Kilohearts:全てのエフェクターが半額

フラッシュセールでKilohearts社のSnapin系エフェクト・プラグインの全製品が50%OFFになっています。

手頃な価格でシンプルな操作性が特徴ですが完成度は高いです。

*セールは11月6日(土曜日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

Kilohearts社のプラグイン『Snapin』について

Snapin系プラグインには、二通りの使用方法があります。

一つは通常のVST / AUプラグインとして使用する方法です。

そして、もう一つ方法はチャンネルストリップのモジュール的な使い方です。

この使用法では、「チャンネルストリップの入れ物的なツール」と一緒に使います。

入れ物的なツールとして用意されているのは以下の3つ製品です。

  • Phase Plant』狂気のモジュラー・シンセ

  • Multipass』マルチバンドのモジュラーエフェクト構築プラグイン

  • Snap Heap』モジュラーエフェクト構築プラグイン(無料)

Snapinは、これらの入れ物の内部でモジュールとしても機能します。

モジュラーのホスト(入れ物ツール)の中に複数のSnapin(プラグイン)をぶちこみ、それらを自由に組み合わせ、複雑なエフェクトを作り出すことができます。

これが、Kilohearts製品の真骨頂です。

モジュラーのホストの一つであるシンセの「Phase Plant」。以下の画像では何もSnapinモジュールが入っていない空の状態。

そこに(UIの右側に)Snapinのエフェクトをぶち込んでいくことができます。

Phase Plantの最下部にはモジュレーター関連のSnapinを入れることができます。

ちなみに、左側はPhase Plantの心臓部であるオシレーター。

完成した状態。

プリセットライブラリからモジュールの組み合わせを選ぶこともできる。これが一番簡単な使い方。

デモ動画

Phase Plant(3分25秒):モジュラーシンセ

Snap Heap(4分):無料のモジュラーエフェクト構築プラグイン

Multipass(5分):マルチバンドのモジュラーエフェクト構築プラグイン

以下に、今回のセール対象になっているKilohearts Snapinプラグインの主な製品をいくつかピックアップしておきます。良かったら参考にしてみてください。

*『Trance Gate』簡単にサウンドを刻むことができるゲート・シーケンサー

Trance Gateは、簡単にサウンドを刻むことができるゲート・シーケンサーです。

パッドやリードに素早くリズムを加えたり、ビートを刻んだり、アルペジオにさらにスタッカートを加えたりすることができます。

アンセムトランスなどトランス系サウンド全般の作成に適しています。

デモ動画(5:43):

「Trance Gateを使用して音楽を改善する方法」

デモ動画(11:43):

「Trance gateでスイングを作成し、パーカッションのボーナストリックを追加する方法」

通常価格:39ドル → セール特価:19.5ドル(50%OFF)

*『Nonlinear Filter』サウンドを彫刻し洗練させるフィルタプラグイン

「Nonlinear Filter」は、サウンドにノンリニアフィルターを使用した時のようなヴィンテージ・アナログのテイスト加えることがます。

クラシックなアナログサウンドのフィルタリングから、下に行くほど奇抜なモードまで、さまざまなフレーバーの基本的なフィルタリングを提供します。

紹介動画(51秒):

解説動画(6分44秒):

Nonlinear Filter(ノンリニアフィルター) は、サウンドを彫刻し、洗練させるための優れた方法です。

ジミ・ヘンドリックスがどのようにして彼の特徴的なギターサウンドを得たか知っていますか?

それは、ノンリニアフィルタです。

The Chemical BrothersのBlock Rockin’ Beatsの金切り声のようなリード音もノンリニアフィルタによるものです。それもノンリニアフィルタです。

マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」のシンセサイザーのメロディはどうですか?信じられないかもしれませんが、それもノンリニアフィルタです。

特徴

  • Type – ローパス、バンドパス、ハイパス、ノッチフィルターから選択。

  • Drive – フィルターをオーバードライブさせ、非線形挙動の効果をより顕著にします。

  • Cutoff – フィルターの動作周波数です。

  • Mode – どのような種類の非線形性を持たせるかを選択します。クリーンモードは、非線形性を持たず、信号を着色しません。その他のモードでは、信号がある程度歪んだり、さまざまな方法で着色されます。

