


  • ハイパスまたはローパスのMoogまたはHybridスタイルのフィルターとFM-PWMモジュレーションを使って、オシレーターのサウンドをさらに形成することができます。


  • マトリックスデザイナーでサウンドを改善し、最後の仕上げにはFXセクションを使用します。トラディショナルなARPEGGIATORは、主旋律に合わせることができます。

オシレーター

アナログオシレーター

スクエア、ソー、トライアングルの3つの波形。アナログ信号の生成をベースに独自に設計したオシレーターです。

サブオシレーター

3つの波形を自由にモーフィングして、適切なサブサウンドを生成します。

シングルレイヤー・ウェーブテーブル・オシレーター

任意の1サイクルのwavファイルからカスタムオシレーターサウンドを作成します。通常のサウンドとは異なる特殊なサウンドが得られます。

トランジェントオシレーター

自分で録音したトランジェントウェーブを使って、ユニークなサウンドを作ります。トランジェントは、サウンドの雰囲気を決定します。

FMモジュレーション

ディレイLFO、6種類の波形によるコントロールされたビブラート、ゲートとシンクのオプション。また、アフタータッチでオートベンディングとマニュアルベンディングをコントロールできます。

VCFフィルターとモジュレーション

Moogまたはハイブリッド・スタイルのカスタム・フィルターから選択。ローパス・フィルターとハイパス・フィルターのカットオフとレゾナンスを、モジュレーションとアフタータッチで複雑にコントロールできます。

ADSR & LFOコントロール

スプラインからリニアに変化するダブルADSR。6種類の波形を持つLFO、ゲートとシンクのオプション。LFO波形は、ポジティブ/ネガティブスタートが可能です。

ARPEGGIATOR(アルペジエーター)

主旋律に合わせた伝統的なARPEGGIATORを搭載。複数のARPの動きが可能です。アップ、ダウン、アップ/ダウン、ダウン/アップ、ランダム。また、5オクターブ追加することで、より幅広いARPEGGIOの動きが可能になります。

FXステーション

  • OVER DRIVE(クラシックオーバーダイブ、ソフトエッジ機能付き)


  • DELAY / AUTOPAN(オプションでVCAまたはVCFをコントロール)


  • REVERB(ADSRによるミッドレンジ・ダンピング)


  • STINGS(ディテールとレゾナンスを強調)


  • PHASER(タイムシンクロナイズドフェイザー)

マトリックスデザイナー

2つのソースを選択して、特殊なモジュレーションLFOを作り出すことができます。

  • LFOディレイオプション
  • 6種類のモジュレーションが可能なPWMコントロール オシレーターのチューニングオプション
  • グラフィックで表示されるSUBオシレーターのウェーブシェイピング

システム要件

*GLORYはPCのみに対応するプラグインです(Macとの互換性はありません)。

  • CPU:Intel Corei3または同等のAMD
  • RAM:8 GB
  • OS:Windows7または1064ビット
  • ビデオカード:関係ありません
  • フリーディスクスペース:150 Mb
  • テスト対象:Cubase、FLstudio、Ableton、Acid PRO

紹介動画(34:15):

サウンドデモ1(2:24):

サウンドデモ 2(2:24):

セール情報

通常価格:107ドル → セール特価:85.6ドル

*上記の製品を購入時に、以下の製品が無料でプレゼントされます。