Image Line『Toxic Biohazard』FFM音源と減算方式のシンセシスの長所を組み合わせたハイブリッドシンセシスエンジン

ImageLineのFMシンセ(減算シンセの機能も付いている)Toxic Biohazard。

設計自体は古いプラグインですが、今でもファンが多い良シンセ。

Plugin Boutiqueのサマーセールで半額になっています。

通常価格:99ドル → セール特価:49ドル

*セールは8月31日(火曜日)夕方までの予定です。

スポンサーリンク

『Toxic Biohazard』FFM音源と減算方式のシンセシス

Toxic Biohazardは、Toxicシンセサイザーの第4世代です。

Toxic Biohazardは、これまでの3つのバージョンから最高の機能を抽出し、最も凝縮されたToxicを提供します。

Toxic Biohazardは、FM音源と減算方式のシンセシスの長所を組み合わせたハイブリッドシンセシスエンジンを搭載しています。暖かみのあるアナログ・モデリング・フィルターと内蔵エフェクト・セットを加えたToxicのコンセプトは、利便性、シンプルさ、そして優れたサウンド・クオリティーです。

デモ動画

Macにも対応:

『Toxic Biohazard』の機能と特徴

特徴

  • エンジンを最適化:ウェーブシェイプの精度を高め、レンダリング時間を短縮するなど、音質の向上を図りました。

  • 「フィジカル・エンベロープ(振幅とフィルター) 水滴の音など、現実世界の音の減衰や共鳴を物理的にモデリングしています。さらに、フィジカル・エンベロープは補間なしでリアルタイムにレンダリングされるため、ノイズ・アーティファクトが発生せず、Toxic Bioは高速で正確なエンベロープ・タイムを実現します。

  • 新しいエフェクトパック:フェイザー、リバーブなどなど。

Toxic Biohazardの各機能

FMテクノロジー

世界で最も暖かく、鮮明でクリアな周波数変調エンジンの1つであるFMテクノロジーは、デジタル信号の正確な計算によってそのサウンドを実現しています。

高解像度のDSP処理により、他のFMエンジンでは実現できないような、極めて低いノイズ閾値のサウンドを生み出します。

Toxic Biohazardのサウンドは、独自の数学的計算とアナログモデリング技術により、ゼロから構築されています。

オシレーター

完全にエイリアスフリーで、すべてのサンプリングレートに対応しており、スペクトラム全体でリッチでファットなサウンドを生み出します。

アンチエイリアス処理の品質が高いため、従来のFMシンセシスで問題となっていた高音域でのシュレッドノイズは発生しません。

さらに、オシレーターは非常に高速で計算されているため、CPUの使用量を最小限に抑えることができます。

ToxicのCPU消費量が少ないため、ユーザーは外部処理や複数のインスタンスを実行するための余裕があります。

また、オシレーターにはMaxx Claster独自の強力なスペクトル解析技術が搭載されています。

これにより、ユーザーはWAVまたはAIFFフォーマットのサウンドファイルを読み込むだけで、独自の波形を作成することができます。

これらの機能により、オシレーターは非常に柔軟性があり、Toxicの中で合成波形とアコースティック波形の両方を使用することができます。また、各オシレーターには、FMシンセシスで最も有用とされる32種類の「クラシック」波形が内蔵されています。

エフェクト

Toxic Biohazardは、高品質で柔軟性の高いシンセサイザーを実現するために、外部処理の必要性を完全に排除することを目的としています。

エフェクト・モジュールは、アグレッシブなチューブ・ライクなディストーションから、ウォームなステレオ・ディレイ、リバーブ、フランジャー、フェーザーまで、さまざまなタイプのエフェクトにアクセスできるように設計されています。

プロ品質のテープ・ディレイ・エミュレーションでは、デジタル・ディレイの一般的な方法ではなく、固定されていないディレイ・バッファー・サイズに基づいており、ディレイ・ラインは「真の」フィードバックとモジュレーションを備えた暖かいサウンドを提供します。

最後に、シグナルチェーンには、アナログモデリングされたパラメトリックイコライザーが搭載されており、サウンドのさらなる構築が可能です。

このEQは、鮮明でクリアなハイエンドの定義、クリーミーなミッドレンジ、そして大地を揺るがすようなローエンドの周波数を提供します。

Toxic Biohazardエフェクト・モジュールは、ダークでアトモスフェリックなテクスチャーから鋭いリードまで、あらゆるミックスを簡単に切り抜けることができるサウンドのパレットを提供します。

フィルター

Maxx Clasterのアナログモデリングされたマルチモード・フィルターは、昔の銀色の箱を思い出させます。

暖かく共鳴するローパス・モード、スムーズなバンドパス・セッティング、そしてクリーミーなハイパス・モードを備えたToxic Biohazardは、トーンを自在にコントロールできます。

また、専用のエンベロープ・ジェネレーターと低周波オシレーターによるモジュレーション、ベロシティ情報やキーボード・トラッキングに反応することで、フィルターはさらに強化されます。

これらの機能により、ダイナミックな演奏による微妙なニュアンスだけでなく、極端なサウンド・シェイピングも可能です。

シーケンサー

パワフルかつシンプルなシーケンサーは64ステップで、これを2つの独立した32ステップのモジュールに分割することで、ダブルポリフォニックなパターンを可能にします。

独自の「スマート・シーケンサー」技術により、コードが演奏されると、モジュールがそのコードを定義し、それに合わせてパターンをチューニングします。

シーケンサーは、プログラムされたシーケンスを単音から純粋に再生することもできます。1つのコードを押さえるだけで、仮想的にアレンジが可能になります。

デモ版もあります。

システム要件

Windows

  • Windows XP(SP2)、Vista、Win7、Win8、Win8.1、Win10 – (32ビットおよび64ビット)
  • SSE1をサポートする2Ghz AMDまたはIntel Pentium 3互換CPU
  • 512MBのRAM
  • 30Mbのディスク空き容量
  • DirectSound または ASIO 互換のサウンドカード
  • VST2対応のホスト

Mac

  • OSX v10.7 (Lion)
  • G4 1.5GHzまたはIntel Core Duoファミリー
  • 512MBのRAM
  • 30MBのディスク空き容量
  • CoreAudioドライバ
  • VST2対応ホスト

Image Line製品のアクティベーション方法についてはこちらをご覧ください。

セール情報

通常価格:99ドル → セール特価:49ドル

(時期は失念しましたがかなり前に39ドルがあったので最安でありません。しかしここ最近のセールでは安い。)

*上記の製品を購入時に、Melda Productionの『MDynamicEq』(通常価格:76ドル)が無料でプレゼントされます(8月いっぱい有効):