  • Q – フィルターのQの設定です。Qを高く設定すると、フィルターはカットオフ周波数で共振します。

通常価格:19ドル → セール特価:9.5ドル(50%OFF)

*『Phase Distortion』ダブステップのダーティー・ベースなどあらゆるサウンドにFMのタッチを加えるエフェクター

Phase Distortionは、位相を溶かすような破壊を起こすために開発されたディストーションFXプラグインです。

従来、ほとんどのディストーション・ユニットは、信号の振幅を様々な方法でオーバードライブさせ、荒々しいサウンドを生成していました。

Phase Distortionは、信号の位相を変調させることで、フィードバックFMに似たサウンドを実現します。

このようにして、80年代の甘い雰囲気やダブステップのダーティーなベースなど、あらゆるサウンドにFMのタッチを加えることができます。

ざっと見紹介動画(55秒):

デモ動画(56秒):

Phase Distortionでラビッシュなベースサウンドを作成。

Phase Distortionの機能

ドライブ

歪みの量をコントロールします。

ノーマライズ

信号をノーマライズして、入力ゲインの影響を受けないようにします。

Tone

モジュレーションをフィルターして高周波ノイズを低減します。

Bias

すべての高調波に一定の位相オフセットを加えます。

Spread

ステレオ効果のために、左右のチャンネルの位相オフセットを拡散します。

ミックス

このエフェクトのドライ/ウェットミックス。低い値に設定すると、変更されていない信号の一部を通します。

設定パネル

スナップインの上にマウスカーソルを置くと、右上隅に小さな矢印が表示されます(スクリーンショットでは見えません)。この矢印をクリックすると、プリセットを扱う設定パネルが開きます。

また、便利な「ランダム化」機能もあります。

有効化チェックボックス

プラグイン名の左にある小さなチェックボックスは、無効にすると効果がバイパスされるチェックボックスです。

サイズ変更ハンドル

すべての Kilohearts プラグインの右下には、UI を任意の大きさに拡大するためのリサイズハンドルがあります。また、ライブセット中にPhase Distortionをタッチスクリーンモニター上でリアルタイムエフェクトとして使用する場合など、大きなコントロールが必要な場合にも便利です。(この機能は、スナップインホスト内でスナップインを使用した場合には利用できません。)

Phase Distortionをもっと使いこなそう

Phase Distortionはそれだけでも素晴らしいのですが、主にKiloheartsが提供する様々な「Snapin Hosts」をパワーアップさせるために作られました。

これらは、利用可能なすべてのスナピンを利用する大規模なエフェクターであり、思いつく限りの方法でそれらを組み合わせるための実に楽しく創造的なワークフローを提供します。(* Snap Heap とMultipass

通常価格:39ドル → セール特価:19.5ドル(50%OFF)

*『Frequency Shifter』よりワイドなサウンドを実現するフリークエンシー・シフター・プラグイン

あなたは自分自身にこう思うことがありますか?

「ハーモニクスなんてくそくらえ!」と思ったことはありませんか?

まあ、そんなことはないかもしてませんが、この「Frequency Shifter Snapin」を使ってみましょう。

Frequency Shifter(周波数シフター)は、入力信号のすべての周波数を一定量だけ上下にシフトさせるツールです。

周波数シフターは、音の周波数をスペクトル全体で線形にシフトし、周波数間の元の倍音関係を破壊し、不協和音を意図的に作り出します。

紹介動画(5分26秒・日本語字幕可能):2分30秒辺りからFrequency Shifterが出てきます。

Frequency Shifterの機能

シフト表示

すべての周波数をどれだけシフトさせるかを表示します。

設定パネル

スナップインの上にマウスカーソルを置くと、右上隅に小さな矢印が表示されます(スクリーンショットでは見えません)。この矢印をクリックすると、プリセットを扱う設定パネルが開きます。

そして便利な「randomize」ボタンもあります。

有効化チェックボックス

プラグイン名の左にある小さなチェックボックスは、無効にすると効果がバイパスされるチェックボックスです。

サイズ変更ハンドル

すべての Kilohearts プラグインの右下には、UI を任意の大きさに拡大するためのリサイズハンドルがあります。

画面の解像度に関わらず、コントロールを見やすくすることができます。

また、ライブセットでFrequency Shifterをタッチスクリーンモニター上でリアルタイムエフェクトとして使用する場合など、大きなコントロールが必要な場合にも便利です。この機能は、スナップインホスト内でスナップインを使用している場合には利用できません)。

