【無料】Tritik Audio『Krush』v1.2リリース(ビットクラッシャーFXプラグイン/ローファイサウンド作成ツール)

Tritik Audioから無料で配布されてるビットクラッシャーFXプラグイン『Krush』が更新されv1.2になりました。

これによりVST3フォーマットとAppleシリコン(M1)のサポートが追加されました。

スポンサーリンク

『Krush』無料のローファイサウンド作成ツール

デモ動画(3:27):

Sleepfeaksさまによる解説動画(6:24):

Tritik Audio『Krush』の詳細

ビットクラッシングとダウンサンプリングのアルゴリズムにより、Krushはデジタル領域のクリスピーな味わいと、ドライブステージやアナログモデルのレゾナントフィルターの暖かさを組み合わせたFXプラグインです。

任意のパラメータをモジュレーションすることで、素早くサウンドに生命感を与えることができます。

モジュレーション・セクションでは、任意のパラメータをモジュレーションすることで、素早くサウンドにさらなる命を吹き込むことができます。

Krushが生み出すサウンドパレットは、最もダーティなデジタルエフェクトからクランチーなモジュレーションカラーまで、クラシックなものから奇妙なビットクラッシュエフェクトまで、幅広いものとなっています。

メインコントロール

  • クランチーなドライブステージ

  • ビット深度の低減

  • サンプルレートの低減

  • アナログモデルの共振フィルター(ローパス、ハイパス)

インターフェース

  • 完全にサイズ変更可能なインターフェース !

  • クリーンで直感的

  • ツールチップと環境設定を英語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語

モジュレーションセクション

  • フリーまたはテンポに同期したモジュレーション・スピード

  • 4種類のモジュレーション波形

  • 各パラメーターのモジュレーション・デプス

プリセット

  • ファイルベースのプリセットシステム

  • メニューまたはブラウザーからのアクセス

  • プリセットを安全に呼び出せる「フリーザー」機能

  • システムのクリップボードを使って現在の状態をコピー/ペースト

システム要件

KrushはVST、AudioUnit、AAXとして、MacとWindowsに対応しています。

  • Mac:VST / VST3 / AU / AAX

  • Windows:VST / VST3 / AAX
  • バージョン 1.2.0 (4 Nov 2021) – 変更履歴

  • 必要な条件 Win 7以降 – macOS 10.9以降

配布情報