【50%OFF】Kilohearts『Convolver Snapin』イントロセール(IRリバーブ:洗練されたサウンドデザインをシンプルなUIで)

Kiloheartsからコンボリューション・リバーブ・プラグイン『Convolver Snapin』がリリースされました。

イントロセールで半額まで下がっています。

シンプルなユーザーインターフェースに洗練されたサウンドデザイン機能が詰め込まれたプラグインです。

*セールは今月末までの予定です。

スポンサーリンク

『Convolver Snapin』

ざっと見紹介動画(59秒・自動翻訳の日本語字幕可能):

Kilohearts Convolverは、コンボリューション(IR)・リバーブ・プラグインです。

シンプルなUIながらも、通常のコンボリューション・リバーブ以上の機能を持っています。

コンボリューションとは、ある音を別の音で形作ることができる数学的なプロセスのことです。

大きな音を出した後の特定の空間の残響を録音し、その結果のオーディオ波形(IR(インパルス・レスポンス)と呼ばれる)を使って、ギター、ドラム、シンセなどを同じ空間で録音したようなサウンドにすることができます。

また、インパルス・レスポンス(IR)を使用して、エキゾチックなフィルター、ギターキャビネット、ザラザラしたディレイなど、様々なリニア・レスポンス・エフェクトを加えることもできます。

Convolverには、300以上のファクトリープリセットのIR(インパルスレスポンス)が最初から付属しています。これらのIRを用いることで様々なサウンドを作り出すことができます。

また、自分で作ったサンプルをロードして、自分だけのコンボリューションを作ることもできます。

Kiloheartsの「Convolver」は、2つの使用方法があります

  • 通常のプラグインとして
  • KiloheartsのSnapinホストの中のモジュラーとして

(*詳細は後述します)

デモ動画(4:14・自動翻訳の日本語字幕可能):

紹介動画(8:08・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(10:35・自動翻訳の日本語字幕可能):

デモ動画(16:35・自動翻訳の日本語字幕可能):

「Kiloheartsの新しいプラグイン:Convolverを使用した高度なサウンドデザイン」

長編デモ動画(3時間13分・自動翻訳の日本語字幕可能):

『Convolver Snapin』

Kilohearts『Convolver Snapin』は単なるリバーブではありません。

コンボリューションとは、ある音と別の音を掛け合わせることです。

コンボリューションの最も一般的で、とてもクールな使い方はリバーブです。

地元の教会やおばあちゃんのお風呂場など、雰囲気のある場所に行って、短い音量のクリック音の反響を録音すれば、その結果得られるインパルス応答(IR)と他の音をコンボリューションすることができ、まるで魔法でその場所で演奏したかのようなサウンドになります。

しかし、Convolverでできることはそれだけではありません。

IRは単なるオーディオ・ファイルなので、あらゆるサンプルをConvolverにロードして、シンプルなギター・アンプのキャビネットから、フリーキーなフィルター、独特のディレイなど、あらゆるものをエミュレートすることができます。

例えば、様々なユニークなエフェクトのために、300以上のファクトリーIRを用意しました。もちろん、リバーブもあります。

Kiloheartsの「Convolver」は、2つの使用方法があります。

  • 通常のプラグインとして
  • KiloheartsのSnapinホストの中のモジュラーとして

Kiloheartsのプラグインは、通常のプラグインとしての使用方法だけではなく、Snapin・ホスト内のモジュラー・コンポーネントとしての役割を果たすことができます。

例えば、Kilohearts社のバンド・スプリッター「Multipass」の各バンドに適用したり、シンセサイザーの「Phase Plant」のプリセットにフル・エフェクト・チェーンを追加したりすることができます。

「Convolver Snapin」の特徴

  • Start:インパルス・レスポンスの開始点をカットします。*


  • End:インパルス・レスポンスの終端をカットします。*


  • Fade In:インパルス応答の開始部分をフェードインします。*


  • Fade Out:インパルス応答の最後をフェードアウトします。*


  • Stretch:インパルス・レスポンスを伸ばし、長さとピッチを調整します。


  • Reverse:インパルス応答を反転させます。処理前のインパルスレスポンスを反転させる


  • Select Sample:Convolverには、基本的なニーズの多くをカバーする膨大なインパルス・レスポンスのライブラリが付属しています。しかし、好きなサンプルをインポートすることができます。


  • Delay:プリディレイの時間をミリ秒または曲のテンポの何分の1かで設定します。


  • Tone:処理された出力の明るさを調整します。


  • Feedback:処理された出力をコンボリューション・エンジンにフィードバックします。


  • Mix:このエフェクトのドライ/ウェットミックス。低い値にすると、変更されていない信号の一部を通します。

*エフェクトが聞こえるようになるには、事前に計算が必要です。モジュレーションはできません。

システム要件

Mac:

OS X 10.10以降(64ビットのみ)

Windows:

Windows 7以降(64ビットのみ)

フォーマット:

  • VST 2.4
  • VST 3
  • オーディオユニット(AU)(Macのみ)
  • AAX
  • Snapin(MultipassやSnapHeapなどのKiloheartsSnapinホストで使用)
  • すべてのプラグイン形式は64ビットのみです

*パッチで複数のスナップインを同時に使用すると、それに応じてCPU使用率が増加します。 したがって、システムが推奨される最小システム要件を満たしている場合でも、スナップインがすべての場合に問題なく動作することを保証することはできません。

Kilohearts社製プラグイン:もう一つの使用方法『Snapin』について

Snapinは通常のVST / AUプラグインです。

そしてもう一つの機能があります。それはチャンネルストリップのモジュール的な使い方です。

チャンネルストリップの入れ物的なツールと一緒に使います。

入れ物的なツールとして用意されているのは以下の3つ製品です。

  • Phase Plant』狂気のモジュラー・シンセ

  • Multipass』マルチバンドのモジュラーエフェクト構築プラグイン

  • Snap Heap』モジュラーエフェクト構築プラグイン(無料)

Snapinは、これらの入れ物の内部でモジュールとしても機能します。

モジュラーのホスト(入れ物ツール)の中に複数のSnapin(プラグイン)をぶちこみ、それらを自由に組み合わせ、複雑なエフェクトを作り出すことができます。

これが、Kilohearts製品の真骨頂です。

モジュラーのホストの一つであるシンセの「Phase Plant」。以下の画像では何もSnapinモジュールが入っていない空の状態。

そこに(UIの右側に)Snapinのエフェクトをぶち込んでいくことができます。

Phase Plantの最下部にはモジュレーター関連のSnapinを入れることができます。

ちなみに、左側はPhase Plantの心臓部であるオシレーター。

完成した状態。

プリセットライブラリからモジュールの組み合わせを選ぶこともできる。これが一番簡単な使い方。

デモ動画

Phase Plant(3分25秒):モジュラーシンセ

Snap Heap(4分):無料のモジュラーエフェクト構築プラグイン

Multipass(5分):マルチバンドのモジュラーエフェクト構築プラグイン

セール情報

通常価格:39ドル

セール特価:19.5ドル(50%OFF)

*Plugin Boutiqueでは上記の製品を購入時に、HeavyocityのワンノブFXプラグイン『PUNISH Lite』(49ドル)が無料でプレゼントされます(10月いっぱい有効):