通常価格:19ドル → セール特価:9.5ドル(50%OFF)

*『Disperser』超簡単操作のトランジェントシェイパー

Disperserは、非常に簡単に使用できるフィルタープラグインです。

EDM、Dubstepのみではなく、アイディア次第で様々な用途に使用可能です。

ざっとデモ動画(35秒):

「Disperserでキックサウンドをマッサージ」

ざっと見サウンドデモ(34秒):

「サウンドをウェットに」

KiloheartsのFaturator同様、EDM/Dubstepなどの太いサウンドをデザインする目的で使用しているプロデューサーが多いようです。(キックやベース・サウンドに厚みを加える。)

それ以外にも、またはキックなどの不快なクリック音を除去したり、ハイハットをきらびやかにしたりと様々な用途があります。

KiloHearts社のDisperserの紹介では、サウンドデザインに使える「グルタミン酸ナトリウム(味の素)」と言っています。

下の動画は、Propellerhead Reason用のラックエクステンション版の「Disperser」の解説ですが、VSTと作りは同じなので参考になること思います。

解説動画(5:16):

デモ動画 (3:54):

「Kilohearts Disperserでキックとベースの位相を合わせる方法」

Disperserについて

信号の位相を回転させて周波数スイープを作りたいと思ったことはありませんか?

面白いことに、私たちはどちらもしたことがありませんでしたが、それを試してみて、吹き飛ばされました。

Disperserは、サウンドのゲインを変更することなく、空間と時間を介して高エネルギーのトランジェントをスミアします。

その結果、トランジェント・シェイピングの別のテイク、極端な設定で使用すると、あなたがやりたいと思っていなかった方法でサウンドをシェイピングすることができるエフェクトになります。

ブーミーなキック、スナッピーなハイハット、シンセティックなウェットベース、あるいはシグナルのピークやピークファクターをシェイプするユーティリティー。選択はあなた次第です。

snapinで使用する際のDisperserのUI

通常価格:59ドル

セール特価:29.5ドル(50%OFF)

*『Dynamics』リードに積極的な “力 “を与えるツール

Dynamicsを使えば、リードにアグレッシブな力強さを与えることができます。

ざっと見紹介動画(45秒):

紹介動画(3:48):

Dynamicsのダイナミクス処理では、上下方向の圧縮と拡張が可能です。

しきい値や比率は、プラグインインターフェースの上部にあるビジュアライゼーションをクリック&ドラッグすることでコントロールできます。

ビジュアライゼーションは、入力レベルがダイナミクス処理によって出力レベルにどのようにマッピングされるかを示しています。

現在の入力レベルと出力レベルは、ビジュアライザーの中で動くディスクによって示されます。

特徴

  • 低いスレッショルド:低いスレッショルドで上向きの圧縮と拡張を実現します。


  • 低比率:低しきい値以下の上方への圧縮または拡張の比率。


  • 高いしきい値:下方向への圧縮のための高いしきい値。


  • 高い比率:高しきい値以上の下方向への圧縮の比率。


  • Attack:アタックタイムを調整します。


  • Release:リリース時間を調整します。リリースタイムを調整します。


  • Knee: スレッショルド間の圧縮カーブのニーを滑らかにします。


  • In Gain:入力信号のゲインを調整します。入力信号のゲインを調整します。


  • Out Gain:圧縮後のゲインを調整します。圧縮後のゲインを調整します。


  • Mix:ミックス。このエフェクトのドライ/ウェットミックス。低い値にすると、修正されていない信号の一部を通すことになります。


  • 設定パネル:スナップインの上にマウスカーソルを置くと、右上隅に小さな矢印が表示されます(スクリーンショットでは見えません)。この矢印をクリックすると、プリセットを扱う設定パネルが表示されます。また、「ランダム化」ボタンもあります。


  • 有効化チェックボックス:プラグイン名の左にある小さなチェックボックスは、無効にすると効果がバイパスされるチェックボックスです。


  • サイズ変更ハンドル:すべてのKiloheartsプラグインの右下には、UIを任意の大きさに拡大するためのリサイズハンドルがあります。
    これにより、画面の解像度に関わらず、コントロールを見やすくすることができます。また、ライブセット中にタッチスクリーンモニターでリアルタイムエフェクトとしてDynamicsを使用する場合など、大きなコントロールが必要な場合にも便利です。
    この機能は、スナップインホスト内でスナップインを使用している場合には使用できません)。

(コンパニオンプラグイン「Multipass」と一緒に使用すればマルチバンド処理も可能になります。)

通常価格:29ドル → セール特価:14.5ドル(50%OFF)

*『Faturator』シンプルな操作でサウンドに太さと迫力を与えるプラグイン

Faturatorは、KiloheartsらしいEDMやダブステップ系のサウンドの太さ、迫力を加味するサウンドデザインにガッツリハマるプラグインです。

Faturatorの全体的な紹介動画(4分40秒):

DubstepやEDM系のあの迫力の太っといサウンドが簡単につくれるプラグインです。

KiloheartsらしいスッキリしたUIの簡単操作で、ディストーション&サチュレーションとステレオウィズス(幅)をコントロール。

Faturatorは、以下のの5つの操作でサウンドデザインしていきます。

  • Drive
  • Color
  • Fuzz
  • Mix
  • Stereo Turbo

Driveでディストーションの量を調整し、音をぶ厚くしていきます。

ColorとFuzzで、サウンドのキャラと形をつくります。(Fuzzはサウンドに粗い歪みを付加。)MIXでエフェクト全体のかかり具合を調整。

Stereo Turboで、左右のサウンドに差異を加えることによりステレオ感を演出することができます。

実演動画(6分20秒・日本語字幕可能):

以下の動画では、Faturatorを使用した3つの方法を実演しています。

Faturator はダイナミクスを保持するディストーションプラグインです。

主に以下のようなことができます。

  • ベースやシンセのリードを大幅にファットする
  • ギターをうねるようなサウンドに変化させる
  • ホーンやストリングスに暖かみを加える
  • ドラムををパリッとしたクリスピーなサウンドにする
  • そして、ミックス全体を接着剤のようにまとめる

これらは、わかりやすい機能だと思います。

しかし、ここでは(上記の動画では)、この並外れたこのプラグイン「Faturator」を使って試してみて欲しい、少し特殊で珍しい3つ使用方法を紹介します。

解説動画(11:08):

オーディオデモ:

Faturatorの詳細

Faturatorをプラグインとして使用する場合のデフォルトのUI

サウンドに、グリット感、音の大きさ、太さ、生々しさ、カルフルさ、あるいは特定の何かが必要な時にこのFaturatorが役に立ちます。

Faturatorは、あなたのサウンドを激しく引き裂いて、優しく(しかししっかりと)これまで以上に太く、生々しいサウンドにするツールです。

Faturatorは、サウンドに繊細で温かみのあるグリッティなキャラクターを加えたり、ヘビーなサチュレーションとデジタル・ファズなエフェクトなど、様々なサウンドを作ることができます。

多くのディストーションエフェクトとは逆に、Faturatorはあなたのサウンドのダイナミクスを維持し、入力ゲインに関係なくその驚異を発揮してくれます。

また、サウンドの特定のトーンを強調するために入力に色をつけたり、ミックスにステレオ幅を加えたりすることもできます。

どんな入力でも、素早く簡単に入力を生き生きとさせることができます。

FaturatorはSnapinプラグインのモジュールとしても使用できます

FaturatorをSnapinとして使用する場合のUI

このFaturatorは、2つの用途(機能)があります。

  • 通常のプラグインとしての使用(VST/AUプラグイン)。
  • KiloheartsのSnapinホストプラグインのモジュール「Snapin」のとしての使用

2番目の「Snapin」とは、モジュールとしてKilohearts社の組み立て式FXツールの「Multipass」や無料の「Snap Heap」などのSnapinホスト(Snapinの入れ物)の内部に組み込むことができます。

様々なSnapinを組み合わせることで自分好みのオリジナルなエフェクターを作成することができます。とても面白い機能です。

通常価格:59ドルセール特価:29ドル(50%OFF)

*『Ring Mod』シンプルなリングモジュレーター

『Ring Mod』は、シンプルで使いやすいリングモジュレーター・プラグインです。

リングモジュレーターとは、2つのオーディオ信号を掛け合わせることで得られる金属的なサウンドのエフェクターです。

サウンドをかすかに明るくしたり、破壊的なサウンドに変化させたりできるエフェクトプラグインです。

Ring Modを使ったボーカルエフェクトの動画(11分46秒・日本語字幕可能):

Ring Modの機能

「リングモジュレータ」という名前の由来は、オリジナルのアナログ回路が2つの信号を掛け合わせるためにダイオードのリングを使っていたことから来ています。

正直なところ、回路図はもっと四角いのですが、自分のサウンドを「楽しいもの」にも「恐ろしいもの」にも変えられるのであれば、気にする必要はないかもしれません。

このKilohearts Ring Modは、内部のサイン/ノイズ・ジェネレーターまたは2次入力を変調の2番目の信号として使用し、変調信号を多彩に変化させることができます。

Ring Modの各機能

バイアス・ノブ

二次入力に加える正のバイアスの量の調整。

レクティファイ・ノブ

二次入力に適用する正または負の整流量の調整。

Frequency(周波数)ノブ

内蔵オシレーターの基本周波数、または内蔵ノイズ・ジェネレーターのフィルター・カットオフを設定します。ジェネレーターの基本周波数です。

スプレッドノブ

ステレオ効果を得るために、内部ジェネレータの周波数を左右のチャンネルでわずかにシフトします。

モジュレーター

二次入力を選択します。

Mixノブ

このエフェクトのドライ/ウェットミックスです。低い値にすると、修正されていない信号の一部を通します。

設定パネル

スナップインの上にマウスカーソルを置くと、右上隅に小さな矢印が表示されます(スクリーンショットでは見えません)。この矢印をクリックすると、プリセットを扱う設定パネルが開きます。

そして便利な「randomize」ボタンもあります。

有効化チェックボックス

プラグイン名の左にある小さなチェックボックスは、無効にすると効果がバイパスされるチェックボックスです。

サイズ変更ハンドル

すべての Kilohearts プラグインの右下には、UI を任意の大きさに拡大するためのリサイズハンドルがあります。これにより、画面の解像度に関わらず、コントロールを見やすくすることができます。また、ライブセット中にRing Modをタッチスクリーンモニター上でリアルタイムエフェクトとして使用する場合など、大きなコントロールが必要な場合にも便利です。この機能は、スナップインホスト内でスナップインを使用する場合には利用できません)。

通常価格:29ドル → セール特価:14ドル(50%OFF)

*『Bitcrush Snapin』ローファイ音源をシミュレートした超シンプルなビットクラッシャー(レトロサウンドやローファイサウンド作成の強い味方)

ビットクラッシャー・プラグイン『Bitcrush Snapin』も、半額(9ドル)のセール対象になっています。Bitcrush Snapinのセールは珍しいと思います。

超シンプルUIながらも、往年のローファイサウンドの作成に強い力を発揮するクリエイティブなエフェクトプラグインです。

紹介動画(7分・日本語字幕可能):

Bitcrushは、ローファイ音源をシミュレートしたビットクラッシャー・プラグインです。

ノスタルジーに浸るとき、Bitcrushは過去のデジタルハードウェアに引き戻してくれます。

Bitcrushは、サンプルレートとビット深度が制限された低品質のサンプラーを使って再生されるオーディオをシミュレートします。

Bitcrushを使えば、アナログラジオの擦れた音のような歪んだエフェクトや、古いビデオゲームのような本来のローファイな音源を作り出すことができます。

このBitcrushは、2つの用途があります。

  • 通常のプラグインとしての使用。
  • KiloheartsのSnapinホストプラグインのモジュール「Snapin」のとしての使用

2番目の「Snapin」とは、モジュールとしてKilohearts社の組み立て式FXツールの「Multipass」や無料の「Snap Heap」などのSnapinホスト(Snapinの入れ物)の内部に組み込むことができます。

様々なSnapinを組み合わせることで自分好みのオリジナルなエフェクターを作成することができます。とても面白い機能です。

Bitcrush Snapinの機能

レート表示

信号を最小200Hzまでダウンサンプリングします。

Bitsノブ

信号の各サンプルの振幅をクオンタイズします。値を小さくすると、より歪んだ音になります。

ADC Qノブ

アナログ/デジタル変換の品質。低い値にすると、低周波に不協和音のようなエイリアシングが加わります。

DAC Qノブ

デジタルからアナログへの変換の質感を調整。低い値に設定すると、高域に不協和音のようなエイリアシングが発生します。

ディザノブ

量子化による歪みを抑えるために、信号にノイズを加えます。

ミックス・ノブ

このエフェクトのドライ/ウェットのミックスを調整します。低い値に設定すると、変更されていない信号の一部を通します。

設定パネル

スナップインの上にマウスカーソルを置くと、右上隅に小さな矢印が表示されます(スクリーンショットでは見えません)。この矢印をクリックすると、プリセットを扱う設定パネルが開きます。

そして便利な「randomize」ボタンもあります。

有効化チェックボックス

プラグイン名の左にある小さなチェックボックスは、無効にすると効果がバイパスされるチェックボックスです。

サイズ変更ハンドル

すべての Kilohearts プラグインの右下には、UI を任意の大きさに拡大するためのリサイズハンドルがあります。

また、ライブセット中にタッチスクリーンモニターでリアルタイムエフェクトとしてBitcrushを使用する場合など、大きなコントロールが必要な場合にも便利です。

この機能は、スナップインホスト内でスナップインを使用している場合には利用できません)。

BitcrushはSnapinとしても機能します

Kiloheartsのプラグインは相性が良く、すべてのSnapinはSnapinホスト内のモジュラーコンポーネントとして二重の役割を果たすことができます。

例えば、バンド・スプリッターMultipassの各バンドにスナップインを適用したり、シンセサイザーPhase Plantのプリセットにフル・エフェクト・チェーンを追加したりすることができます。

通常価格:19ドルセール特価:9ドル(50%OFF)

**『Transient Shaper』アタックのキャラクターをカスタマイズできるツール

Transient Shaperは、音の最初のヒット、つまりトランジェントに焦点を当てて、音のダイナミクスを調整できるエフェクターです。

紹介動画(44秒・日本語字幕可能):

デモ動画(8分46秒・日本語字幕可能):

トランジェント・シェイパー:アタックキャラクターのカスタマイズ

スネアのパンチ、ハイハットのリッキー・ティッキー・ティッキング、シンセ・ラインのスナッピーさなどを慎重に調整したいとき、Transient Shaperはその作業に適したツールです。

サウンドのダイナミクスを調整する最も一般的な方法はコンプレッサーを使用することですが、それが必ずしも仕事に適したツールであるとは限りません。

Transient Shaperは、信号レベルそのものではなく、信号レベルの変化率に基づいてサウンドのダイナミクスを処理するという別の方法を提供します。

これにより、入力された音に素早く反応できるだけでなく、入力ゲインに関係なく一貫した効果が得られます。

その結果、サウンドのアタック部とサスティーン部の両方の特性を、理解しやすく、調整しやすい方法で、非常にダイレクトにコントロールすることができます。

  • アタック:トランジェントの増幅量または減衰量のこと。

  • パンプ:トランジェントの直後に減衰させる量で、レベルを上げずにトランジェントを強調する。

  • サスティーン(Sustain):持続音の増幅量または減衰量です。

  • Speed: 値を大きくするとトランジェントの変化がよりスピーディーになり、値を小さくするとカーブがよりスムーズになります。

  • Clip:有効にすると、出力信号は0dBにクリップされます。

  • Sidechain:有効にすると、トランジェントは副入力に基づいて検出されますが、効果は主入力に適用されます。

  • 設定パネル:スナップインの上にマウスカーソルを置くと、右上隅に小さな矢印が表示されます(スクリーンショットでは見えません)。この矢印をクリックすると設定パネルが表示され、プリセットを扱うことができます。
    このパネルには、便利な「ランダム化」ボタンもあります。

  • 有効化チェックボックス:プラグイン名の左にある小さなチェックボックスは、無効にすると効果がバイパスされるチェックボックスです。

  • リサイズハンドル:すべての Kilohearts プラグインの右下には、UI を任意のサイズに拡大するためのリサイズハンドルがあります。
    これにより、画面の解像度に関わらず、コントロールを見やすくすることができます。
    また、ライブセット中にタッチスクリーンモニターでリアルタイムエフェクトとしてTransient Shaperを使用する場合など、大きなコントロールが必要な場合にも便利です。(スナップインがスナップインホスト内で使用されている場合は利用できません。)

Transient Shaperをもっと使いこなそう

トランジェント・シェイパーは単体でも光りますが、主にKiloheartsが提供する様々な「Snapin(スナピン)・ホスト」をパワーアップさせるために作られました。

これらのエフェクターは、利用可能なすべてのスナピンを利用する大型のエフェクターであり、それらを思い通りに組み合わせるための実に楽しくクリエイティブなワークフローを提供します。

Snapin(スナピン)とは?

このプラグインは「Snapin」と呼ばれています。

通常のVST/AUプラグインとして使用することもできますし、Snapin ホストのMultipassやSnap Heapと一緒に使用することで、驚くような方法でエフェクトを組み合わせることができます。

通常価格:39ドル → セール特価:19.5ドル(50%OFF)

*『Resonator』ハーモニック・レゾナンスFX

デモ動画(14:32):

「Kilohearts Resonatorプラグインを使って、どんな音源もシックなリードに変える方法」

Resonator(レゾネーター):ハーモニック・レゾナンス

自分が本当に好きな周波数を見つけましたか?

Resonatorを使ってみましょう。

Resonatorは、入力音に含まれる特定の周波数の倍音を強調して伝搬させ、音色の持続性を細かくコントロールします。

通常価格:19ドル → セール特価:10ドル(50%OFF)

『Formant Filter』フォルマント・フィルターFX(ボーカルをカラーリング)

あなたの音楽に「Aah」や「Ooh」が足りないなら、実際の音楽にそれらを入れてみるべきかもしれません。

このフォルマント・フィルターは、声道の働きに似た方法でサウンドを形成し、母音のようなサウンドをもたらします。

通常価格:29ドル → セール特価:14.5ドル(50%OFF)

*『Tape Stop』簡単操作のテープストップ/ライザーFX

Kiloherats製品の中でも指折りの人気エフェクトTape Stop。

このTape Stopは、テープの速度をシミュレートするサウンドエフェクトプラグインです。

シンプルなUIで超簡単に素晴らしいスピンダウン&スピードアップサウンド効果を作り出すことができます。

紹介動画(3:29):

通常価格:39ドル → セール特価:19ドル(50%OFF)

*『Pitch Shifter』ピッチシフター/ハーモニックシフター

このピッチシフター・プラグインは、グレインディレイを使って、ピッチを望むように操ります。

通常価格:19ドル → セール特価:9.5ドル(50%OFF)

『Reverser』リバーサー/反転するエコー

Reverserは、入力された音の一部をディレイしたりリバースしたりして、心に残る不気味なテクスチャーやリバース・パーカッション・ヒットなどを作成できるエフェクターです。

通常価格:29ドル → セール特価:14.5ドル(50%OFF)

『Comb Filter』コームフィルタFX

Comb Filterは、櫛の歯のように基本周波数の倍数ごとに周波数を切り出すことで、音をくぼませルツールです。

また、左右で異なる処理をすることで、ワイドなステレオ感が得られるだけでなく、モノラルにミックスしたときに元の信号に戻るような崩れ方をすることも可能です。

通常価格:19ドル → セール特価:9.5ドル(50%OFF)

『Compressor』甘いテイストを備えたシンプルなコンプレッサー

全体の音量を均一にするコンプレッサー『Compressor』。

Compressorは、最初のアタックとサステインテールの両方で、音のダイナミクスを形成するのに役立ちます。

コンプレッサーにはそれぞれの味がありますが、このkHs Compressor Snapinは甘いテイストを備えています。

通常価格:29ドル → セール特価:14.5ドル(50%OFF)

『Gate』ノイズフロアの除去ツール

kHs Gate:ノイズフロアの除去ツール

すべての音が同じように作られているわけではなく、時にはGateでそのままにしておきたいこともあります。

Gateは、信号から低いハムやノイズを素早くカットしたり、リバーブのテールを短くカットしたり、ビートのダイナミクスを誇張したりすることができます。

その可能性は無限ではないかもしれませんが、ゲートのニーズをカバーできるはずです。

kHs Gateには、目的の効果を調整するためのシンプルかつパワフルなコントロールがあり、外部のサイドチェーン信号で簡単に駆動することができます。

また、ゲートを反転させて、ある信号を別の信号の下に潜ませることもできます。

通常価格:19ドル → セール特価:10ドル(50%OFF)

セール情報

*上記の製品以外にもKilohearts社のSnapin系エフェクターの全てが50%OFFになっています。

関連セール:注目の新製品『Convolver』も半額